乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

河回村から屏山書院への遊歩道

2018-03-29 | 慶尚北道・大邱(韓国)
 今月は10年以上ぶりで韓国有数の観光名所安東の河回村(河回マウル)に行きました。河回村は古い建物が残り2010年には世界遺産に登録されたような民俗村とは言え長らくのご無沙汰となればあれこれ変わるものです。かつては村の入口で市内バスを降りて入場券を買い入村したのが、今は村からだいぶ離れた場所にある駐車場で市内バスを降り入場券を買ってシャトルバスに乗って村の入口に行くという手順になっていて戸惑いました。

 さてこの河回村から市内バスで10分ちょっとのところに屏山書院という名所があります。ハシゴにはもってこいという感じですが残念なことにこの間のバスは1日3往復と少なく効率よく使えません。そこで河回村から屏山書院までまず歩き、屏山書院を見物したあとバスに乗るということにしました。
 とりあえず河回村の案内所で様子を聞くと河回村と屏山書院は儒教文化ギル(儒教文化の道)という遊歩道で結ばれているとのことです。そのつもりで歩き出すと道標が河回村の入口近くにある分岐点(下・左の画像)に立っていて左に向かう道が儒教文化ギルとありました。それに従うとしばらく田畑の中の田舎道が続きます。

 田畑が切れると坂になりました。ところどころに道標があり河回村と屏山書院への距離が書いてあるので目安にしつつ登って行きます。

 登り切るとあずまやがあったので洛東江を見下ろしながらひと休みしました。

 あずまやの後は下りだけかと思ったらもう一度階段の登りがありそのあとは木立の間に洛東江を見ながら細い道を進みます。

 河回村も屏山書院も洛東江沿いですが儒教文化ギルは川からやや離れたところを通っているので川がよく見える場所は案外と少な目でした。

 このあと下るともう登り道はありません。林や畑を抜け屏山書院に着く手前にあった分岐点の道標を見ると山を通って河回村に向かう道とありました。どの程度整備されているのかわかりませんが山歩きを楽しみたいという向きはこちらを検討してみるのも悪くなさそうです。

 という具合に歩いて屏山書院に着くと河回村から道標の道のりだと3km、歩いた時間は1時間10分くらいでした。それなりに登り下りはあったもののそこまで大変ではないという印象です。

 屏山書院見物を済ませその先の食堂やカフェを通り過ぎたところにある停留所で市内バスに乗りました。走り出して屏山書院に出入りするバス通りが珍しく未舗装道路だったのに驚いたのはオマケという感じでちょっとトクした気分です。

 そんなわけで歩くのはなかなか楽しかったのですがもう少し河回村~屏山書院の市内バスの便数があればいいのにと改めて思いもしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大邱のムンティギと良洞民俗村のお酒

2017-05-17 | 慶尚北道・大邱(韓国)
 先月につづき今月も韓国の大邱に行ってきました。着いてまず向かったのは今年になってからまだ食べていなかった大邱名物の牛肉の刺身「ムンティギ」です。今回は中央路駅近くの松鶴という食堂にしてみたところおかずが多く主役の牛肉(250g分の中サイズ)がなんだか地味に見えましたがを2人で食べて十分満足できる量でした。
 ユッケやタルタルステーキの類も大好きですがムンティギはひと切れが大ぶりだからか、あるいはLCCのおかげで気軽に大邱に行けるようになったからか生の牛肉が食べたいと思う時真っ先に浮かぶようになり、ティーウェイ航空に続き来月はエアプサンも大邱~成田に就航するというのでこの区間をなんだか勝手にムンティギラインとでも呼びたくなります。

 翌日は東大邱から浦項行きのムグンファ号で良洞民俗村最寄りの鉄道駅安康に向かいました。東大邱からここへのムグンファ号がデルタ線を使わず慶州駅を経由し方向が逆になるのはデルタ線を経由することが多い韓国では珍しく面白い気がします。安康駅は遠からず新線上に移転するはずなのでまたここで降りることはあるだろうかとちょっと寂しくなりました。

