大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

モスル最前線情報 クルド・ペシュメルガは、モスルまでわずか後8キロ

2016年10月25日 11時26分01秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に支配されているイラク北部モスルの奪還作戦で、同国北部クルド地域政府の治安部隊ペシュメルガは23日までに同市から8キロの地点に迫った。
モスル近郊では17日以降、ペシュメルガやキリスト教徒、イスラム教シーア派やスンニ派のアラブ人で構成する総勢10万人規模の混成部隊が村落を次々と解放し、予想を上回る速さで進軍を続けている。当局者や専門家は、モスル入りとともに激しい市街戦に突入するとの見通しを示す。
ペシュメルガの司令官は23日、モスル東方に広がる約100平方キロの区域で8つの村落を掌握し、市内へ通じる幹線道路の大部分を確保したと発表した。数時間に及んだ戦闘で、ISISの戦闘員数十人が死亡したという。トルコのユルドゥルム首相は、この戦闘に援軍と兵器を送り込んで協力したことを明らかにした。

@IS側からの映像がないのが不満です。hi 住民を楯に、必死で抵抗しているんでしょうね。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三上卓大命人  四十五年祭 | トップ | パキスタン 警察学校襲撃、6... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢」カテゴリの最新記事