大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

韓国系団体が慰安婦碑除幕=首都近郊で初-米 愛国的日本人は歴史修正の聖戦に起ちあがれ!

2014年05月31日 07時58分22秒 | トランプ政権と安倍政権による現実対応の日米軍事同盟
米ワシントン近郊のバージニア州フェアファクス郡の庁舎の敷地内で30日、韓国系住民の団体が設置した旧日本軍の従軍慰安婦問題に関する石碑の除幕式が行われた。慰安婦の碑・像が確認されたのは全米で6カ所目、首都近郊では初めて。
今回の設置計画は秘密裏に進められ、完成後に日本大使館が郡当局に日本の立場を説明したが、郡当局は撤去に応じなかった。背景には韓国系住民の人口が州・郡内で増加し、政治的な影響力を強めていることがある。
庁舎の裏庭に完成した碑には「20万人を超える女性と少女が日本軍によって性奴隷になることを強制された」と書かれ、日本政府に公式な謝罪を求めた2007年の米下院決議が記された。

@ともすればその壁の厚さに押され”まァいいか”と、流されそうになりますが、ここは踏ん張りどころというか、敗戦国の”正義の戦=まさに歴史修正の聖戦”貫徹に向け、その意地を貫き通したいものです。

とても嬉しそうに報道するTBS。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ウクライナ、ガス滞納金一部... | トップ | 首相の靖国参拝発言で会場に... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トランプ政権と安倍政権による現実対応の日米軍事同盟」カテゴリの最新記事