 安康には駅の他に市外バスターミナルもありますがいずれにしても良洞民俗村まで歩いて行くにはきついので市内バスに乗ることになります。着いてキレイな風景を歩き気持ちよくなったらお楽しみはやっぱり食事です。今回は自家製の味噌が人気というコリムゴル食堂に入ることにします。

 テンジャンチゲを頼んだところ地味なメニューだけに地味にウマくなんだかホッとしました。

 この食堂のうれしい点は自家製の清酒(左の画像)とトンドン酒(右の画像)両方があることです。清酒を頼んだところ大変美味しくテンジャンチゲとおかずを食べながら飲むのは実に幸せでした。清酒が来る前にトンドン酒を頼んだ隣席の方がたくさんあるから飲んでと一杯下さったので両方飲むことができたのですが、トンドン酒は甘くないさっぱりとした味で清酒は香りが立ちすっきりした甘さと全く異なる美味しさです。

 大邱でムンティギを食べ翌日良洞民俗村で自家製酒を飲むというパターンは昨年の旅行でも同じことをしているので繰り返しになるのですが行き方を変えたり違う店にしたこともあってやっぱり美味しく楽しめました。成田から大邱に直接行けるおかげでこういうことも楽ですからありがたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい浦項駅とドジョウ汁

2017-04-19 | 慶尚北道・大邱(韓国)
 暖かくなったらなんだか韓国に行きたい気分が盛り上がり大邱へと向かいました。東大邱に出ると昨年の訪問時にはまだ工事中だった「東大邱複合換乗センター」が12月に開業し高速鉄道と在来線両方が停まる隣の東大邱駅と相まっていよいよ交通の要所としての迫力が増した感じです。
 新しいものといえば東大邱駅に入るとこれまた12月に運行が開始されたSRT(水西高速鉄道)の案内カウンターが見え半年も経っていないのになんだかずいぶんと久しぶりのような気がしてしまいました。

 今回はここから浦項へと向かいます。ホームに降りると号車案内にKTX、KTX山川さらに新顔のSRTと高速鉄道が並ぶのでやってきた浦項行きのKTXが随分古株のように見えました。

 東大邱~浦項の移動方法は高速鉄道に在来線にバスとありますが今回KTXにしたのは前回慶州市にある「良洞民俗村」に行ったときすぐ近くを走る東大邱~浦項間のKTXの高架が印象に残り次は車内から村を見てみようと思ったからです。車窓から良洞民俗村が見えるのはほんの一瞬ですが無事見えとりあえず達成感みたいなものはわきました。

 東大邱から35分で着いた浦項駅は2015年にできた新しいものです。現在は行き止まりでも今後東海岸に沿って北へと延長される予定なのでレールはずっと先まで続いていて途中駅のように見えます。この新駅は浦項の街中からだいぶ北にズレた郊外にあり、街中にあった旧浦項駅にくらべだいぶ不便になってしまいました。もっとも街中と新駅を結ぶ市内バスはじゃんじゃん来るので着いて困るということはありませんけれども。また新駅がある興海邑の中心部に向かうバスも頻発していて今回はこれに乗りました。

 浦項駅から10分弱乗って市内バスの拠点「興海換乗センター」で降りると目の前に興海市場があり地域の拠点らしい雰囲気です。換乗センターと言っても折返場やホームはなく道端にこじんまりとした待合所があるくらいの地味なものですが浦項の街中からやって来る系統と興海地域を走る支線系統が結構頻繁に発着していてそれなりに活気は感じられました。

 興海市場に入ってみるとそう規模は大きくなくやや刺身屋の数が多いかなというくらいの印象です。

 この市場にある79歳になるという店主が切り盛りする老舗「玉分ハルメチュオタン」に入りました。うれしいことに自家製トンドン酒もあって1杯単位から注文できるのでチュオタンと一緒に頼みます。よく漬かったキムチなどのおかずをつまみながらチュオタンとトンドン酒をすするのはなんとも楽しいものです。

