大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好雄)

米軍、エジプト軍と合同軍事演習 ブライトスター2021

2021年12月01日 16時48分44秒 | 米軍
米国とエジプトの特別オペレーターは、エジプトのモハメドナギブ軍事基地で行われたブライトスター21の演習中に、バディラッシュの実弾射撃場を駆け抜けます。

@エジプトの特殊部隊はエジプト軍によるラルナカ国際空港襲撃とエジプト航空648便ハイジャック事件という失敗を過去にしたため一度再編成され、現在はシナイでの軍事作戦においてイスラム過激派の掃討任務にも参加している。ドイツのGSG-9、フランスのGIGN、アメリカのデルタフォースやNavy SEALsとは合同訓練をする関係にある。
エジプトはアフリカや中東の軍事大国の一つであり、イスラエルにも匹敵する軍事力を備えている。また、アラブ諸国では唯一偵察衛星を保有する国家でもある。北大西洋条約機構(NATO)加盟国ではないが、強力な戦略的パートナーであり、地中海対話にも参加している。財政面でもアメリカの援助に大きく依存するため、アメリカの強い影響下に置かれている。戦車に関してはM1エイブラムス 1005両、M60パットン 1435両、T-62 550両、T-54/T-55 500両、ラムセス2世 260両など4000両近い数を保有している。


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 水陸機動団 離島奪還作戦 Ⅱ | トップ | 安倍元首相「台湾有事は日米... »

米軍」カテゴリの最新記事