GOKU LOOZE BLOG

様々な日々の出来事を。

アラフォー極<goku>の極めて自己主義的なダイアリー。

Cruel device

2018-04-05 12:50:02 | pickup



俺はこれで食う ケリを付けに行く
死ねてないだけ miss takeをいずれ
胸張って言いたい 生きてるっていいぜって



Made my day/唾奇 × Sweet William
https://youtu.be/9BShhGpBCa0



まだまだ寒い日々だった某日


この頃の俺はマッチングアプリ「タップル」で知り合った物件達と、アポの日々を過ごしていた


しかしながら、アポする物件達の微妙さに思い悩んでいた

俺にはこの位のレベルというか、この程度のスペックの女性がマッチングするんだなぁ


と、しみじみと感じていた


正直、セックス出来れば何でもいいんだけど

ただ時間とお金を消費するにあたって、果たしてそれが妥当なのかどうかがネックとなる


今回の物件もその考えからいくと、スルーが妥当な判断かも

そんな事を悩みながらのアポ調整となった


というわけで、まずは物件のスペックから


25歳の接客業で、高身長

ネットでの絡みはとても人懐っこい感じで

LINEのアイコンも猫や犬のsnow画像で、何度も編集されている模様


ただ少し不思議系、もしくはネトナンの闇女子的な

要するにメンヘラチックなニュアンスも感じた

それは、コメントの節々に漂う無機質な返信や短文などで感じ取る事が出来た


ある問いかけには甘えたような返信だったり、またはとても冷たい感じだったりと波がある

顔の方は加工バチバチな感じで目の加工に力を入れているようだ

恐らく目にコンプレックスがあるのだろう

(ちなみに今回の記事の為に撮影した写真が全て手違いにより削除してしまったので、類似画像でイメージをして頂きたい)


これは本人ではないのだが、配信サイトでたまたま似ている配信者がいたので貼ってみた(ちなみにこれは静止画像)