 やや酔い心地で換乗センターに戻るとすぐ前に迎日民俗博物館があったので入って見物しました。民具、古書、農具、漁具などが展示されている大変キレイな施設です。

 という具合に飲み食いや見物を楽しんだら新しい浦項駅は街中から遠くなったもののおかげで興海に足を運ぶ気になってよかったとなんだかトクした気分になりました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大邱・慶山の自家製トンドン酒

2016-12-13 | 慶尚北道・大邱(韓国)
 大邱都市鉄道のうち地下鉄の2号線は大邱広域市を出て東隣の慶山市まで延びています。これに乗って慶山市庁に近い林堂駅で降りたらコンコースに無料のレンタサイクルがあってびっくりしました。となるとちょっと借りてみたくなるところですが酒を飲むのが目的だったので見物だけして地上に出ます。

 慶山市庁の方に向かうと男妹池という大きな池が広がっていて夜見るのも悪くないものがありました。その向かいにある飲み屋『ソリプトンドン酒』が目当てです。

 入ってみるとなんというかただの家っぽい感じでした。1本単位で注文する6000ウォンのトンドン酒は1.5リットルくらいのペットボトルに入ったものがカメ・ツマミとともに出て来るのでなかなかの迫力です。

 ソリプトンドン酒のすぐ近くにはもう一軒飲み屋があり気になって入ってみたところここにも自家製のトンドン酒があるというのでハシゴすることにしました。こちらはヤカンにたっぷりで5000ウォンです。自家製となるとアルコール度数はよくわかりませんがどうも市販のマッコルリやトンドン酒よりいくらか強そうで2軒目となると飲み切れず、だいぶ残したら持って行けるようわざわざ空ペットボトルに移し袋に入れて下さったので店を出て宿までトンドン酒漬けになりました。

 慶山市内で飲んだ2軒とは別に大邱市内でも自家製トンドン酒を飲んだので最後に触れておきます。場所は地下鉄1号線の松峴駅と月村駅の間くらいのところにある『オンマソントンドン酒』という店でベニバナトンドン酒というちょっと変わったものです。白い酒に赤い花がよく映え目にも楽しいものでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

良洞民俗村と九龍浦をハシゴ

2016-11-29 | 慶尚北道・大邱(韓国)
 慶州市内にある歴史的景観が保存された世界遺産『良洞民俗村(良洞民俗マウル)』に大邱から行ってみることにしました。まず交通の要所東大邱駅前に出ると建設中の巨大な総合バスターミナルが見えます。これまで東大邱駅周辺に分散していた高速バスターミナルに加えやや離れた市外バスターミナル(東部・南部)がここに集約され百貨店が入るそうですから大きいのもなるほどというところです。
 今回はやや離れた東部市外バスターミナルに行くためこの巨大な建物の向かいにある「東大邱高速バスターミナル」停留所で市内バス循環2番に乗りました。「慶北アパート」「東部停留場」に続く3停目が「東部市外バスターミナル」です。なお「東部停留場」という停留所はターミナルの敷地の外側で、その後敷地内に乗り入れたところに「東部市外バスターミナル」停留所があります。

 東部市外バスターミナルは上述の通り統合される予定なのでもう先は長くありません。地下鉄駅からやや遠い場所なので便利になることではあるのですがなかなか味がある雰囲気でちょっと惜しい気がしました。ここで慶州市の安康というところまで乗車券を買い市外バスに乗ります。

 良洞民俗村は慶州市内ではあるものの慶州の中心部からはだいぶ離れていて浦項市に近く、最寄りのバスターミナルは慶州バスターミナルではなく安康バスターミナルです。ただ安康に停まる大邱~浦項の一般道経由の市外バスは日中1時間に1本くらいしかありません。(大邱~浦項の高速道路経由の市外バスは日中10~20分間隔と頻発しています。)ともあれ出発するとあまり飛ばさずに一般道を走り途中永川バスターミナルでは10分も停車したりするなどのんびりムードでした。大邱から1時間半ほどで着いた安康市外バスターミナルは韓国に多いコンビニ『GS24』が券売所も兼ねた小さなものです。

 安康市外バスターミナルから良洞民俗村までは歩くには遠いのでさらに市内バスに乗り換えねばなりません。良洞民俗村のすぐ前に行くバスは便数が少なくしばらく来ない時間帯だったので便数が多い良洞民俗マウル入口停留所までの市内バスに乗って歩くことにしました。ターミナル前の道路で適当な市内バスをつかまえると10分もかからずに着いた良洞民俗マウル入口は店など何も無いようなところで村までは1kmちょっとあります。とりあえず鉄道の東海線に沿った村に向かう歩道を歩いて行くと途中になんだか小さな駅が見えました。

 これは良子洞駅で2007年に停車する旅客列車がなくなり今はカタチだけ残っているという感じです。駅舎がなくホームだけのささやかなものなので逆にあまり朽ち果てた感じもせずホームに上がるとまだ列車が停まりそうな気がしてしまいました。さらに村に向かって歩いて行くと手前ではKTXの高架をくぐります。世界遺産に指定されているとなれば相当の観光資源のはずですがそこに鉄道が近い割に(使える)駅がないというのはなんだかもったいない気がしました。

 ともあれ村に到着し入場料を払って入るといわゆる民俗村らしい瓦葺・草葺の風景が谷戸に広がっていて気分がよくなります。

 さてここに足を運んだ目的は飲み食いなのでまず食堂を物色しました。この手の民俗村には自家製の酒が飲めることが結構ありそれをゆったりした雰囲気の中で飲めると大変ステキというわけです。幸い自家製の酒がある食堂がすぐ見つかり昔の田舎家然とした気の置けない雰囲気にまずホッとしました。メニューを見て気になったこの食堂の看板メニュー「蓮の葉定食」を頼んだところ蓮の葉で包んだおこわがメインで銀杏や落花生、カボチャの種にナツメなどが入った楽しいものです。韓国の定食の類はおかずが多く酒のサカナになるのも助かります。味のある美味しい酒をヤカンから注いで飲んでいたら民俗村と蓮の葉から昨年忠清南道の温陽温泉に近い外岩里民俗村で蓮葉酒などを飲んだことを思い出し韓国の民俗村とはいいものだと改めてしみじみしてしまいました。

 楽しく飲み食いしたらもうほとんど目的は済んだようなものです。とは言えせっかくなので結構広い村をぐるっと歩いてみたらほろ酔いもあいまって大変よい気分になりました。慶州観光の一部として行くのが定石のような場所ですが見物に加え飲み食いもゆっくり楽しもうとなると結構時間がかかるので行くならそれなりに余裕を見たほうが楽しめると思います。
 さて良洞民俗村からは浦項が近いので今回はそちらへ抜けてみることにしました。良洞民俗マウル入口停留所には越境して来る浦項市の市内バスが通っているので簡単に浦項に向かうことができます。良洞民俗マウル入口から浦項の中心部に向かう路線は600番と700番があり先に来た600番に乗りました。浦項の街中に出たら今度は適当なところで200番に乗り換えます。

 200番は東海岸沿いの港町九龍浦に行く路線です。ここは植民地時代に日本人漁民が住みついていたところなので狭めの区画割りや日本家屋、神社跡が残り海産物の食堂が多くといろいろと見物が楽しめます。

 九龍浦にはこれまでにも何度か寄って見物や食事あるいは乗りバスしたことがあるのですが今回はまだ食べたことがなかった「モリグクス」という料理の店に入りました。なんでも海鮮鍋を食べるときシメに麺を入れていたのがいつの間にか最初から麺を入れた料理として食堂で出されるようになったものだそうで、つまりは海鮮鍋麺ということになります。一見地味なものながらアンコウとムール貝のダシがよく出た汁がウマく、となると当然麺がウマく食べられます。

 というわけで満腹になって民俗村と港町のハシゴに満足し大邱に戻りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加