地球浪漫紀行☆世界紀行スタッフの旅のお話し

(株)世界紀行・スタッフのブログです。ブログ・タイトル『地球浪漫紀行』は21年前からの弊社ダイレクトメール名です。

パナマ・サンブラス・クナ族・モラ

2011年03月08日 10時00分00秒 | パナマ&モラ


こんにちは、中村です。
2月はパナマの添乗へ行ってきました。

これまで、ブログでも数回紹介をしてきましたが、
今回も、カリブ海のサンブラス諸島を訪ねてきました。
サンブラス諸島には、クナ族というインディヘナが
昔ながらの伝統を守りながら、生活をしています。



特にクナ族が女性が身につけている民族衣装の
ブラウスの腹と背中に縫い付けられてる飾り布である
『モラ』は、本当に素晴らしく、中には完成まで、
一年以上も時間がかかるものもあるのだそうです。



最近は、世界中からこの『モラ』を求めて、
観光客が訪れるようになりました。
私が初めて訪れてから7年ほど経ちますが、
島では、携帯電話が使われるようになったり、
人々の生活も変わってきているように感じます。



そして、子どもの教育などの理由により、島を離れ、
パナマシティで暮すようになっているクナ族も
たくさんいるそうです。



島を訪れると、モラを家の軒先にかけて見せてくれます。











すごいですね…



サンブラス諸島は、設備の整ったリゾートホテルはありませんが、
きれいなビーチを求めて、欧米人も訪れます。



宿泊したロッジの子どもが、桟橋から海へ飛び込み、
ロブスターを取って見せてくれました。
微笑ましいですね。

(中村 亜希子)


『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 奇岩と奇松の大画廊・三清山 | トップ | メール(続き) »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごい! (ankosuta)
2011-03-09 14:36:37
いいなあ。
やっぱりいいなあ。
里帰りしたいわ!!

コメントを投稿

パナマ&モラ」カテゴリの最新記事