大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

最新鋭ステルス戦闘機 F-35 開発試験終了!

2018年04月25日 07時35分25秒 | トランプ政権と安倍政権による現実対応の日米軍事同盟
F-35ライトニングIIを製造する米国ロッキード・マーティン社は13日、2006年から実施してきたF-35の開発飛行試験(SSD)を終了し「システム開発と実証の段階をクリアした」と発表した。今後は初期運用テストと評価(IOT&E)に進み、大量生産が加速するとともに段階的な能力向上にも着手される。同時に部隊配備や他国への供与も加速するとみられ、特に極東では日本と韓国への配備が軌道に乗ると共に、台湾への供与の可能性も高まっている。
米ロッキード・マーティン社によると、F-35は06年の初飛行以来、11年間にわたり9200回、1万7千時間以上の飛行試験を行い性能や耐久性を確認したとしている。F-35には空軍型のA型、海兵隊向けのB型、海軍の空母航空団向けのC型の3タイプがあり、特にSTOVL(短距離離陸、垂直着陸)が可能なB型については試験で1500回以上の垂直着陸試験を実施したとしている。
軍用機も含め一般的な工業製品は設計、試作機の製作と試験を経て性能を実証してから量産されるが、F-35の場合はA~C型といったバリエーション(派生型)を開発することなどから、試験と量産や部隊配備が平行して行われている。
今回終了したSSDとは、高度や速度の限界域を調べる試験や、飛行時の特性など飛行性能に関する試験と、搭載する武装の投射などの試験。


@連日取り上げてきた通り。なんでも批判するアホはほかっておいて結構です。航空優勢、海上優勢、F-35AとF-35Bが、我が国防衛の要になっていきます。

最高の解像度です。フル画面で楽しんで下さい。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« これは酷い! 大韓航空 母... | トップ | フィリピンの慰安婦像、撤去か? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トランプ政権と安倍政権による現実対応の日米軍事同盟」カテゴリの最新記事