せっけい日和

MKデザインスタジオ一級建築士事務所柿本美樹枝のブログです。設計者として、生活者として、多用な視点で綴っています。

内装木質化の木材選定に山へ行く

2018年11月19日 | A07設計_熊本県P店舗


雨が降ると、、、
お休みになる職業とは?

自然と共にあるお仕事といえば、、、

林業ですね。 (上記写真は雨の中の山の様子)

お休みと言っても、雨の日には道具のお手入れや
木材の整理、経理や様々なお仕事も、もちろんあります。

伐採は、雪の方が、まだ作業がしやすいとおっしゃいます。
雨の日はとにかく滑って危険だそうです。

先週はじめの雨の日に、
店舗を木質化される依頼者の方を
お店の定休日に合わせて

林業の方に、山で木材を見せてもらう約束をしていたところ、
ちょうど雨の日と重なりました。

もちろん、山への道中が雨では滑りやすく
依頼主の方には、ちょっと足元への注意で
ご不便をおかけしました。

繁忙期にあられる林業家に、細かく対応してもらえたのも
雨の日ならではと思うと、

むしろ好都合だったのかもしれないと
天の計らいを感じました。

雨の中、来てくださった使い手と、
お休みで、なさりたいこともあられたでしょうに、
お時間を割いて下さった山の担い手と

こうして結びついていただくことに、
私自身は、大感動!しておりました。



山の川上と川下が繋がった瞬間ですものね。

雨の日だろうが、寒かろうが、そんなことは気になりません。

「これにします。」と、選んでいただいた
奥様のにっこり笑顔に、私も、うっとりしました。

↓積んだ状態で、まずは選定


↓立ててみて実際の感じをつかんで、OKをいただく


まだ、まだ、一歩一歩ですが、
日本の木のファンが広がって、
どんどん活用されていきますように!

次は、、、うまく、施工できるよう
大工さん(作り手)との結びつきを続けます。

進捗は、また報告します。お楽しみに!
ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
«  伝統構法に学ぶ週末、想う... | トップ | 次の世代の資産として建築と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。