この感じで尚且つsnow加工のLINE画像をイメージして頂けたら良いと思う

好みはあると思うが、俺的には加工具合を見てマイナス点を差っ引いて許容範囲ギリギリ


そして、物件との絡み具合もオッケーラインギリギリ

なんせ、まるで相手の事を掴めてない状況

ゲットの雰囲気にはまだ届いていないし、その気があるのかないのかわからない

ましてやメンヘラ気味である可能性が高いので、更に理解不能

スルー案件…


でもブログのネタにしたい

その意思だけをもってアポへと



あいにくだが、日程が決まってしまう 笑

午後から空いた時間に食事で確定

その後はいつものように車内で判断するとした


そして当日


とある店舗の駐車場で待ち合わせ

お昼に合わせて11時頃に先に俺が到着した

物件にも確認の為LINEを送ってみたが既読が付かないので通話してみることに

とりあえず繋がったのであれやこれやと話してる内に

「やばっ」

と言う物件の声が聞こえて、すぐに通話終了となった


なんかおかしいと思い、もう一度掛けてみるが繋がらない

仕方なく駐車場で待っていた



その後、30分くらい予定より遅れてだが、無事に物件のクルマが見えた

意外にもゴツめのクルマなのですぐにわかった


LINEで着いたと通知が来て俺がクルマに近寄る


窓越しから見えた物件は、ムスッとした感じの表情で

元々そういう顔なのか、何か苛立っているのか理解出来ないので聞いてみたら


「パトカーに捕まった」


顔を伏し目がちでそう言った

そう、俺とLINE通話している最中に張り込んでいたパトカーに見つかったのだ

最悪とか、もう嫌だ、とかすごく落ち込んでる

そりゃそうだ

出会い系の男性に会いにいく途中に捕まるとか、テンションが地の果てまで落ちるだろう

これには俺も多少罪悪感を感じたので、とりあえず謝った


何とか、「もういいよ、ご飯行きましょう」

と言ってもらえるまでには持ってこれたが非常に気まずいスタート

それは相手もそうだが、それと同じように俺も色々な意味で気まずい

なぜなら、実際の物件の感じがこんな感じだった


これは先程の配信者の動画の画像なのだが、加工がないとこういう破壊力を持っているのだ


俺の通話のせいで物件が罰金と減点を食らう羽目になり、それプラス俺は加工マジックのせいでテンションガタ落ち

両者、非常に重苦しい雰囲気の中お店へと向かう


しかし、この重い空気を打破するには俺には会話するしかない

とにかく、喋って空気を変えようとした


10分後

お店に到着する頃には、ややマシになった物件

それでも、ムスッとした感じ

まあ飯でも食えばどうにかなるかも、と流れに任せて入店


そこには、トマトラーメンがあるので一度行ってみたかったお店


席に着き、まだグチグチ言っている物件に少しイラついてきた俺

話を変えようと、物件の仕事について聞いてみた

すると自分の事を聞いて欲しかったのか、色々と話し出した


職場は割と高級な飲食店

めっちゃ高そうなワインの画像を見せてくれた

そして仕事に誇りを持って働いているという


なるほど

承認欲求が強いみたいだな、と感じた

尚且つプライドが高いのか、自分頑張ってます的なイメージを言いたがる


その流れで俺の仕事についても話してみるも、全く興味がない返答っぷり


やっぱりこれは、かまってちゃん体質な物件だと思った

そしてトマトラーメン登場


期待の割に普通だった

麺が食べ終わったら、次はスープにご飯投入でリゾットタイム

この発想はテンション上がる

イタリアンとしてもありだが、リゾットはもっとドロっとした方が好きな俺には物足りなかった



で、話の続きだが、かまってちゃん物件の内面を掘り下げていくものの何も掴めず空振りな俺

よくわからない

次第に疑問が苛立ちへと変わっていく

一歩下がって考えても、この顔のスペックでかまってちゃん的なアプローチされてもいい結果は出ない

そのくせというか、俺のアプローチにも引っかからない

実力不足といえばそれまでだが、無理してまでゲットしようとは到底思えない


俺の思考回路がクラッシュしていくようだ

お店を出て、車内で恋愛についてトーク


ここで、物件の過去の事情を聞いた


物件は以前からマッチングアプリを多用していて、何度か男性と合っては別れを繰り返していたらしい

そして、俺と絡む前にタップルですごくタイプな男性とマッチングして遊んでいたという


おしゃれな雰囲気イケメンで、この人以外にはマッチングしないぐらい好きだったという

でも、やる事やったらあっさりとブロックされたとのことだ


そして、またマッチングアプリを多用する日々が続いている



簡単に言えば、ブスなくせに面食い

勘違いだった良い出会いを引きずって、不満や上手くいかない現状に押しつぶされそうになっている

それが顔の表情にも、会話にも出てる


ホント申し訳ないが、捕まったのも本人の不注意だしそれを初見である俺にぶつける事自体間違っている

もちろん俺の男性としてのスペックが低いのも原因だと思うが、性格がブスは、顔面のブスより遥かに下だと気づいて欲しい


という意見をオブラートに包んで物件に話していると、みるみる内に本性が露わになってきた


言葉使いも荒くなり、うるせーだの、投げつける様なモノの言い方になり、店内の客に聞こえるくらい大声で会話している

これ以上会話してもイライラが増すだけなので退散


帰りの車内で、窓の外を見てこちらを向かない物件に対して、半ば投げやりにでも即が出来ないかどうか試してみる


太ももを触ったり、指を触ったりしてもことごとく払いのけられる始末

終始ムスッとしたままで駐車場にて放流


といった感じで、お昼を食べて午後なのだが時間がまだ余っている


