乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

台中の明洞と新宿(一中街)

2014-05-31 | 台湾・台中市
 台中市街地のバスはあまり使い勝手がよくなくバス好きを自称しながら見物のときはスクーター借りることになりがちだったのですが、いつの間にか改良が進んでいて感心させられます。(台中市バス案内サイト)
 驚かされたのはICカードでバスに乗る場合どの系統も初乗り8㎞は無料という大盤振る舞いをしていることです。細かく言うとカードを使用する乗客に限り1乗車20元割引するというキャンペーンで、台中のバス運賃は距離制をとり初乗りが20元なので差し引き無料になるという仕組み。まずはカード買って乗ってもらおうということなのでしょうが随分と思い切った策に出たものですね。

 さて台中駅の表口(前站)を出ると目の前にバスがじゃんじゃんやって来ます。なんとなくどっかに行くなら一中街なぞ。多くの系統が行くので路線図と系統番号とにらめっこして乗るバスを決めるよりとりあえず来たバスの運転士さんに聞いた方が早いでしょう。路線図見ながらあーでもないこーでもないと考える乗りバスも楽しいのですが、あまり余計なことを考えずとっととバスの海に溺れていく楽しみというか快感もいいものです。

 行くなら暗くなってからの方が賑やかになります。台中駅から数分で一中街最寄りのバス停「国立台中科技大学」に着くと運転士さんがデカい声で「一中街!」と叫ぶことも。

 この辺りは昼間から繁華街で夜市というわけではないのですが、この通り事実上夜市のようなものです。

 若い人が集まる街で服飾・雑貨商店もたくさんありますが、私は買うより食べる方に向きます。

 食べる方も量や価格が若い人向けという感じです。臭豆腐に学割があり5個40元のところ学生は6個とか。キョンシーの絵は棺材板屋。揚げトーストを棺桶に見立てた料理だけにキョンシーが似合うという寸法です。

 食べごたえがありそうなサイコロステーキ屋が繁盛するのは客層に合っている感じがします。

 韓国軽食の「明洞オジサン」なんてのもありました。

 と思ったら漢字なしの店までありまるで韓国に来たようです。(ハングルは「少女時代」→「ソ・ニョ・シ・デ」→SNSD)でここの店名って一体何て呼ばれてるんだろ?漢字が無いってことは少女時代の中国語読みもできないからSNSDをそのままアルファベット読みかな?

 日本から(?)は「新宿」がありました。そういえば明洞も新宿も若い人が多く集まるので一中街と通じるかも。

 その向かいには「三軒茶屋」。にしてもなぜ三茶?申し訳ないけど台湾に上陸するほど有名とかカッコいいイメージもない気がしますが…飲み物屋だから素直に連想したのかな。

 く○モン(に似たクマ?)もいました。台湾に上陸していたとは。サトウキビ持ち親指立て「おいしいし」というセリフをキメています。

 ぶらぶらしたらバンバン来る適当なバスに乗って台中駅に帰るだけです。台中駅とバスの姿を改めて見たらうれしくなりました。
コメント

豊原夜市

2014-05-30 | 台湾・台中市
 2010年までは台中県豊原市、現在は台中市豊原区の豊原駅を降りると豊原客運という地元バスのターミナルがあります。

 豊原客運は一般路線バスのほか台北への高速バスも運行しているので両方のバスが次々と発着していきます。特筆すべきは台北から高速バスに乗って来ると無料で一般路線バスに乗り継げるというサービスを行っていることで、さすが地域密着事業者の高速バスらしいと感心させられます。

 ターミナル内はよくある半円状のホームに円形の切符売り場。こういう雰囲気は近年のピカピカな駅より旅情を掻き立てられる気がします。

 切符売り場の上に掲げられた路線図を見ると、長らく通行止が続き復活の兆しがない「谷関・中部横貫公路経由の」梨山行きがそのままになっていました。(現在梨山行きは埔里経由。乗った話はこちら。)また今は行かない花蓮まで描かれていたりもう走っていない「梨山~華崗」という路線も残りびっくりです。

