大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

仏軍、マリ北部都市ほぼ制圧 武装勢力最後の拠点も

2013年01月31日 14時25分51秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
マリに軍事介入しているフランス軍は30日、イスラム武装勢力の最後の拠点都市キダルに到達した。武装勢力はアルジェリア国境付近の山岳地帯に退却したとみられる。AFP通信が伝えた。 キダルは首都バマコから北方に約1500キロの地点にあり、武装勢力「アンサル・ディーン」が支配していた。 仏軍はこれまでに北部の主要都市ガオ、世界遺産の都市トンブクトゥを相次いで制圧。いずれの都市でも大きな戦闘はなかった。

キダルを制圧すれば、北部の主要都市から武装勢力を一掃したことになり、仏軍の作戦は大きな節目を迎える。だが、北部はフランス国土ほどあり、広大な山岳地帯や砂漠地帯を拠点に武装勢力が抵抗を続けるとみられる。また、制圧した都市の治安の維持はマリ軍や西アフリカ各国軍の部隊が担うことになり、武装勢力が再び入り込むことを防げるかが焦点になる。

@なんの抵抗もせずに一目散に逃げ回っているって感じで、笑ってしまいます。




ギダルから消えたアンサル・ディーン(Anṣār ad-Dīn)

コメント   この記事についてブログを書く
« イスラエル軍機が空爆=シリ... | トップ | フィリピン 韓国製攻撃機FA5... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢」カテゴリの最新記事