まだイケる

近場の物件を探して、セックスをしよう

思い立ったら吉日ということで、スマホ片手に即席アポの準備に取り掛かった







ということで今回はここまで

ちょっと文章が長々となってしまったので、続きは次回


ちなみに、このかまってちゃん物件の最後のLINEは

「やっぱり無理っすわ」

と言い残しブロックされた


そして、物件はすぐさま退会していたはずの「タップル」に、新たなsnow加工ガチガチのプロフ画像で

「初めまして」

を繰り返していくのであった







では、また

ツイッターフォローは↓
http://twitter.com/kyokugen2016


節約ナンパ生活
goku's diary





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Menstruation

2018-03-08 10:33:35 | pickup



Bitch you! Get you! 通り魔中年 おっさん連中
年中臨終 リストラ中でガスト永住


マキシマム ザ ホルモン / チューチュー ラブリー ムニムニ ムラムラ プリンプリン ボロン ヌルル レロレロ


某日

この日は、昼アポで

マッチングアプリで知り合った22歳の物件

アプリでのプロフ画像はsnowでキャラっぽいやつ


そして、アプリではあまり絡んではくれなかったのだがすんなりとLINE移行

LINEのアイコンはコスプレだった


その後も、ゆるい絡み

おはよーとか、おつかれみたいなやつ


んで
アポの一週間くらい前にアポ打診すると、これまたすんなりオッケー

その他の女性にもアポ打診したけど、予定が合わずで結局はこの物件に決定した

流れのままに進行しただけのようだが、コスプレ画像が少しだけ気になっていたので会う価値はあるのかも

容姿の方はなんとなく普通って感じ

綺麗で可愛いコスプレイヤーとは程遠いが、別に悪いわけではない


そんな感じで浅い絡みだけで当日を迎える



某駐車場にてお昼に無事合流

物件のクルマを見つけて声をかける

ん?


コスプレ画像とは全然違う女の子がいるが


しかし、物件は普通に

「極さん?」

と窓を開けた


こちらも挨拶して、顔面を見ると完全なるすっぴん

ちょっとびっくりしたが、俺のクルマへ呼び込む


お昼ご飯を食べに行こうって約束してたので、とりあえず目当てのお店まで走らせる


そして、車内ではまず俺から「すっぴんだよね」

と苦笑まじりの問いかけ


「うん、時間なかったから」

と物件も苦笑で返答する


変わった子だなと思った

誰かに似てると思って考えたら、
配信者の「ことか」のすっぴんに少し似てる

肌荒れがあるけど、白肌で顔もめっちゃ小さい

身長は低めで、細い体型

パーツパーツは悪くないのだが、すっぴんだけあって部屋からぱっと出てきた感が否めない

この神経が俺には理解出来ない
(たまにおれもやらかすが)

でも、ネットでの絡みとは裏腹に、すごく素直で明るい雰囲気


ネトナンにたまにいるコミュ障で返答もボソってやつではない

なので普通に会話は出来る

会話も弾み、目的地に到着


お気に入りのカフェへ


カツサンドやパンケーキを頼んで、美味しくいただく

そして深いコクのあるコーヒーを飲んで至福を感じる


物件も細いけどパクパク食べて満足そう

なんかとても好感度が高い女の子


なのだが、やっぱりすっぴんでトータル的に女子力が低い


もったいないよ


と俺が一言


軽いダメ出しだけど、気になるところを指摘してみた


すると物件もわかってはいるけど、色々と訳があって

こうなんだと真剣に答える


家庭の事情があまり良くないらしい

簡単に言えば、親がだらしない


家計や両親、身内のお世話まで押し付けられているっぽいのだ

そうなると、少し八方塞がり的な状況になる

離れるにも離れられず、仕事も販売系なので決して自立出来ない給料ではないのだが両親をほっとけないと言う


ここでたらればを言っても仕方ないので、俺は物件の魅力について語った

そうやって応援する事で女性としてのモチベーションを上げてもらいたかったから

別に俺は営業マンではないし、勧誘でもないのだが本気でそう思ったまでだ

前述のことかもメイクをバッチリ決めればこうなるし

服装やスキンケア、そして食事からの栄養など様々な手段を駆使して自分を上げていくべきだ

物件にそう訴えかけた


頑張ってみるよ


そう言って少しだけ笑顔で頷いた


一番身近な「家族」というものに束縛されて大事な時間を奪われるのはあまりにももったいない

もちろん大事にするのはとても関心すべき事だ


だが、自分をもっと大切にしないと負の連鎖が始まってしまう

辛い状況でも輝いている人達を見ると、こちらも勇気や希望が貰えたりする

やはり目的を持って生きるって事が非常に重要で

そこに向かって自分を高めていくべきだ


それが俺にとってはエロなのだ





そんなわけで、物件をゲットすべくお店を出て次なる目的へとクルマを走らせる

さりげなく物件にタッチしながら反応を見る

全然嫌がらないので、太ももに手を置く


そして、「どこ行く?」ってあれやこれと言って最後に「ラブホ行く?」と聞く

お約束の「なんでー?」ってなるやつを敢行して行き先を強引に決定させる


もうそこでダメな反応ならそのままお帰りでいい

でも全く嫌なそぶりがないのでラブホへ


で、
安めのラブホへ行くも高い部屋しか空いていない

そこでクルマでのゲットに変更することに


俺のお気に入りの場所へ向かう

人気のない空き地へ着き物件とキスして、パイを揉み下へ手を伸ばすと


ダメ



グダ?

ではなく生理で


さすがにクルマを汚すわけにはいかない


早く言ってくれよと思いつつ、ならばお口でと頼む

あまり上手くないので、途中で強行突破で挿入しようと考えたがやめた


物件の方もやりたがってる様子で、お風呂なら出来たのにと愚痴られる


仕方なくそこで切り上げた

そして、帰りの車内でこれからも夢を持って頑張ってな

と物件に告げた

そして、今後も絡んで行くので経過を知らせてくれとお願いした



もちろん色々な意味で援助はして行きたいが、めんどくさくなりそうなので程々にしておこうと思う


無論、この子に限らずだが、

世の中にエロい女子が増える事を心から願っている




車内でひとり、そんな事を考えていた



その時に先ほどの物件の、女性の日特有のあの匂いが車内に充満している事に気づく


慌てて窓を全開にして、極寒の冬の風を車内に送り込む



それと同時に思考が切り替わり

またいつもの平凡な日常へと戻って行くのであった




では、また



ツイッターフォローは↓
http://twitter.com/kyokugen2016


節約ナンパ生活
goku's diary
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Casually

2018-02-15 13:36:02 | pickup

「アブノーマルが足りない」加速する
雨上がりの街の中で まだ探してる
飛び交う色彩と時間の中
またwarpしてexplosions


アルカラ/アブノーマルが足りない
https://t.co/p2hOyEw5Sc



さて、2月

この時期のエロ活動は、もっぱら「アポ」やら「ネトナン」やらの消極的活動に留まってしまうのが通常なのだが


昨年末から年始にかけて、自分的に意欲的に動いていたので記録用までに記事としておく

とは言うものの、いつもと何も変わらないけど




某日

年末、短時間スト

寒さが厳しいが、仕事の空き時間利用で

駅、ドンキ、イオンのルート

この日のターゲット絞りは可愛い女性のみ

理由は可愛い子と絡むと精神的に良いので


故に、ゲットなんか考えには無い

ただ会話するだけで気分が上がる

こういう考え方もありだと俺は思っている


しかし、そんな可愛い子なかなかいる訳でもなく

彷徨うだけで時間は過ぎていく

2周目の駅で、やっとバス待ちの若い子を見つける

バス待ちだし、暇つぶしに声かけてみると超絶に可愛い子だった

なんちゃら48系のセンターでもいけそうな感じ

19歳の学生で、これからバイトへ行くらしい

時間まで5分程あったので会話を繋ぐ


普通なら驚いてドン引きするなり、ガン無視なんだけど

明るく懸命に絡んでくれている

こういう可愛い女性は、性格も可愛い場合が多々ある

きっと素敵ないい男性が周りにいるだろうし、これから先の仕事や友達関係もうまく進んでいくのだろう

美人は徳とはこういう事だ


時間が来て、見送ってこの日は終了
滞在は1時間程




別の2018年、某日

休みの日に3時間くらい昼スト

昼ごはん食べてから駅、ドンキのルート


この日は後日に繋げていけるようにターゲットはやや範囲を広げて挑む

しかし駅がダメなので、ドンキへ向かう

学生らしき女性が多い


やたらと食材を買い込んでチャリへ積んでいる子が目に付く

なので駐輪場的なところをぶらぶらしながら、待っていたら両手に袋でゆさゆさと歩いている子を発見


見た目は普通の学生さん

ここは良い人ぶって絡んでいこうと思い近づく


「重そうだね」


そう言ってチャリのカゴへ荷物を入れてあげた

そこから話を繋げていくとやはり一人暮らしの学生だった

色々な食材を買っていたのだが、お菓子やら菓子パンやらとカロリーも栄養も考えてないものばかり

女の子の体型も決して細いとは言えない

顔的には痩せてメイク決めたら結構イケてるのに勿体ない感じ

まぁ、でもこの子にはこの子なりの生活リズムがあって周りの環境もあるだろうし


でも、綺麗になるともっと楽しいよ


とだけ伝えておいた

そしたら、

「どうやったら綺麗になれるのかなぁ」

と女の子は言っていた


