よもやま話
お囃子やお祭に関して、見聞きした事を雑談として…

思い違いもご容赦を(#^.^#)
 




6月22日は、@きんたさん&@はらっさんとテアトルフォンテへ

・・・現地で、下恩田さんともお会いしました(~_~;)・・・

泉区内のお囃子4団体と和太鼓4団体が出演されました。

画像の上和泉囃子連(かみいずみはやしれん)さんは、自分達の下町系の囃子とは違い、横須賀や藤沢の囃子に近いように感じました。



こちらは、和泉三家囃子保存会(いずみさんやはやしほぞんかい)さんの「おかめ」の踊りです。

江戸時代中頃に、瀬谷区阿久和より伝えられたとの事で、関の囃子との共通点(笛・太鼓・踊り)も多く観られました。



こちらは、中田囃子保存会(なかだはやしほぞんかい)さんの「ひょっとこ」の演技の様子です。

やはり約200年前に、阿久和村から伝えられ神田ばやしのながれをくむそうです。



出演の最後は、和泉三家囃子保存会・中田囃子保存会・岡津囃子連(おかづはやしれん)の3団体が共演しました。

3団体合同による囃子に合わせて、多くの舞子が登場しました。

各地で伝統芸能の活動が、又活発になりつつあるようです。楽しみですネ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





5月31日・6月1日 南品川の鎮守「荏原神社」祭礼より

「とまや」さんのお誘いを受けて、アルコールと囃子漬で楽しんできました(~_~;)
こちらが、神楽殿(舞殿?)です。本殿や社務所からは、やや観ずらい配置が残念ですネ



「とまや」の皆さんでの「相模囃子」の演奏です。



半纏を借りてうろうろしていると今のは「何という囃子か?何処の囃子か?」とか「神輿の渡御は、何時ですか?」とか聞かれる事が多いので、返答に苦慮しました。



に神輿が鎮座しています。救命具(ちょいと不似合いですが・・・しょうがないですよネ)をつけて、準備万端です。



夕刻には、神社前の「鎮守橋」に多くの神輿が集まりました。

大拍子を叩き、神輿の指示統制を計ります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





平成20年5月25日(日) 青葉公会堂にて参加団体 平川囃子保存会・下市ヶ尾囃子連中・荏子田囃子連中・下谷本杉山神社囃子保存会・鉄囃子保存会・下恩田囃子保存会・横浜都築太鼓・星槎高校「響」・花園直道with華舞斗



入り口に、趣のある道化面獅子頭が飾られていました。




こちらは、下恩田囃子保存会の皆さんの出演の様子です。沢山の子供たちが、踊りを披露していました。



こちらは、星槎高校「響」の皆さんによる和太鼓の演奏と舞姫の踊りです。

@きんたさんお気に入り



最後は、下谷本杉山神社囃子保存会の皆さんによる「狐谷戸」という演目です。関の囃子でも演じる狐が登場するのですが、登場場面が短いのが、残念でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )