せっけい日和

MKデザインスタジオ一級建築士事務所柿本美樹枝のブログです。設計者として、生活者として、多用な視点で綴っています。

明るさと眩しさに感動した漆喰の壁

2018年12月17日 | くまもと型復興住宅02


いよいよ、内装も仕上がってまいりました。
監理者の完了検査で、居間に脚を踏み入れると、、、

建主さんが頑張って塗られた漆喰の壁が現れて。。。。

眩しいくらいに、美しく、明るく、
しばらく感動して眺めておりました。
(感動しスギて、全体写真を撮り忘れてます。)

毎日、1時間でもと、ご家族みなさんで
とコツコツ塗ってこられた12月。

雨で寒かった昨日の日曜日も、
頑張られました。

壁に感動しているのも、つかの間、
監理者検査として、ぐるりと中と外を確認。

修復して欲しいところの細かな指示を出しました。
駄目出しではないのですよ。

取り合いが美しくできていないところ、
棚板の出が、図面より小さくなってしまったところなど、



細かなところですが、

自分が住むつもりで、少しでも
美しく、便利で、心地よくあって欲しいと、

もうちょっとの頑張りを、お願いしてきました。

そして、外構工事の土間コンクリートも施工されました。



玄関ポーチの階段との取り合いや
車を入れる傾斜など、なかなかにうまく擦り合わせてくださり
左官屋さんには、本当に感謝です!



本日は、災害復興融資の審査申請書と完了検査申請書も提出し、
今週中には、検査を受けます。

年末ギリギリではありますが、来週には引き渡し
引越しを予定されています。

寒い中の、職人さんの頑張りと
建主さんの頑張りで、とっても温かな住まいになってきました。

ありがとうございます!

もうあと少し、ですね。

HPにも外観写真を掲載してます。
http://www.mk-ds.jp/newworks/2018/12/201812.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 阿蘇神社、修復の現場を見る | トップ | 冬至、満月、暮れのお礼。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。