やはり綺麗になるには、自分の事を知ることと
綺麗な人達と一緒にいる事が大事

と、アドバイス

まだこの意味をちゃんと理解は出来ないかもしれない

大事な勉強もあるし、夢に向かう気持ちが最優先だから

でも、その反面モチベを上げる意味でも女子力あげていく事で、より本線が充実する事を理解している人達がいるのもリアル


まぁ、とにかく頑張ってねと言って見送り、また駅へ

で、

3階の待合へ行くと一際目を引く若い子

韓国アイドル系の雰囲気

ちょっと声かけは無理っぽいのでやめておきたいところ

俺の韓国系女子の印象が、やたら強気な性格って印象なのでいつも3歩くらい引いてしまう

でも、わりとじっくり座って待っているようなので暇つぶしに声かけ

「待ち合わせ?」からの女の子の見上げる顔

綺麗な顔でメイクもバッチリ決めている


しかし眼差しが怖い

「韓国のアーティストみたいやな」

「あぁ、好きですね」

からの

頑張って、韓国のアーティストの話を振って、共通点を作る

知っている限りのアーティスト情報を武器に会話

そうやっていると、だんだんと普通に会話出来るようになり、女の子の方から好きなアーティストの事を話してくる

携帯に入っている音楽をイヤホンで聴かせてもらう

先程より距離が近くなり、笑顔が見えた


もちろん本当はこの子とLINE交換して繋がってみたいとは思ったが、聞いても無理だと思った

自分の許容範囲というものを超えてしまっている

無理なのだ

レベルが違うのだ


俺には倒せない敵のような物でクリアは出来ない

そこは肝に命じておかないと


そう思い、お礼を言って席を立つ


そしてまた外に出て、考え直した

いくら可愛い子と絡んだって、結局は無理なのだと


自分のターゲットをもう一度見つけるのだ、と

そして、グルグルと駅周辺を徘徊する


また3階の待合にターゲットが

今回は俺相応のターゲット

ちょっとタヌキ顔のぶさかわ系

すっと横に座り、声かけ

名古屋から来た学生の子だった


地元じゃないけど、津の友達と遊ぶらしい

さっきの子とは違い最初から、楽しく明るい雰囲気

やはり落ち着く


しばらく時間あったので、色々話してLINE交換しようかと打診

でも地元じゃないし、なかなか来ないのでって事で断念


仕方なく席を立つ


少しウロウロしてたが、何も無い

そして、今日はもう終わりにしようと外へ向かう



すると、さっきの女の子が友達を待っているのかロータリーにいる

そこに車が到着して合流のようだ


それを見ていた俺に気がつき、女の子は軽く手を振ってくれていた

小さく手を挙げて俺もこの日は帰った





別の某日

所用で外出の途中にドンキへ

この日はそんなにストる気もなかったが、なんとなく声かけ出来ればと思っていた

地蔵の期間が長くなればなるほど、感が鈍ってしまうので

買い物がてらにナンパ練習


とは言っても、店内の声かけは、やはり勇気が必要

そんな呑気な心構えでは結果は出ない

そして、せっかく勇気を出して声をかけるんだから、それなりに納得のいく女の子を見つけないと勿体ない

店内を見回しても、そこそこはターゲットはいるものの声をかけようとまでは行かない


とりあえず必要なものを買ってレジへ向かう

その後もまた店内を歩く

そこに、インパクト大のターゲット


ゆるゆるモヘアニットで黒髪の超美人が

このレベルの子はここ近年では、拝見した事がないくらいだこんな感じで、韓国のパクハソン的な美女


俺の目が釘付けになっている時に目が合ってしまった

これはナンパとかそんな問題じゃなく、記念として心に留めておこう

そう思って、帰り仕度


でも、

外で最後にもう一度あの子を見てみようと待っていた

もう、一生見れないもんだし


そこへ買い物終えた彼女が出てきたのだが、またも釘付けな俺と目が合ってしまう

あーいう美女達は視線に敏感なのだろうか

常に熱い眼差しを感じて生きているのだろう

男性達の心を見抜いているかの様に


でも、今日は良いものが見れたと思いクルマを出したのだが、一つ買い忘れがあったので近くの百均へと舞い戻る事に

そこで買い忘れのバッテリーを買って、レジに並ぶとそこにさっきの美女が並んでいた