 さて豊原駅・バスターミナルからそう遠くないところに慈済宮という廟があり、隣接して「豊原夜市」が延びています。別に夜だけというわけではなく昼間からやっている店も多いので明るい時間に台鉄とバスを乗り継ぐとき寄ることもできます。

 ではちょっと中の様子を。入口付近で目立つのが海老入り肉円(でんぷん質のもちっとした皮に肉や野菜などを包んだもの)とカニ肉入りとろみスープの店。肉円はコショウが効いた挽き肉と海老が入っているもので一般の肉円より肉まん寄りという感じ。ともあれなかなか美味しいものです。

 この夜市で一番人気なのは排骨麺屋で、たいがい列ができているので番号札をとって並ばなければなりません。これはスゴイ、というほどのご馳走ではないものの不思議と食べたくなる味というのか、つい並んでしまうのもわかるかも。

 長く並んで食べ終わりホッとしたら甘いものが食べたくなりますが、さてこれは反則じゃないのかな。まあ誰かがやってみなければならないようなものではある気もしますが。何度か他の夜市でも見たのでまだしばらくは飽きられないかも。

 ソフトクリームには怖気づき結局パイナップル氷水に杏仁豆腐状のものを足してもらって飲むことにしました。

 もう少し何かつまみたくなり排骨麺屋と同様に番号札制で長い行列ができている揚げ菱の実屋さんに並びます。混んでいること以外は普通の屋台と大して変わらないような店で、箸で菱に衣つけて油に入れるだけの役が2人、つまみ上げる人1人、袋に入れる人1人と4人が早業を繰り広げているのですがぜんぜん列が短くなりません。揚げたてを手に入れると見た目も味も地味ながらなんとなくつまみたくなる魅力があります。

 行列を2つこなして満足し菱の実をつまみながら豊原駅に歩いて行ったら駅前で若い人の声が聞こえます。ラウンドガールのように札を掲げた学生さんに呼び止められました。

 何かと思ったら反原発の署名集めでした。折角声掛けてくれたのに日本人なので署名できなくてごめんなさい。台湾の反原発運動というと台北など大都市の巨大デモのイメージがまず思い浮かびますが、このように地味な(?)豊原など全土で行われている草の根あってこそでもあるのでしょうね。

 ときおり雨がぱらつく暗い駅頭で呼びかける学生さんたちを見守る「ノーモア・フクシマ」のシンボル。埔里高雄台北に、台湾でふらふらしているとあちこちで出くわすのですっかりお馴染みになってしまいました。

 中心に台湾を染め抜きノーモア・フクシマのメッセージを重ねたシンボルを何度も見ていると、ひょっとして福島第一原発事故は実は日本ではなく台湾で起こったのではなかろうか、と思えてきたりも。妙な気分で豊原を後にしました。
コメント

台中で乗りスクーター

2010-05-10 | 台湾・台中市
 今回は台中。夜台中に着いて翌日の昼にバスで桃園空港へ、というスケジュールで台中駅前に着き、宿をとるところから話を始めます。さてどこに泊まろうかな。

 統聯ターミナルの向かいに背包客旅店だか南北大飯店だか、バックパッカーなんて書いてあるかと思えば休息料金が書いてあるよくわからない気になる宿があったので気になりとりあえず部屋を見せてもらいます。

 うーん、なんと言うかただの狭い商人宿という感じですが、そもそも私はバックパッカーというものの定義が一体どういうものなのかいま一つ理解できていないので文句のつけようがありません。山に行くときのバックパッキングという言葉ならそれなりに馴染みがあるのですが、旅行にリュックサック使うのもごく普通のことだし貧乏旅行する人くらいの意味でいいのでしょうか?でも普通にバック持って貧乏旅行する人も多いだろうし、どうもこの言葉は意味とか定義がよくわかりません。
 話を戻すと部屋は窓はないけど風呂もトイレもクーラーもありとりあえず不潔ではなかったので一泊450元払って泊まることにします。

