大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

ロシアの巡航ミサイルSS-N-27 «Sizzler» イランに着弾か ロシアは否定

2015年10月09日 12時16分44秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢

3M14E / SS-N-27シズラー マッハ0.8の亜音速で飛行して行きます。

米当局者は8日、CNNに対し、ロシア艦船からシリアに向けて発射された巡航ミサイルが、イランに着弾したと語った。一方、ロシアやイランの当局者はこの情報を否定している。
米軍や米情報機関は、イラン上空を通過したミサイルのうち少なくとも4発が墜落したとの結論に至ったという。米当局は、被害状況について入手した情報から判断して、建物が破壊されて民間人が死傷した可能性もあると見ている。
ミサイルがイランのどこに着弾したのかは不明。ロシアの艦船はカスピ海南部に配備されていたことから、シリアを狙ったミサイルはイランとイラクの上空を通過した公算が大きい。ロシアが発射したのは新型ミサイルの「カリブル」で、実戦に使われたのは初めてだった。
これに対してロシア国防省はフェイスブックに掲載した声明で、「我々はCNNと違って匿名筋の引用情報は伝えない。自分たちのミサイルの発射と目標への命中をリアルタイムで見せている」と反論。「ペンタゴン(米国防総省)やラングリー(CIA)の我が同僚がいかに不快に思い、不意を突かれたと感じたとしても、シリアのISIS(過激派組織イラク・シリア・イスラム国)施設を狙った昨日の我が国の誘導ミサイルは目標に命中した」と強調した。
イラン国営テレビのIRINNも同日、イラン当局者がCNNの報道を否定したと伝えた。
同国のFARS通信も、ロシアが発射した巡航ミサイル26発のうち4発がイランに着弾したという情報について、イラン国防省が否定したと報道。国防省によればCNNの報道は、西側による「心理戦」の一環だという。

@昔と違って、ロシアが嘘をついても、お天道様(サテライト)は常にお見通しです。正にKGB体質。

まるで第3次世界大戦突入の序章的こうした状況が、まったく見えない平和ボケのアホ共が、安倍改造内閣の粗さがしに余念のない民主党を筆頭とする反日護憲親中派勢力です。

コンテナを見ても、ただのコンテナと思うなかれ。残念ながら、我が国にはこの巡航ミサイルが一基もありません。それでいいと思いますか?


せっかくなので、必ず観てください。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 南沙諸島の中国「領海」内、... | トップ | インティファーダを警戒、イ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢」カテゴリの最新記事