一人で勝手にドキドキして並んで、帰り際に思い切って声をかけた


「パクハソンさんにそっくりですね」

「え?誰かわからんけど、ありがとう」


止まってくれたのでその場で画像検索して見せる


「ね?似てるでしょ」


そこから、会話に持っていく

21の学生だった

意外にも学生

まぁでもよく見ると、顔がまだ子供の部分もある

そして、何回も見入ってしまってた事を告げると

やはり、向こうもわかっていたらしい


後、最近彼氏と別れたという事でフリーだった

これからまた新たな恋愛を見つけて頑張っていこうね

そう言って見送った


まだ運転が下手な様だったのでバックを誘導してあげたら、後輪で俺の足を踏みつぶしかけ、笑っていた


なんか知らないが楽しい気分でこの日は終わった

そして見送りばかりしている自分に苦笑した


てなわけで、一見楽しそうに感じたかもしれないが、

その時の自分は相当落ち込んで、もうやめようとか思っていたりする

やはり手の届かないものが欲しいし、自分の置かれている位置にも不満というか納得はしていない


そう言う意味では、このような日々の経験が自分を上げる要因となっているのだと思う

モテる為のロジックはたくさんあるけど、自分なりに経験して感じてインプット、アウトプットしていくものかもしれない

答えは簡単には出てこなくて、何回も間違えて消しゴムで消して紙が破れるくらいまでしてやっと解答出来る

まだ回答用紙は空欄だらけだけれど、ひとつひとつ埋めていけると思っている


でも、満点なんていらない

自分が納得する点数でいい


だって人生に合格、不合格なんてないのだから



ではまた






ツイッターフォローは↓
http://twitter.com/kyokugen2016


節約ナンパ生活
goku's diary
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

極のコラム

2018-02-01 09:59:08 | コラム


自分の思いを書き綴り、不特定多数の人に今の考えを 「無理やり」 インプットさせたい

と思ったので、今回は強引にコラムで



早速、議題トーク

「今年の目標」



と言うわけで、俺は2018年どういう目標を持って前に進むべきなのかを考える


とりあえず2017年の極的活動内容は


ナンパ、節約生活、基礎体力作り


この3点に集中した1年であった


ざっくりしているけど、基本的にこれだけでも相当濃い内容となった2017年


そこにプライベートな事や仕事などがプラスされてくるので活動としては自分なりに頑張ったほうと言える


それと、俺はどういう性格というか、どういう人間なのかを把握するという事が多少なりとも感じ取れたとも言える


なぜなら目標を持って1年間過ごすという事は、嫌でも自分を見つめ直さないといけないから

目標達成の為に、修正や改心を余儀なくされる

もちろん妥協もしてきたけど、その妥協でさえ今後の課題として残るわけで


目標=覚悟と認識した方がいいのかも


てか、そんな大層なものでもないけど、自分の中である意味「革命」を起こしていかないと先には進めない


さて、2018年の自分革命は起きるのか

という事になるのだが、


元々の継続目標である、節約生活、基礎体力つくり、ナンパは変わらないとして

その内容の濃密度を上げる事は必要かもしれない


一番に感じるのは、

筋力アップと減量


このバルクアップとダイエットのコンテンツは相違はするが魅力的ではある

現在は課金するわけでもなく、漠然と筋トレやジョギングをしているだけ

弄りがいのある未開の地だ


ここに明確な目標設定を置いて、一年後の自分の体の変化を楽しむのも良いし、モテ要素は跳ね上がる

それに伴ってだが、食の見直しも検討せざるを得ない

カロリー制限や脂質、糖質制限もさる事ながら、食品に対する知識や課金も必要となるであろう

その為の資金は節約生活での貯蓄に頼るしかないのだが


で、またしても

そこに繋がるのが

節約生活

になってくる


現時点での節約内容はけっこうタイトなスケジュールではある(俺的には)

