大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

すごい! ロッキード・マーティン F-22とF-35のステルスハイブリッドを日本に提案する・・・・そういう事か! 

2018年06月14日 15時39分54秒 | トランプ政権と安倍政権による現実対応の日米軍事同盟

奴らからすれば、けなげな日本の姿が痛々しかったんだろうね。開発中のX-2実証機。


ロッキードは、この表題の考えを日本の国防省関係者と話し合っており、米国政府の敏感な軍事技術の提供を許可した後、日本の情報要請(RFI)に応じて正式な提案をすると公表した。


@だから、X-2の開発が止まったんだ。バリバリの混血第6世代ステルス戦闘機(ソフトウエアーも含む)を造ればいいじゃないか。当然、レーダー(量子レーダー)や赤外線探知装置も進化するだろうから、その頃にはステルスと呼ぶのかどうか知らないけどネ! 2030年実戦配備を目指すそうだ。同志のみんな、長生きしようぜ。hi


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ユニット フォーメーション | トップ | リビア戦場ライブ 東部デル... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トランプ政権と安倍政権による現実対応の日米軍事同盟」カテゴリの最新記事