 さて宿が決まったら駅の近所でスクーターを借りました。台中に限らずですが、バイクの多い台湾ではそれを当て込んだようにお店が集まり夜市があったりするのでスクーター停め停め買い物や買い食いする楽しさは格別です。
 ちなみに以前台湾では国際免許が使えず日本人旅行者が自動車・二輪車を運転するには台湾で免許とるしかなかったのですが、今は台湾専用の「翻訳文」をJAFで作ってもらって日本の免許と一緒に持っていくと合法的に運転できるので免許があるなら使わない手はありません。
 ただそのため基本的に公共交通が大好きとは言いながら市内交通にバスよりスクーターを選ぶことが多くなってしまいバスマニア失格状態ですけれども…。

 でバイク向けの商店の例ですが、例えばこの中華路付近の夜市のように広めの通りに間隔をあけて店や屋台が並んでいるようなところはいかにもバイクを当て込んでいる感じがします。歩きながら見るにはちょっとまどろっこしい間隔ですから。


 ではとりあえずガイドブックをながめて美味しそうに見えたお店に向かってみます。まず中心部から西、中美街にある向上餃子で1粒2元の水餃子を食べてみました。手作りの水餃子は安くて美味しい小さな幸せって感じです。


 夜も遅くなってきたので逢甲大学の前に広がる逢甲夜市に向かいます。台中を代表する大夜市と名をはせるだけあり一帯には店がひしめきあっていて平日の夜1時でもまだ結構開いている店がありました。


 屋根つきの建物の中にひろがり逢甲夜市の一角をなす旗艦夜市。欧米系をうたうのではなく日韓服飾というのが興味深いところです。


 台湾に行くと一度は食べたい臭豆腐を食べていないことに気づき適当な店に入ってみます。素食すなわち菜食料理をうたう店だったせいか味の傾向もあっさり目で悪くない感じです。結構繁盛していました。


 翌朝はやはりスクーターで台中駅の裏口などウロウロ見物します。そういえば昔の品川駅も裏口はずいぶんとちんまりとした田舎の駅みたいでしたが、この台中駅の裏口もそれを思い出させるようなかわいらしい駅舎。ややごてっとして正直暑苦しい感じもある「立派な」表口より私はこっちの方が好みです。


 裏口出て右に行ったところにあるお菓子屋さん林信一福堂。ちょうど包んでいたレモンケーキをひとつ試食させてもらいます。てらいのない素朴な味がいい感じでした。


 さて台中銘菓と言えば太陽餅ですが、以前お土産に買ったら家人や友人に「正直定番のパイナップルケーキの方が好き」と言われてしまったのでここでパイナップルケーキを購入。あげた連中に太陽餅の感想を聞いたら素朴すぎるとかモロモロ過ぎて食べにくいという非常にだらしない意見が返ってきたものですが、パイナップルケーキのフルーティーでわかりやすい味の方が万人向けなのかも。実のところ私も好みはパイナップルケーキ寄りです。太陽餅も好きではあるので下さるというならもちろん大歓迎ですが。(催促しているわけではありません。)
 ちなみにこれは台中駅構内で売ってた台鉄PP自強号ハートイチゴ太陽餅。なかなかカワイイものですね。


 駅の裏口に話を戻して民意街市場に行きます。この市場の一角にあった三広というお菓子屋さんでさらにパイナップルケーキを購入しておきました。何でも日本の菓子展に出品したこともあるのだとか。


 駅の表口にあるホテルに戻ったところでお茶を買い忘れたのを思い出し、近所で適当なお茶屋さんに入って買っておきます。こういう古い秤は時々見かけるとうれしくなりますがよくもつものですね。

