goo

第5回ブラッシュアップ自主例会

2010年11月11日(木)、株式会社フィット本社に於きまして、本年度最後となりますブラッシュアップ自主例会が開催されました。
今回の経営体験発表者は、「住生活総合サービス業」をされていらっしゃいます、
株式会社フィット 代表取締役 鈴江崇文様です。

今回のブラッシュアップ自主例会には、過去最高の29名の塾生が集まり、大変活気のある例会となりました。

司会をされるブラッシュアップ自主例会担当 松浦世話人


株式会社フィットは、
「暮らし・家計・環境にフィットする、新しい価値創造集団を目指す」という経営理念のもと、今までにない住生活に対する販売することで、今大変注目を浴びています。
まず最初に、株式会社フィットの社員の方による会社案内が行われました。

株式会社フィットの事業内容についての説明


「新しい価値創造集団」のための創造空間の説明
インプットの部屋(ソフト創造に必要な情報収集をする空間)



シンクの部屋(何もない空間でソフトを生み出すために考える空間)


アウトプットの部屋(考えたことをブレストして戦略や商品へつなげる空間)


続いて、鈴江様より、
「新しい価値創造 ~独創性を重んずる~」
をテーマに、経営体験発表をしていただきました。

経営体験発表をされる鈴江様


経営体験発表では、株式会社フィットに入社されるまでの経緯から、稲盛塾長の著書「生き方」と出会い、盛和塾に入塾し、「人として正しい」を判断基準にするということを学んだことについて。そして経営理念を実現するために、「思い」と「システム」を両輪とする会社を作り上げられてきたことについて。そして世の中にまだない革新的な商品を創ることで社会を動かしたいという強い思いのもと、戸建賃貸の新しい商品を販売し、戸建賃貸建設において全国No.1になったことについて発表していただきました。

鈴江様の発表で印象に残ったのは、社内で共有している3つの価値観です。
1.社会性 人の役に立つ
2.専門性 No.1になれる革新性
3.自律性 仕事を自ら考え、楽しむ
株式会社フィットでは、この3つの価値観を強く共有し、社内が一丸となって新しい価値創造に取り組んでいるそうです。

経営体験発表の後には、お互いを高めあう質疑応答が行われました。
ブラッシュアップ自主例会では、この質疑応答の時間が多く取られており、真剣に意見を交わすことにより、深い学びを得ることができます。

さまざまな質問・アドバイスを送る塾生の皆様





最後に高畑・三木両代表世話人よりコメントをいただきました。



鈴江社長、素晴らしい発表をありがとうございました。
また出席された皆様お疲れさまでした。

今年度のブラッシュアップ自主例会は今回が最後となりました。
来年度も5回程度の開催を予定しています。

ブラッシュアップ自主例会は、若手の塾生にとって、今取り組んでいることについて発表・相談し、代表世話人をはじめとする諸先輩方より質問・アドバイスをいただき、成長する大きなチャンスです。
是非発表したいという方は、ご連絡お待ちしております。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )