乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

宜蘭のバスターミナル「宜蘭転運站」

2011-07-18 | 台湾・宜蘭県
 台湾北東部にある都市「宜蘭」は観光等で訪れたという方も少なくないと思います。
 台北からこの宜蘭に行こうというとき、かつては道路事情が悪かったので鉄道が有利でした。しかし2007年にこの間をショートカットする「雪山トンネル」経由の高速バスが開業したことで鉄道は比較すると遠回りということになってしまい、今は高速バスが有力な移動手段になっています。
 この高速バスについて2010年に変化が起こりました。それはバスターミナル「宜蘭転運站」が開業したことで、宜蘭発着の各社高速バスがこのターミナルに集まるようになっています。
 この宜蘭転運站を先月初めて利用したので以下画像とともに様子をご紹介します。

 さてその宜蘭転運站の位置ですが、宜蘭駅の裏口(宜蘭後站・東口)から「林森路」を右(南)に進むとに200mほどのところです。林森路に面してバス降車所があり、降車客をあてこんだ数台のタクシーが客待ちをしていました。(画像は宜蘭駅裏口と降車所)


 転運站の敷地にはバイク置き場が設けられかなり広く、降車所から乗車所の建物までは100m以上あります。この乗車所は校舎路に面していて、切符売り場や待合所が設けられています。


 この建物に乗り入れている高速バスは台北への高速バスを運行する葛瑪蘭客運・台北と基隆への高速バスを運行する首都客運・首都客運と共同で基隆への高速バスを運行する国光客運の3社です。
 乗車口と切符売り場は赤い色の葛瑪蘭客運側と青い色の首都客運に分かれていて、国光客運の基隆行きの切符は共同運行している首都客運側の窓口で扱っています。


 なお高速バスのみならず宜蘭を通る一般路線バスの多くもこの転運站に集まっていますが、乗り場は校舎路の路上にあり停留所の看板が立つだけです。ただ停留所に行き先と時刻表が掲示されていたので台湾のバス停標準で考えればちゃんとした方ではあります。


 という具合に転運站の降車所と乗車所を見てみましたが、この転運站がある位置は駅の裏口側にあり、宜蘭の街の中心は台鉄の線路を挟んだ反対側にある駅の表口(前站・西口)側なので表口~裏口間の移動はどうするの?という問題が残ります。通り抜けのために駅の入場券買うのもくやしい話。
 その辺りを駅で聞いてみたら、転運站利用者には改札口で駅構内の通行証が渡され、これで表口~裏口間を無料で通り抜けることが出来るとのこと。(通行証は通り抜けた側の改札口で返却します。)嘉義のターミナルでも行われていた方式と同様です。

 無料で通り抜けできるようにしているのはとりあえず親切ですが、宜蘭駅表口からそもそも遠い宜蘭転運站のそれも乗車所まで行こうとなると駅表口→地下道→裏口→降車所→乗車所、と駅構内の階段の上り下りをしつつ500mは歩くことになるわけですから結構大変です。
 地元の人は広いバイク置き場にバイクを停めてバスに乗り換えるパーク&ライドとか、あるいは家人に迎えに来てもらうという手も使えるでしょうが、旅行者からするとタクシー利用が現実的になってしまうでしょう。正直あまり便利ではないと思いました。

 宜蘭転運站の話はこのくらいにして以下宜蘭駅表口側のターミナル事情について少し付け加えておきます。まずは宜蘭駅表口の画像から。


 表口を出ると左右に伸びる宜興路を渡るとすぐに雪山トンネル経由で台北まで行く乗合タクシーの看板が出ています。これも台北行きターミナルと言っていいのかも。


 駅から宜興路を左(南)に300mほど歩くと国光客運の「旧宜蘭站」停留所があります。ここはその名の通りかつて国光客運のバスターミナルがあったところで、閉鎖されたターミナルの建物が残っていました。国光客運の前身「台湾汽車客運」「台汽」の文字が見え一昔前の香りがします。


 なお宜蘭を通る国光客運の一般路線バスのうち、この「旧宜蘭站」バス停は通っても上記の宜蘭転運站を通らない路線もあるようです。乗ろうという場合は停留所の案内をよく確認してください。

 というわけで以上宜蘭転運站・宜蘭駅・乗合タクシー乗り場・旧宜蘭站と宜蘭の4つのターミナルの様子でした。
(2011年6月訪問)
コメント (6)