まだここから削るとなると今以上に、切迫した生活となりメンタル的にヤバい



という事は、収入を増やすという事が不可欠となる

今回の節約生活の中で、大いに手助けをしてもらっている、転売サイトやポイント交換サイト

こちらの収入はバラバラで数千円から一万円程度の間

と考えても、ないよりマシな感じで、生活を一変出来るほどの成果は出ない

まぁ、あくまでお小遣い制の範囲での話なので

今後自分の仕事の収入が上がればもしかしたら月々のお小遣いも上がる可能性はある、とはいうもののしがないサラリーマン

この呪縛から逃れる事は余程の革命を起こさない限り有り得ないだろう

収入アップに関しては「身の程を知れ」という事か…





そんなネガティブな考えよりも、さらにポジティブな生き方を見たほうが明らかに楽しい

今ある現状でもっと楽しく、熱く生きたいと思う

その為のブログ執筆でもある


その前に俺のブログは

ナンパブログというカテゴリーではあるが、俺にとってのナンパとは、 俗に言うナンパとはかなりの差と超えられない壁がある


一般的なナンパブログとは、どれだけのナンパスキルを持ってどれだけの女性とセックスをするか

を記録していくものであるが、俺のブログにはその要素がほとんどない

実際のゲット数も昨年なんて片手程ではないかと思う

また、ストで声をかけてそのままゲットしてしまうとか、後日改めてゲットなども数少ない

あるとすれば

ネットナンパでの出来事がたまにある程度

そもそも俺のピークなんてとうの昔に終わってる

ましてや既婚者という最大レベルのハードルも持っている身だし



なのに

なぜナンパブログとして活動するのか?



答えは

自分を奮い立たせるツールのひとつとしてナンパがあった


ある意味、強引にナンパのフィールドに自分を立たせて

その過程の中で自分を成長させ、熱い感情や刺激的な感情などの非日常的な生き方をシミュレートする

要するに趣味の一環と言えばわかりやすい


ただ、最小限のナンパスキルは持っているつもりなので運が良ければゲットも出来てしまうのもある

てことは

総合的に考えて、趣味として成立している


俺は生きがいとしての趣味は持てているという事になる


ただ現時点では成立しているが、近い将来に崩壊する恐れもある

ハイリスクでもあるし、ましてや趣味としての寿命が極端に短い


それを踏まえて今後の趣味として何かを見つけないといけない時期にきている

とは言うものの、これ以上に刺激のある趣味などあるのかというと疑問だし、エロとは一生付き合う事になる


色々ひっくるめて考えた結果は、

カッコいいエロお金持ちのオッちゃん


という誰しもがそう思うであろうシンプルな目標を掲げて

2018年もダッシュで駆け抜けていく!










