風が呼んでいる

ついに終わった(2015/10/31)
ついに始まった(2017/10/31)
また終わった(2018/12/29)

鉄道コレクション第19弾 発売

2014-04-01 19:01:44 | 鉄道模型
ハイ


このブログ
「風が呼んでいる」にタイトルを変えてから1年が経ちました

そんなことはおいて置いて


先日発売された鉄道コレクション第19弾

一応記事にはしましたがテキトーだったので
今回改めて記事にしてみました


4月1日現在で8箱買いました
山形鉄道と秋田内陸がダブった・・・


さて
写真付きで


・秋田内陸縦貫鉄道 AN-8800形

1988年に9両が製造されました
現在他の8両はオレンジや青などの単色塗装になり製品と同じ塗装は1両のみになりました


・由利高原鉄道 YR-2000形

2000年と2003年に合計2両が製造されました
製品の2001はラッピング車両として使われることが多くこの塗装でいることはあまりありません
今月19日からは新たなラッピングが施されます


・三陸鉄道 36-500形

1994年に事故車両を補う形で1両が製造されました
主に北リアス線で活躍していましたが輸送量減少により2009年に廃車されました
あまちゃんとは無関係です


・山形鉄道 YR-880形

1988年と1990年に合計8両が製造されました
各車両には路線名のフラワー長井線にちなんで沿線市町村の花が描かれています
製品の883号車は長井市のあやめが描かれています


・松浦鉄道 MR-400形

1998年に1両が製造されました
松浦鉄道初の18m級車体となりました


・若桜鉄道 WT-3000形(シークレット)

1987年に製造されたWT-2500形の更新工事により改番され3両が登場しました


こんな感じです
残るのは
・津軽鉄道 津軽21形
・ひたちなか海浜鉄道 キハ3710形
・若桜鉄道 WT-3000形
・JR九州 キハ125形
・島原鉄道 キハ2550形

の5種類
別にコレといって欲しいのはないですね
買うかどうかは別ですが

シークレットはあまり興味ないので保管しておきます
売れそうな時まで


ハイ

終わりです
では


コメント   この記事についてブログを書く
« 最近の撮影記録 | トップ | 2006年3月17日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道模型」カテゴリの最新記事