 さて以上「乗りスクーター」の画像を貼りましたが、今回はそのせいで結局台中の街バスはなしで終わってしまいました。あわただしい行程だとどちらかになってしまい残念です。最近台中の市内バスは充実してきているそうなので次は乗らなくちゃ。

 以下は蛇足。荷物をまとめて12:00発の桃園空港行き統聯バスに飛び乗ったのは発車3分前。すぐ発車するので時計を見たら2分ほど早発だったのでちょっとびっくりです。(もちろん時計は後でチェックしたら合ってました。)こんなこともあるのでご用心。車内も外観も緑がまぶしい統聯バスの画像で終わりにします。
コメント (4)

タイワンマスの棲家(梨山・武陵)

2009-11-02 | 台湾・台中市
 今回は東勢の続きです。バスについてはサイトの近距離館をご覧下さい。

 東勢で乗ったバスは台中発梨山行きの台湾一長距離かつ最高地点を通過する豊原客運の路線バス。これに4時間半ほど乗って終点の梨山で降りました。梨山は本数こそ少ないものの台中、花蓮、宜蘭の3方向からバスが上がってくるジャンクションで、標高は約2000mとかなりの高所です。
 バス停は休業中の派手な梨山賓館前広場にあり郵便局や農会が隣接しています。


 着いたのは午後2時、長の乗りバスでお腹が空いていたのでバス停の目の前にいた弁当売りのおばちゃんから古早味、すなわち懐かし味の弁当というのを買いベンチに腰掛けて食べました。景色が良いのでごく普通の弁当が値段をはるかに越えた美味しさになります。
 弁当売りに並んで果物やら高原野菜、高山茶の売店が並んでいますが他にお客の姿は見えません。時々通るドライブの客を相手にしているようです。ちょっと歩いて集落に入るとそれなりに店や旅館が並んでいて他の町から遠く離れた山の上ながら一通り用は足せそうでした。


 梨山からはまた豊原客運のバスに乗り北に向かって台中県最奥部に進みます。七家湾渓をさかのぼった終点にある武陵山荘で宿泊。ここは林務局が運営する登山やハイキング客向けの公共の宿で私のようなバスマニアはやや場違いな感じの一軒宿。夕方6時頃着き真っ暗な山の中なので不安になりましたが飛び込みでも泊まれて一安心です。(画像は翌朝。)


 部屋は4人部屋か「通舗」という共同部屋という選択肢。私は共同部屋は好きではないのですが1人で4人部屋はさすがに大き過ぎるので通舗を選びます。1泊2食付で平日価格580元でした(休日680元)。共同部屋は板の間に布団敷いて寝る方式でバストイレは部屋ごとについてます。この晩の宿泊客は施設全体で私と台北から来た登山客のおじさん1人の計2人だけでした。相部屋なので自然おしゃべりになりますが、「どこの山に登りに来たの?」というしごく当たり前の質問にバスに乗りに来たマニアだと答えるのも自信がなくキレイな風景を見に来たなどとお茶を濁します…。


 6時に始まる夕食はこの近辺の名物キャベツがメインでした。台湾ではキャベツを高麗菜というのですが、高麗の韓国ではヤンベチュすなわち洋白菜。なんで高麗という名前がついたのか不思議です。ニンニクキャベツ炒めと酸味が出るまで漬けたザワークラウト風のキャベツスープが地味ながらなかなかオツで食べ放題のご飯をおかわりします。ちなみに明けて7時に始まる朝食はお粥。食べていたら朝もさらにキャベツ炒めが出てきました。


 翌日は8時に山荘を発ち、前の晩暗い中バスで登ってきた道を歩いて下ります。リンゴや梨などの果樹園が目立つ山あいを歩いているといつの間にか子犬がいつまでもついて来るので困りました。まあ大犬じゃなくてよかった。台湾の山の中を歩いていると結構野犬を見かけるので要注意です。都会にいるひたすらダラーっとした台湾犬と違い吠え付いてきますから。
 蛇足ながら台湾の山でもう一つ嫌なものはヘビ。何度か行き遭ってますがぶっとくて黒っぽいのも細めの緑のやつも思い出すだけで冷や汗が出ます…。


