地球浪漫紀行☆世界紀行スタッフの旅のお話し

(株)世界紀行・スタッフのブログです。ブログ・タイトル『地球浪漫紀行』は21年前からの弊社ダイレクトメール名です。

スコットランド・イングランドの旅

2011年11月10日 10時46分08秒 | イギリス
たいへん遅くなりましたが、今年も昨年に引き続き、 スコットランドとイングランドに行って参りました。 春のイギリスはとにかく『緑』のイメージです。 イギリスの人たちは、全員が『庭師』といわれるほど、 お庭を美しく、整えています。 どこを訪れても、美しい自然の景色にあふれていて、 自然と穏やかな気持ちになります 元首相・チャーチルさんのお庭。 お庭といってもこちらは湖があったり、 . . . 本文を読む
コメント

コーヒーハウスから始まったチップの習慣

2011年06月14日 20時26分27秒 | イギリス
私たちには馴染みのない習慣ですが、 欧米に出かけると意識せざるを得ないのがチップです。 ホテルの枕銭(ピローチップ)から、ウェイターに渡すチップ。 そのチップの習慣は一体どこから来たのでしょうか。 それはイギリスのコーヒーハウスから始まったのです。 現在はチップを最後に払いますが、当時は先払い。 払った順にウェイターがサービスをするという仕組みでした。 イギリスといえば紅茶が有名ですが、18 . . . 本文を読む
コメント

イギリスでのお話~クリームティー~

2011年05月07日 10時00分00秒 | イギリス
初めまして。4月に入社いたしました梅津和香子と申します。 何卒よろしくお願いいたします。 好きなことは食べることと飲むことです。 これから、世界各地の食べ物、飲み物に出会えるのをとても楽しみにしています。 私はイギリスの南部のボーンマスという街に1年近く滞在していました。 今日はそのときのお話をさせていただきます。 イギリスといえば、「食べ物がおいしくない」が、みなさんの印象ではないでしょう . . . 本文を読む
コメント (1)

コレクターの街・ロンドン

2011年05月03日 10時00分48秒 | イギリス
お久しぶりです。川崎です。 2月にロンドン滞在のツアーに行ってきました(今さらですが...)。 もちろん世界有数の観光地としてすでに訪れた方も多くいらっしゃるかと思います。 滞在型のツアーですので、ゆったりとロンドンに5連泊して、 かなり時間にゆとりを持って市内観光をすることが出来ました。 その中で最も個人的に楽しみだったのが、 大英博物館に保管される「雄牛を屠るミトラの像」です。 ペルシ . . . 本文を読む
コメント

ミステリアスなロスリン礼拝堂

2011年02月17日 15時53分36秒 | イギリス
(ロスリンのグリーンマン) 聖マタイに捧げられたゴシック様式のロスリン礼拝堂は 45年の歳月をかけて1446年にエジンバラ郊外に建てられました。 この礼拝堂は、通常の教会では見られない装飾に溢れています。 特に植物に覆われた顔面像「グリーンマン」と呼ばれる ケルト時代の豊穣の恵みのシンボルがなんと100以上も施され、 逆さ吊りにされたルシファー、角の生えたモーゼ、 フリーメーソンのシンボルと . . . 本文を読む
コメント

イギリス・ロマネスクの旅

2011年01月28日 13時45分31秒 | イギリス
(ダーラム大聖堂) 歴史の宝庫・イギリスには、実は数多くのロマネスク教会も残されていることは 意外と知られていません。 ストーンヘンジ、ハドリアヌスの城壁といった古代の遺構や、 各地に点在する王室ゆかりの建物、ハーフティンバーの町並みや、 藁ぶき屋根の田園風景といったイメージが強いイギリスの、 隠れた魅力が田舎にひっそりと佇む独特な雰囲気のロマネスク教会建築です。 ロマネスク後に登場し、ヨー . . . 本文を読む
コメント

石は語る~ロスリン礼拝堂の秘密

2010年01月20日 20時46分11秒 | イギリス
聖マタイに捧げられたゴシック様式のロスリン礼拝堂は ウィリアム・シンクレア伯爵によって1446年に建てられました。 スコットランドの首都・エディンバラの南西約10kmに位置し、 現在に至るまで世界中から多くの巡礼者が訪れています。 十字型の内陣中央に高い塔を戴き、シンプルな建築物ですが、 未完のまま現在に至っています。 この礼拝堂を建てたウィリアム伯爵は、シンクレア家で 最後のオークニー伯を . . . 本文を読む
コメント

コッツウォルズの村々

2009年07月06日 20時25分26秒 | イギリス
こんにちは 佐々木です。 英国の旅で最も人気のある観光地のひとつコッツウォルズ地方。 緑のなだらかな丘陵の中に、絵本から抜け出たような蜂蜜色の村々が点在しています。 6月はお花もきれいでした。 11・12世紀にかけて英国経済をささえた輸出品は羊毛でした。 コッツウォルズ丘陵でもたくさんの羊が飼育されて、 世界で最高の品質とされる羊毛を生産し続けました。 この羊毛を輸入して、上質な . . . 本文を読む
コメント

南西イングランド コーンウォール州

2009年06月25日 19時34分00秒 | イギリス
こんにちは 佐々木です。 ごぶさたしておりました。 先日、スコットランド・イングランドの旅から帰国しました。 今日は、南西コーンウォール州のセントマイケルズ・マウントで行われていた 地方色豊かなお祭りの様子をお届けします。 ローマの城壁が残るエクセターから約3時間30分、 セントマイケルズ・マウントは、マウント湾に浮かぶ英国のモンサンミシェルです。 かつて桂冠詩人のジョン・ベッジュマ . . . 本文を読む
コメント

ハイランド地方・ストラスブラン渓谷

2009年03月24日 18時47分17秒 | イギリス
こんにちは、佐々木です。 昨日の続きで今日の紹介はスコットランドです。 今回のイギリスの旅では、途中に2回ローカル鉄道の旅を加えました。 1回目は湖水地方からスコットランドへ抜ける移動です。 バスの移動とはまた違う間近に迫る景色をお楽しみください。 2回目が、英国の旅行誌で「英国で最も素晴らしい景観路線」に選ばれた ハイランド地方のストラスブラン渓谷を行く列車の旅です。 バスが通れない渓谷で . . . 本文を読む
コメント