バッカス日記

酒をこよなく愛し。屁理屈をこよなく愛し。そこで、ペンネームも「リクツ(理屈)バッカス」のオジサンです。

遠方より

2015-10-12 14:40:49 | Weblog
朋有り、遠方より来る、また嬉しからずや・・・

論語の一説だが、そんなことが、水害後のある日の℡をきっかけに起こった。

℡は、大阪から。

カァちゃんが、「知らない人から電話よ。」と、取り次いでくれた。

出ると、「いや~!S塚君久しぶり~!I野です~!」の、関西弁。
な、なんと、大学卒業以来音信の無かった、I野が、38年ぶりに℡して来たのだ。
彼は、弁論部で同期だった。私が哲研の部長になり弁論部を去ると、彼が部長になって部を支えた。

マージャン、酒、パチンコなど、良からぬことを覚えたのも、彼と一緒。
私が金欠になると、カモを誘ってマージャンで儲けさせ、急場を助けてくれたことも有る。

また、哲学の話をしたら、「わしの高校時代の数学の先生が、その話詳しいんや。紹介するわ。」と、二人してスカイメートを利用、大阪に行き、母校で先生に合わせてくれたりした。(その時が私の初飛行でした。バカな私は、半纏を着て飛行機に乗ったのです。)

旧交を温めあって℡を切って数日。また、彼からの連絡。
「わし、I塚君の所遊びに行くわ。」
「実は、うちの倅が信州大の院生で、そいつの所行ったついでに、日光見学につれていこうと思うトンねん。せやから、途中君んとこよろうと思うとんねん。」
「ホテル予約しようとおもたら、上手く取れへんねん。I塚君、予約しといてくれへんか?」

と、言うことで、インターチェンジ近くのホテルを予約して、その日を待っていた。



来ました。I野君、息子さんを連れ、自動車販売会社を経営しているとのことで高級車のボルボに乗って・・・

さて、人様に見せられる栃木の観光地は?
思いつかないので、とりあえず、昔、I野君がしてくれたように、母校に連れて行く。
途中、観光ではないが、先日の水害の被災地を通り、自然の怖さを目の当たりにする。

私の、そして息子の母校、県立栃木高校は、明治の創立。
それなりに歴史的建造物が有る。関東大演習の時の本営が置かれ、明治天皇のお泊りになった、明治記念館、参謀長だった山縣有朋の揮毫した石碑、重要文化財の講堂、昔、遠方からの学生が宿泊していた「養生寮」等を見てもらう。





後、見られるところは太平山神社くらいなので、参拝。
一画にある山本有三碑「たった1人しかない自分を、たった一つしかない人生を本当に生かさなかったら・・・」(路傍の石の一文)を見てもらう。



他に何も無いので、菩提寺「大中寺」。ここは、雨月物語に出てくる怪奇物語「七不思議」の舞台で、結構有名なのだ。



多分、詰らないだろう観光にも満足そうに付き合ってくれたI野君を一番喜ばせたのは、その晩、ホテルから連れ出して行った呑み屋の歓待だったかもしれない。鯨刺、蝦夷鹿刺、行者ニンニク、そのほか珍しい海産物にI野君大喜び!

長男は、I野君のご子息と若者同士の話をして、楽しそうだった。
ご子息、親とは違って(?)上品で素直。「君の嫁さんは、余程良い人だったんだろうね~。こんな良い子が出来た。」と、言ったら苦笑していた。

宴は夜更けまで楽しく続き、お陰で大散財(!)カァちゃんには申し訳ない。
マイショップが閑なお陰で、楽しい一時を過ごせた。やはり、友は好きかな・・・
コメント (2)

14年ぶりの

2015-10-03 15:47:46 | Weblog
パンパカパーン!

14年ぶりに・・・



ヤクルトスワローズがセントラルリーグ優勝を飾った!

間中監督が栃木県出身だということで、地元地方紙は号外を出して祝っている。今日の朝刊も、スポーツ紙並みのとり上げ方、素晴らしい!

思えば、広岡監督の初優勝。野村監督の黄金期を経て、選手を育てては、他球団、米大リーグに売り飛ばす球団運営で、歴代名監督を泣かせ、特に過去2年は最下位に甘んじていた、ファン泣かせのチームに成り果てていた。

そこへ、野村監督に育てられ、引退後は2軍コーチ、2軍監督で選手と苦労を共にし、山田、川端を育て上げ、はれて今年1軍監督に就任し、野村張りの合理野球を実践した間中監督と、ヤクルトらしい素直さと熱心さで個性を発揮しながらも、全員野球を実践してきた選手がこの栄冠を勝ち取ったのだ!

14年前の優勝時、若松監督が言った「ヤクルトファンの皆さん、おめでとうございます!」の言葉が、間中監督の口から出た時はとろけた。(優勝監督インタビュー)

今までファンは辛かったが、今は唯々狂喜するのみ。

ヤクルトスワローズ。ありがとう!!!

調子に乗った傘親父は早速、近所のヤクルト販売所に花束を届けました。
コメント (4)

この秋デビュー

2015-10-01 12:51:55 | Weblog


スーパームーンを楽しんだ次定休日。



紅葉前のみかも山。

 

赤とんぼ、ススキ。

 

彼岸は花が終わり、葉っぱが伸びてきた。
麓の親子連れも涼しげ。

しかし、今回は大幅にショートカット。
早々に下山し、向かったところは・・・



結婚以来初めてのカラオケ。
シダックスデビューをした。

カァちゃんがサービス券をゲット。
「二人で行ってみよう!」と言う事になった。

受付で「初めてです。」と正直申告。
ランチを食べながら、2時間。
私も相当な音痴だが、カァちゃんはそれ以上。
「だから、人前では唄わないの・・・」
でも、夫婦なら平気!昔の学生はみんなで合唱したものだ。
そのノリで楽しく?10曲以上、青春時代のフォーク、歌謡曲、デュエットを唄った。

久しぶりに大声をだして、二人ともスッキリ。
「これからも、たまには好いねぇ~。」の、デビュ-体験でした。
コメント (4)