大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

エジプトへのF16供与凍結=政変後の混乱長期化で-米

2013年07月26日 10時00分43秒 | トランプ政権と安倍政権による現実対応の日米軍事同盟
米国防総省のリトル報道官は24日、エジプトに対するF16戦闘機の供与について、政変後の混乱が長引いていることを理由にいったん凍結する方針をオバマ大統領が決めたと記者団に明らかにした。ヘーゲル国防長官が同日、エジプトのシシ第1副首相兼国防相に電話で伝えた。
米、エジプト両政府は2010年にF16の20機売却に合意。その一部として今月末に4機の供与が予定されていた。リトル報道官はエジプトに対し、「可能な限り早期の民政復帰」を求めたものの、凍結解除の条件について明言を避けた。

@エジプト空軍は既に240機(世界で4位)のF-16ファイティング・ファルコンを保有しており、別に4機供与が遅れたところでどうってことはありません。ちなみに、F-16は既に4500機以上が世界にばら撒かれています。なんだかね~~~親米国というのは理解できますが、クーデターをクーデターと認めなかったり世界を欺きすぎの姑息な凍結劇ですね。笑われますよ。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 海兵隊機能「高速輸送艦」 ... | トップ | 「活断層ない」関電が最終報... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トランプ政権と安倍政権による現実対応の日米軍事同盟」カテゴリの最新記事