goo

九州ベンチマークツアー報告2日目その①

九州ベンチマークツアー2日目は、まず福岡県の株式会社ピーエムティー様にベンチマークさせていただきました。
株式会社ピーエムティーの京谷社長には、ご存じのとおり、昨年の5月に盛和塾徳島に講師として来ていただきました。
さらに7月にも来ていただきまして、石原金属様で経営問答会をしていただきました。
また京谷社長は、盛和塾徳島の株式会社エヌテック様の社長でもいらっしゃいます。


ピーエムティー様の本社



入口に掲げてある経営理念

5Sを徹底した会議室の様子


アメーバー管理など、PMTの仕組みを説明してくださる京谷社長。


京谷社長の経営体験発表は、機関誌「盛和塾」第82号に掲載されています。
そこでの塾長講話に、
「京谷さんが今やっている仕事は非常に高度な技術です。京セラがやっている仕事と
変わらないどころか、先を行くようなものです。」
と書かれています。

その最先端の工場も見学させていただきました。

京セラと競合になった時のことを説明してくださる京谷社長。


工場内の掲示物



京谷社長は、非常に向上心の強い方で、大変お忙しい中、現在山口大学大学院に、
MOT(マネージメント オブ テクノロジー)
の習得に向け、毎週通われているそうです。

京谷社長の、
「ど真剣」に、
「強烈な燃える闘魂」を持って
「だれにも負けない努力」を実践されていらっしゃる姿に大変刺激をうけたベンチマークでした。

京谷社長を囲んで記念撮影



京谷社長、お忙しい中本当にありがとうございました!
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

九州ベンチマークツアー報告1日目

7月21日より23日までの3日間の日程で、九州ベンチマークツアーが行われました。

出発前 阿波踊り空港にて





初日である7月21日は、盛和塾「熊本」の塾生で、第15回全国大会で経営体験発表されました、
株式会社わくわくコーポレーション様にベンチマークさせていただきました。

わくわくコーポレーション様のお店「浜ん小浦」



出迎えてくださった桑原社長


桑原社長の経営体験発表は、機関誌「盛和塾」81号に掲載されております。
また(株)アンテリジャンが販売しておりますDVD「HiNT」のvol3にも取り上げられています。
(「HiNT」は事務局で購入しておりますので、見たい方は問い合わせてください。)

バックヤードの管理システムを案内してくださる桑原社長


わくわくコーポレーションの出勤管理票(本店で全店を管理)

会議室の壁に貼ってあるわくわくコーポレーションの経営理念


今回のツアーの前に、参加者でDVDを見て事前勉強会を行い、また機関誌も読んで勉強していたのですが、
実際に自分の目で見て直接お話しを聞くと、わからなかったところがすっと入ってきました。
わくわくコーポレーション様では管理会計を徹底して行っており、人時売上高の数字を追求されています。
また厨房にカメラを設置したり、指紋認証で出退勤・休憩時間を管理することで、効率を上げていらっしゃいます。
これだけ聞くと社員からの反発が心配され、モチベーションが下がってしまうように思えましたが、
心をベースに疑心なく行うと社員も正しく理解し、会社が成長できることがよくわかりました。


管理会計についての説明をしてくださる桑原社長




ベンチマークの後は、「刺身がおいしい、荒炊きがおいしい浜ん小浦」で、
天草産の「みやび鯛」を使ったおいしい料理とともに懇親会が行われました。

乾杯と浜ん小浦のおいしい料理



懇親会の間にも経営問答


桑原社長、お忙しい中7時間以上にわたって本当にありがとうございました!!

桑原社長と奥様を囲んでの記念撮影

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

徳島・香川合同合宿例会報告②

例会の後は、懇親会が行われました。
懇親会では徳島の塾生と香川の塾生が交流を深め、大いに盛り上がりました。


締めのあいさつをされる坂田社長






懇親会の後は3グループに分かれ、2次会として経営問答が行われました。
よりお酒が入り、より少人数になったことにより、胸襟を開いて話をすることができ、
盛和塾の真髄を味わうことができました。

2次会が終わっても合宿例会は終わりません。
それぞれの部屋に戻り、部屋のメンバーととことん話をし、学びを深めていきました。
ちなみに私西川は、同じ部屋だった安宅さん、大岩さん、早藤さんと、2時ころまで
会社の悩みや経営について語り合いました。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

徳島・香川合同例会報告①

7月9日、10日に、鳴門のエクシブ鳴門に於いて、徳島・香川合同例会が開催されました。

第4回目となる今回の合宿例会には、徳島より17名、香川より25名の塾生が参加し、
学びを深めました。

今回は合同例会ということで、徳島より
藤崎電機株式会社 藤崎耕治様が、
香川より
有限会社庵治石彫工房 太田 明彦様が経営体験を発表されました。

経営体験を発表される藤崎様



経営体験を発表される太田様


藤崎様は藤崎電機に入社されるまでのご自身のことから始まり、藤崎電機の概容とこれまで取り組まれてきたこと、
そして50周年に向けて理念とビジョン実現のためにこれから取り組まれようとされていることについて、
実際に現場で使用されている資料とともに、わかりやすく、丁寧に発表されました。

また太田様は、管理会計をテーマに、詳細な業績の数字を公開されて、管理会計によって
回避できたリスクについてなど、ご自身が経営されてきたことについて発表されました。

発表の後の質疑応答では、徳島・香川両方の塾生からさまざまな質問があり、合宿例会のメリットをいかして
予定の時間を大幅に超えて盛り上がりました。
徳島と香川ではやはりそれぞれの特徴があり、質問のポイントが違うため、両方の塾生にとって
大きな学びとなりました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )