少年倶楽部・旅・絵日記

流離いの・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

卯月

2006-04-30 18:06:12 | 植物
明日から皐月というのに、卯月という花らしい。「かなかな」入り口に咲いていました。

コメント

オレタチにゃあ、ゴールデンウイークなんて・・・

2006-04-29 18:58:34 | 居酒屋&B・C級グルメ
朝からラジオはゴールデンウイークだの、交通情報だのいってますが、年がら年中、盆と正月のような(?)、日々反省・日々勉強・日々是好日の毎日のオレには関係ないッス、というカンジです、・・・が、こころが、ウキウキしてくるのはたしかです。・・・品川ビールってのあるんです、¥400くらいでした。味?、まあまあというとこかな、秋田とか青森とかで造ってるようです。



もうひとつ、昨日、ありました、麦焼酎です。¥1.200でした。



な・なんと、三重県の鈴鹿、清水醸造というとこで、造ってます。味?値段のわりにはNG、匂いが・・・、NG !

コメント (3)

文芸座

2006-04-27 19:14:53 | 絵日記
何年ぶりかで、池袋東口へ、アッと驚くタメゴローでした。文芸座、こうなることは青写真(←古い古い・・)の頃から、知っていたつもりですが、H生がいなくなって、一度も訪ねたことありません、ル・ピリエもなくなったしね。もちろん、文芸座の喫茶店なるものもありません。緒方 拳さんの書いたあの看板、どこに、いったんだろう??・・・文芸座、跡形もなく大きなパチンコ屋になっていました。



よく見ると、ビルの3Fかなんかに、新文芸座として、残ってるようです。丁度、昼の入れ替え時か、ジイさんたちが、何人か・・・、



入り口右手、近日上映のポスター、



左側には、往年の映画のポスター、



若かりし頃、オールナイトでなんどか、名画?、観たものです、アンパン食べながら・・・。当時、任侠映画かなんかで、ケンさんや鶴田浩二が殴りこみにいくときなんか、客席から、何人もの、「よーし !」とか、「そうだ !」「意義なーし !」とかの声があがったものでした。それから何年か経って、文芸座の喫茶店できました。イノチャンやH生のつくる、大オムライス、美味しかったなあ・・・、三角寛さん直伝の梅酒、美味しかったなあ・・・、青春(?)の何頁かがあったなあ、と想い出にふけるまもなく、またまた驚くタメゴローです。アウトドアのディスカウント、SRSのなくなっていました、裏の線路沿いの通り、公園もきれいに整備されていました。変化は美しい !!

コメント

つつじまつり・2

2006-04-27 17:51:07 | 絵日記
こういうところ、実は屋台が面白いのだけど、天気は悪い、人出はない、今日27日の雨を予想して、すでにブルーシートかけて、テキヤもいない、寂しいおまつりでした。植木屋もパアッとしません、つつじ、ばっか・・・。



屋台、







駒込稲荷だって、・・・あるの知りませんでした。稲荷前のキツネ、なんだか気味悪かったなぁ・・・。



これ、雑誌やなんかでよく使うところ、鳥居です。





裏門の日医大側、病院前。



こっちは不忍通り側。



なんか、パアッとしない「つつじまつり」でした。天気さえよけりゃあ、ね。
きょうも、だめだったと思うんだがぁー・・・。
コメント

つつじまつり・1

2006-04-27 17:18:03 | 絵日記
根津神社で「つつじまつり」やってます。http://www.nedujinja.or.jp/
千代田線根津駅徒歩5分です。なぜか、小生が行くときは、天気の良くないときばかりです。去年はドシャ降りにあいました。唐門の軒先で、雨宿りでした。今年はうすら寒いので、つつじ、遅れてるらしいです。綱吉を祀ったお宮らしいです、隣りに駒込稲荷があって、お宮と同居、珍しいんじゃないかなぁ、・・・豊川稲荷はお寺と同居です。まずは楼門



ヒラビの午後3時頃、爺さん婆さんばかりです。人出は少ない。楼門横のつつじ苑



社殿、キンキラキンです。





ネッ !! ツツジおそいでしょ !!




コメント

ブルーベリー

2006-04-24 23:40:39 | 植物
先日は失礼しやした、ブルーベリー、花だと思いきや、蕾でした。今朝、気がついたのです、花はこれ↓です。



ことしは、花がいっぱいついています。夏頃には甘酸っぱい、実が食べられるかも・・、と、思いながら、写真撮ってると、木立性のなんとかベリーに蓑虫のようなのが・・、手でやさしく引っ張ると、じぶんの吐いた糸をたどって上って行きます。芽を食べるのかなあ、・・・



いっちょまえに、牙のようなもの、あるね !




