プリント基板パターン設計の虫 2号店

仕事のご依頼は元祖設計の虫HPからどうぞ

一区切り

2019-11-05 09:52:53 | 仕事の話
10月後半からパタッと仕事が止まった
振り返れば珍しい事でもなく 年に1-2回はある
性格故だと思うが 何だかね 世間から忘れられているような
気持ちになる

久しぶりに友人に会うと その人はその人なりの不安とか
心配 悩み事を抱えている
俺の事を話すより 聞いてみようかと思い 合い槌をうつ
施設に通う親に対して 時々怒ってしまうんだと言う
親子はそうゆうもんよ **だって他人の親に怒らんだろうと
返す
少し気休めになってくれれば良いんだけど

親の顔を見ているうちに また怒ることも出てくる
怒った後 反省する その繰り返しなんだろう と思う

自分の心配は 人からすれば大した事ではないだろうねえ

暇な時に 何をするかで その人の価値が決まる と
人には言わず 自分に言い聞かせている
今回は 今までの仕事のまとめとして 傾向と対策を書いていて
既に3000行 3000文字じゃないよ 書いた
書いて思った 誰が読むんだ?

ある程度仕事をした人に対して
AW図を見せ その文章をトレースしながら
説明していくと 結構良い参考書になるだろうなと思うけど
結構秘密も入っているので 仕事を継ぐ人以外 見せられない

結局 自分に向かって書いているだけです 今は
似た仕様の仕事が来た時 見返す使い方
ひとつ良かったのは GNDの取り方など いろんな要素で
技術的 経験的な要素を文章に変換できたこと
画像を貼れない 純粋なテキストエディタ ゆえの副産物
明文化すれば 間違いの修正も出来る 方向性も見えてくる
そう思うのは俺だけ?

でも こんな事ばかりしていても 飽きるので
ある基板データを 最初から部品配置し直し
配線しなおしをしているところ
勿論 金にならないけれど 部品高さ制限にかかってしまい
お客さんに迷惑を掛けた基板
とりあえず 再設計せず 基板側で対応して貰ったんだけど
そのままにしておくのは 気が引ける それだけです


コメント   この記事についてブログを書く
« とある町の浸水 | トップ | ボランティア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事の話」カテゴリの最新記事