大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

AIM-120Dミサイル、2つのマイルストーンを達成

2015年04月21日 20時01分27秒 | トランプ政権と安倍政権による現実対応の日米軍事同盟


レイセオン社は4月9日、空対空ミサイル「AIM-120D AMRAAM」について、2つのマイルストーンを達成したと発表した。
1つ目は、アメリカ海軍での初期作戦能力(IOC)を獲得した。アメリカ海軍は、2015年後半に部隊配備するとのこと。2つ目は、実任務を想定した試験を終え、アメリカ空軍の部隊への配備が始まる。海外展開も可能。

@アクティブレーダー追尾方式によって、マッハ4で射程180キロをカバーします。電子妨害に強く、ジャミングで妨害が始まるとその発信源に対して追尾します。チャフに対しても昨日書いたとおり、面で認識しない熱源には騙されません。(パッシブ赤外線方式)

参考:演習ではAMRAAMを搭載した米軍のF-16に、スパロー(AIM-7)を装備した航空自衛隊のF-15Jはまったく歯が立たなかったそうです。AIM-120Dでは空対空ミサイルとしては初めてGPSを内蔵し、双方向データリンクも可能で、中間誘導の精度が大幅に向上しています。更にオフボアサイト能力が強化され、後方の敵に対しても当然攻撃出来るようになっています。高い訳です。(一発およそ4500万円ですが、撃てば当たります)
因みに、99式空対空誘導弾は、日本の航空自衛隊が装備する中距離空対空ミサイルで、アクティブ・レーダー・ホーミング(ARH)誘導と慣性・指令誘導を併用し、射程は100km前後と言われていますが、(AAM-4とも呼ばれています)これは一発6500万円するそうです。AIM-120より太くてでかいので、F-35の胴体内兵器倉への装着は極めて困難ではないかといった問題が発生していますが、ロッキード社は長さが同じなら多少太くても入るといっていますが、誘導装置などややこしい問題が起きるのでAIM-120をセットパックで購入すれば良いと思います。hi

胴体内兵器倉のキャパはかなりあります。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 国際平和支援法 国会承認「... | トップ | 朴政権“大激震”巨額裏金疑惑... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トランプ政権と安倍政権による現実対応の日米軍事同盟」カテゴリの最新記事