大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

イラク軍事支援で27億円=米

2014年09月11日 10時11分35秒 | トランプ政権と安倍政権による現実対応の日米軍事同盟
オバマ米大統領は10日、イスラム過激組織「イスラム国」と戦うイラク政府やクルド自治政府に対する軍事支援を強化するため、2500万ドル(約26億7000万円)の支出を承認した。イラク政府軍を対象にした武器弾薬・車両の提供や訓練、クルド人治安部隊向けの武器弾薬の輸送活動の費用に充当する。

@せこいけど、がんがん深みにはまっていくね。でも、勝算ありと踏んでの事ですから、問題ないそうです。

シリア空爆へ戦線拡大=有志連合主導-対イスラム国で米大統領
オバマ米大統領は10日午後9時(日本時間11日午前10時)に行う国民向け演説で、イスラム教スンニ派の過激組織「イスラム国」に対し「場所を問わず、米空軍力を使う」と述べ、シリア領内での空爆へ準備を進める方針を表明する。ホワイトハウスが演説の抜粋を公表した。大統領はイラク新政権が発足したことを踏まえ、米国が幅広い有志連合を主導し、イスラム国との戦いで反転攻勢に出ると強調。「包括的かつ持続的な対テロ戦略を駆使して、イスラム国を弱体化させ、打ち負かす」との決意を明言する。米メディアによると、大統領はイラク国内で続けている空爆作戦の拡大やシリア反体制派の支援強化に言及する見通し。欧米各国から中東域内のイスラム過激派に合流する外国人戦闘員の問題などにも触れ、国際協調に基づく長期的な取り組みを通じ、問題解決の筋道を示すとみられる。

@前にも書いたとおり、オイルと麻薬利権争奪の戦争です。安倍ちゃんは外遊を繰り返し、オバマと連絡を取らない事。わはは


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 少女2人、イスラム国目指す... | トップ | 朝日新聞社長が謝罪、「吉田... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トランプ政権と安倍政権による現実対応の日米軍事同盟」カテゴリの最新記事