バッカス日記

酒をこよなく愛し。屁理屈をこよなく愛し。そこで、ペンネームも「リクツ(理屈)バッカス」のオジサンです。

糾える縄の如し

2017-12-16 09:15:35 | Weblog
季節は巡る・・・



朝のウォーキング道路も凍てついている。

 

冷蔵庫工場の正門前にあるマロニエ並木もすっかり葉を落とし、寒々と・・・
丁度日照の時間、里山に朝日が映えて赤々と眩しい。
冬景色の楽しみで毎日のウォーキングも何とか続けられる。



休みの日のみかも山登りも落葉の林を歩く季節。



麓、カモたちも半分氷が張った池で寒そうだ。

 → 

マイショップもプーに変ってスノーマンがお客様を迎えている。



イベントもポイント5倍セールや共同セールが終わり、12/20までの店頭抽選会だけになった。いよいよ今年もあとわずか・・・



通夜。飲み友達、電設店Rちゃんの孫が齢13歳で他界。小児癌だった。
Rちゃんの店は、地域の区画整備事業で思わぬ移転の話となり、公費で隣に新規店舗が出来ることとなった。
Rちゃん、運の良さにご機嫌を振り蒔いていた矢先だった。

孫のK君は人形のような可愛い子。ひょうきんで皆に愛されていた。
マイショップに、「俺馬鹿だから、せきづかさんのお店、来たくなっちゃうんだよね。」などと、よく遊びにきていた。

人柄からか、通夜には沢山の人が集まり、地域で一番大きな式場でも入り切れないほどだった。「最後に寝顔を見てやってください。」と言われてもとても見ることが出来なかった。

辛い・・・




次日、落胆している我が家に届い宅配物。

全国展開の写真屋から届いたアルバムには、七五三を迎えた次男の孫と次男一家の明るいフォトが・・・(プライバシーに厳格な次男の意向で肖像は載せられません。)

この年の瀬、大きな悲しみの後に、ささやかな幸せの贈りもの。

「人生、糾える縄の如し」
コメント (2)

晩秋の行事2

2017-12-03 15:29:13 | Weblog


前回購入したゴールドクレスト。店飾中。

 

晩秋残るみかも山。一週間の疲れが癒される。

 

他所の景色で癒されている間に、猫の額の我が庭にも紅葉の季節は来ていた・・・
今年は、病身を言い訳に手入れして無いが、季節の風情を見せてくれる。



朝のウォーキング道は黄色い絨毯。日ごとに冷えて嫌になるが、こんな景色に少しやる気が出る。



さて、今週、三男が仲間を集めて泊めた。当然夜は宴会。

 

この子等は、大事な作業要員。

  

マイショップのトタン屋根は錆が深更・・・
昨秋、二階アパートの店子さんと私で塗装する話だったが、体調不良を言い訳にやらなかった。

 

 

そこで、「冬が来る前にやっちまえ!」と三男が仲間を集めて2日間。
錆落とし、下塗り、本塗りまで・・・早朝から日暮れまで頑張ってくれた。



塗装が終えた屋根。



区画整理で周りの建物が無くなり、錆屋根の恥をさらしていたマイショップも
少しリニューアルできた。

集まってくれた若者達も、見た目と違い余程素直で良い子達でした。
少々のお土産を嬉しそうに受け取り、帰ってゆきました。

三男に感謝!
コメント (2)