 話を戻します。道路に沿って流れる七家湾渓はタイワンマスという貴重な魚の棲息地で釣りなどは禁止されています。暑い台湾にマスがいるなんてびっくりしましたが、このタイワンマスは水温の低いこの七家湾渓に陸封されて生きてきたもので、台湾でもここでしか見られない貴重な魚なのだそう。「観魚台」というところで淵を覗くと結構よく見ることが出来ました。標高3000m級の稜線から流れてくる冷たそうな水は澄んでいてキレイです。


 美しい渓流とタイワンマスを見ながら山荘から5kmほど下ると武陵農場の観光の中心、武陵農場バス停です。バス停の近くに昔のバス乗り場風にしつらえた休みどころがあり、覗くと「台路」を図案化したマークが見えました。台湾省公路局時代のマークかな?ここからは国光客運バスに乗って宜蘭へ下ってバス乗り継ぎを終えました。


 という具合に高原にキャベツにマスと見物したらこれまで持っていた暑い台湾のイメージがだいぶ変わりました。檳榔茂る麓から登って行くギャップも面白いものです。
コメント (2)

東勢

2009-11-01 | 台湾・台中市
 今回は大湖の続き、苗栗県から路線バスを乗り継ぐ途中で寄った台中県東勢の画像を貼ります。バスの話はサイトをご覧下さい。

 まずイヌがウロウロしている台湾らしい雰囲気の東勢バスターミナル。結構頻繁にバスが発着し自動券売機や接近表示モニターもあってなかなか活気があります。


 バスターミナル近くには500~600元くらいの宿がいくつかあったので見てみるとなんとなくイマイチ。入口に派手なお姐さんが待っているようなところもありました。
 結局付近で一番立派な外観の金家園大旅社に決定。古びてはいるものの他より掃除がキチンとしている感じで600元と高くなく無難な印象です。


 街角に飲食店案内地図が掲示されているのがよそ者にとってうれしい点。


 やれありがたやというところですが、東勢の町中は早仕舞いの飲食店が多くめぼしい店は8時台に閉店という感じでした。遅く着き9時過ぎてから夕食を物色する私は閉まった店ばかり見ることになります。
 結局ホテル近くに見えた屋台に毛が生えたような水餃子の店にしました。どこにでもありそうな店ながらそれなりにテイクアウトの客が来ます。手をつないで餃子買いに来た姉弟をちょっとうらやましく眺めてみたり。


 明けて朝食は人がたくさん入っていて人気ありそげだった阿婆炒麺で炒麺と油豆腐湯を頼みます。看板メニュー?の炒麺は普通においしく、大根と厚揚げがどっさり入った肉スープの油豆腐湯はおでんのようでなかなかオツ。


 朝食後ちょっとうろついてみます。なんとなくバナナ見て写真をとったら物欲しげに見えたのかお店のおじさんがタダでバナナ持たせてくれました。お邪魔してすみません…。


 市場に行くとでかい日の丸振りまわしてる人がいます。なんのこっちゃ?こんなところに日本の右翼?それともオリンピックだか国際試合のたぐいでもあるとか?
 などと思ったら何のことはない、洋服などの日本製品を売るお店の人ががんばって宣伝しているのでした。よく見れば韓国の太極旗も見えます。輸入品にオシャレなイメージがあるようですね。


 東勢は内陸にありますが、市場ではカタカナの看板を掲げるサシミ屋さんが目立ちます。


 バスターミナル近くにはキムパブ(韓国の海苔巻き)屋さん。こんなところで見るとは。


 おとむらいさん関係らしいのですが派手ですね。


 というわけでオチはないのですが一晩お世話になった東勢の画像でした。
コメント