大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好雄)

米潜水艦母艦「フランク・ケーブル AS-40」 佐世保入港

2021年11月30日 12時08分13秒 | 運命共同体としての日米同盟 日英共同訓練

USS Frank Cable (AS-40)
スピード 22ノット(41 km / h; 25 mph)
武装
2× 40mm対空砲
4× 25mm Mk 38AA砲

米海軍の潜水艦母艦「フランク・ケーブル」が29日、佐世保港(長崎県)へ入っているのが確認された。同艦は全長198メートル、2万2826トン。潜水艦への補給や乗組員の休養、修理の支援などを担う。
海上自衛隊呉地方総監部によると、同艦はグアムを母港としている。休養や物資の補給を目的に23日、海自呉基地に寄港し、数日間滞在したという。
佐世保市によると、原子力潜水艦は2020年3月を最後に佐世保に入港していない。米軍の動向を追うリムピース編集委員の篠崎正人氏は「原潜の運用が変わってきている」と指摘。従来は原潜が港に入って補給や休養をしていたが、潜水艦母艦を用い洋上で補給や休養を取るようになってきているという。
理由について篠崎氏は「新型コロナウイルス感染防止や、(原潜の)姿を見せないことで海洋進出を強める中国に圧力をかけるためではないか」と分析している。

@なるほど。戦時下において、忍者が目については忍者そのものが忍者でなくなると言う事ですね。健闘を祈ります!


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 米軍 新型空対空ミサイル  ... | トップ | JAXA ソニックブーム 静粛... »

運命共同体としての日米同盟 日英共同訓練」カテゴリの最新記事