大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

名古屋中区 漫画喫茶で刺され男性客が死亡 殺人未遂で男逮捕

2018年05月18日 09時55分40秒 | 占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った社会と国民の犯罪
名古屋市の漫画喫茶で客の男性をナイフで刺して殺害しようとしたとして、22歳の男が現行犯逮捕されました。刺された男性はその後、死亡しました。
殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された稲田府見洋容疑者は17日午後8時半ごろ、名古屋市中区の漫画喫茶で客として店内にいた会社員の大竹智之さん(35)の頭や胸などを果物ナイフで刺し、殺害しようとした疑いが持たれています。大竹さんは搬送先の病院で死亡しました。
目撃者:「(稲田容疑者が)非常階段から身を乗り出して叫んでいました」「(Q.どんなことを?)聞き取れないです。『うぁー』って」
稲田容疑者は「自分が死ねないから、むかついて刺した」と話し、容疑を認めています。死亡した大竹さんと稲田容疑者は面識がなかったとみられ、警察は詳しい経緯を調べています。


@典型的なミーイズムのクソ野郎。戦後民主主義というか、今の時代、普通にものを考えないで従順に社会に順応して生きていれば、いまの野党や反日メディアやこんなアホしかでてきません。弱体化占領政策のなせる技。
例えば、日本人から誇りを奪う為に自虐史観によってアジア解放の大東亜戦争を侵略の太平洋戦争と未だに言い続けています。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« マレーシア軍 マハティール... | トップ | 先ず放送法4条を撤廃せよ!... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

占領弱体化政策と戦後民主主義体制で狂った社会と国民の犯罪」カテゴリの最新記事