大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

スーダン PKO襲撃で7人死亡=車列待ち伏せ、過去最悪級の被害

2013年07月14日 09時46分28秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
スーダン西部のダルフール地方で13日、平和維持活動(PKO)中の国連・アフリカ連合合同部隊(UNAMID)の車列が武装グループの待ち伏せ攻撃に遭い、タンザニア兵7人が死亡し、17人が負傷した。UNAMIDに対する攻撃としては2007年末の活動開始以来、最悪級の被害となった。潘基文国連事務総長は13日、声明を出し「激しい怒り」を表明。犯行グループに対する迅速な裁きをスーダン政府に求めた。襲撃は南ダルフール州で起きた。負傷者には女性の警察要員2人が含まれる。

@いつも思う事ですが、あの朝鮮人が国連の事務総長って、普通あり得ないでしょ。その前に国連が正常に機能していれば朝鮮人が事務総長のいすに座るなんて事もあり得ませんが・・・・・

資料


参考:相次ぐ「無能」評価
歴代の国連事務総長たちは、見た目には重要なポストであることに比べて大きな実績を上げてこなかったが、潘については「その中でも際立って無能」との評価を受けてきている。ニューズウィークは、韓国外相から事務総長に転じた2年半の間に大きな失敗を犯したわけではないが、難民問題に関心を示さず、「世界中で名誉学位を収集して歩き、見事なまでに何も記憶に残らない声明を発表し、事務総長として影響力を発揮できたかもしれない貴重な機会を無駄にすることに費やしている」と評した。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« イスラエル軍が5歳のパレスチ... | トップ | 「原発 どうしても必要」 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢」カテゴリの最新記事