かも




ツイッターフォローは↓
http://twitter.com/kyokugen2016


節約ナンパ生活
goku's diary
























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

覚悟の笑み

2018-01-31 09:20:39 | pickup

溶け合ってしまえばいいさ
君だってそうなのさ

溶け合ってしまえばいいさ
君だってそうなのさ、最初から


ポルカドットスティングレイ / シンクロニシカ
https://youtu.be/S5st_BGFpLI


某日



この日は、以前ストで連絡交換したアラサー物件との夜アポ

仕事が終わり、その足で待ち合わせ場所のパチンコ店に向かう

年末の慌ただしさの隙間を掻い潜っての今回のアポは

2017年の最終アポ

絶対にゲットして終わらせる

何故なら、終わり良ければ全て良し

と言う言葉が単純に好きだから


その言葉を頭の中で繰り返し唱えながら、クルマを走らせた


ところで物件についての情報は


胸が大きい

のわりに細身

32歳



それ以外については特に語ることはない

誰か似ている人がいるとすれば、中島美嘉のすっぴんに似ている

この事については個人的な好みや思想があるので、あまり触れないでおこうと思う


まぁ、要するに巨乳だったのでって言う事だ

後は、メールや通話でのやり取りがスムーズに進んだし、一番大きい事はお互いの都合が合ったということかも知れない

たまたま空いていた日にアポの打診をしてそれが、相手に承諾されたというだけだ


と言うわけで、待ち合わせ場所に到着

物件の車を発見して、声をかける

そしてクルマに乗せて目的地のカラオケに向かう


あっという間にカラオケについて、和む間もなく部屋に入った

席に着き、隣同士で座る

物件の顔を見ると終始笑顔で、この時うっすらと勝機を感じた


で、フードやドリンクを頼み、あれやこれやと会話

そのトークの中で、物件は寮住みだと言うことが判明

しかし、部屋には第三者は入れないと言われ家ゲットは無くなった


物件の仕事は技術関係の責任者

女性ではあるが職人肌なところがある

それも単身、関東から赴任してきたらしい

余程仕事人なのか、それとも…

まあ、そう言う点ではこちらとしても聞き応えのある会話がちらほらと耳を刺激する

とは言っても、ここでは一人の女性


俺から見ればいつもとなんら変わりないひとりの物件である

パッと見の印象は、全く男の存在を感じさせない雰囲気で、髪型や服装も時代に置いていかれているよう

女子力が明らかに低い

話し方や受け答えも、男性慣れしていないというか堅い


また、物件の恋愛事情について聞くと、そこで神妙な顔つきになる

聞くと、職場の上司的な男性と不倫していた過去があるらしい

すごく身近なところで、男性との接し方がわからないまま誘惑され、流れるように関係を持つ

そういうことが嫌になり、転職も経験したという

かく言う俺も物件の巨乳につられた一人の男である


一般的に「巨乳で平凡な外見」の女性は

男性の欲望に利用されがちな事は事実で


その事は物件もある程度承知しての今回のアポだと思われる

考えは両者同じだ

非日常を味わい、刺激を求めている


その現れに物件は俺の横にピタッとくっついている

物件のニットワンピから覗くパンストに興奮を覚える


ググッと肩を抱き寄せ距離が縮まる

物件の顔がこちらの肩に埋めるような感じになる

そこをぐいっと顎を上げてDキス

わさわさとカラダを触る

このままカラ即の方向だったけど、クルマ即に考えを変換

ここよりは時間的に楽しめると思ったので


んで
お腹すいていたのでフードを食べて少しだけ歌った

その後、年末料金も考慮して早めにお店を出る


そしてクルマに乗り込みコンビニへ向かった

その車内では物件についてのダメ出し


もっと女性としての輝きというか、生き方をしていかないとダメ

あなたが持っているモノは決して悪いものではない

磨けば光る

俺の率直な意見をぶつけた

もちろん、人それぞれいろんな事情はあると思う


どうやっても抜け出せない現状や、四方八方塞がれた状態だったり

女性として、人として充実した生活なんて理想でしかないなんて思ったり


でも、ほんの些細な事でもいいから一つ理想を持って実行してみなよ、って

物件にそう言うと、あれこれと反論的な事を言ってきた

そりゃそうだろう、事実を認めたくはない

でも弱さを認めてあげないとその先へは進めない

自分の弱さに挫けてしまうから認めたくはないんだ

でも、その先に待っているモノって言うのは

今物件が求めている非日常の刺激(いわゆるセックス)

なんかよりもっと刺激的なものなんだと


自分を磨いて成長する過程はなにものにも変えられないと

思わず熱くなってしまったが、その後ちゃっかりと車内でゲット(待ち合わせ場所の駐車場にて)

狭い車内だったが、正常位、バック、騎乗位と体位を変え楽しめた

特に騎乗位はアングル的に巨乳がプラスされ視覚的効果を存分に堪能させてもらった


物件も今度はもっと広い部屋で、なんて言っていたけど

次はないんだろうな


これで最後だろうけど、この子がこの先、もっと女性として輝いて欲しいと願ってわかれた

そして、それと同時に2017年の活動も終わりを告げた

それこそ振り返って思いにふける事もあり、なんだろうけど

そこは淡々と前に進むべし



まだまだ道の途中

まだまだ、もがいて、あがき続けて

もっと恥をかいて、さらけ出して

もっとシンプルに、ありのままで生きて


全てに感謝して、笑顔で在りたい



さぁ2018に行くわ









では

ツイッターフォローは↓
http://twitter.com/kyokugen2016


節約ナンパ生活
goku's diary
コメント
この記事をはてなブックマークに追加