全体で2cmにもみたない、小さいものでした。蓑虫のコート、バッグ、帯、作るのって、大変なんだなあ・・・。・・この小枝、どこで調達したんだろう???
コメント (6)

新宿駅南口

2006-04-23 19:30:25 | 乗り物&駅舎
昨日、用が足りなかったので、西口ヨドバシヘ。13:05発鬼怒川温泉行きに時間を合わせて、ウチを出る。・・・車輌が見たかったのです。3番線です。







残念ながら、JR車輌でした、他の「スペーシア・きぬがわ」は東武車輌なんですが・・・。塗装はスペーシア仕様です。小田急も沼津まで行きますが、この東武、どうやら、栗橋あたりで、宇都宮線から東武日光線に入るみたいです。鬼怒川温泉まで、約2時間、乗車券¥1、890、特急券¥2、010、計¥3,900、朝7:12の東武日光行きと、10、13、17時台と4本が相互乗り入れをしているようです。浅草から尾瀬に行くのもいいけど、これからの季節、鬼怒川温泉からのトレッキングもいいネ。
・・・おすすめは、栗山町営バスで約2時間、夫婦淵温泉で降りて、そこから、鬼怒川沿いに約1,5時間の山歩き、連休前後の早い春、まだ雪も残ってて、山桜も咲いてない、寒いだろうけど、奥鬼怒温泉の、加仁湯、日光沢、手白沢、・・・もう、サイコーなんだから・・・。手白山のこの辺り、掘ればどこでも、温泉出てきます。5万分の1、2,5万分の1の地図には、無人の温泉マーク(?)、いくつもあり。5月アタマ、イワナ解禁です。6月末だったかなあ、鬼怒川沿いの山道、シャクナゲの群落、それは、素晴らしいものでした・・・。手白沢温泉、知る人ぞ知る、秘湯です。露天の白い湯、それを囲むように、芽吹いた木々、花をつけた山野草・・・、木造の宿、(残念ながら、新しく建替えたものもある)、5ブラボーです。・・・だれか、一緒にいきませんかあ・・・。
 想いはいつしか、手白沢に行ってしまいました。
この15日まる一日、埼京線・湘南ライン、中央線etc、止めて造った、新しい新宿南口の改札です。



いちばん南というか、代々木よりです。



サザンテラス口というらしいです、仮設のようでした。まあ、西口ヨドバシに行くにはイイケドネ。

・・・ありゃりゃ、H・Pで検索したところ、手白沢、こんなになっちゃったんだぁ・・・!!
http://www5a.biglobe.ne.jp/~Maackii/HTML/teshiro.htm



コメント

天災・バカボン

2006-04-23 01:30:22 | 絵日記
土曜夕、アキバのヨドバシヘ。電気街から通路を新常磐線のほうに抜けると、路上パホーマンス、いい演奏していました。



その一座の奴、と思いきや、たんなるヨッパライのオッサンでした、ポケットビン片手に、コンドルは飛んでいく、に合わせ、オッサンも飛んでいました。

コメント

桃中軒 雲衛門

2006-04-22 01:59:08 | 絵日記
夕方まで時間があるので、地人会や青年座でお馴染みの、宮本 研・作「桃中軒 雲衛門」、桃中軒の墓があるという、近所の天妙國寺へ。大きな寺です。ここ、切られ与三郎とお富、伊藤一刀斎、鶴賀新内、の墓もあるという。



桜が終わったと思ってたら、もう、花水木です。



いきなり、墓を訪ねるのもはばかられ、境内隣の庭を覗いてみました。昨日の嵐に吹き飛ばされた八重桜の花びら。



まだまだ、すばらしい、八重桜です、ふっと、目を先にやると、濃いエンジ色のモクレンの花が・・・。





まわりの木々、葉々のみずみずしさ、に圧倒されました。いよいよご対面と、裏の墓地に行ったところ、あっけなく、ありました、雲衛門の墓 !





この境内に置く、昭和22年建立とあり、よくわかりませんでした。他の墓もそうでした。確かは確かのようですが、寺の人に聞かなきゃあ、ということです、他の墓にしても、そうでした。♪♪♪
コメント (2)

メニュー・2

2006-04-21 02:38:25 | 居酒屋&B・C級グルメ


コメント (4)