石の上にも三十年

焦らず、気負わず、程程に…。
整体&リフレ+酵母パン屋の自営業一家
何でも手作り、手仕事生活。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

木彫りの看板

2013年09月05日 11時19分12秒 | 手しごと

今週のパン屋も無事に終わってホッとする木曜日。

また揉みと空いた時間の木工作業の日々が始まる。


今週の作品は“外看板”

昨日カンナできれいにしてもたった材はこんな木目を見せてくれました。

表と



裏と



こんな感じ。形もいい。

濡らしてみると仕上げた時の木目がはっきり見える。




けやきらしい重厚感のある存在に今回はいつもよりもフォントを小さめに。

目立つかどうかより、もう40ですから(笑)控えめに品よく。



「せいたいびと」と読めないから振り仮名入れる?

とりあえず下書きから始めましょ。




(かしこ)



コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 雨の動きがよめませんね | トップ | いそげ~ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
木は木表が基本 (耕太郎)
2013-09-05 13:02:37
木裏の虫アナが面白いと木裏使いを考えているようですが、
木は木表が基本です。俺は木表使いをお勧めします。
裏の欠点は? (かしこ)
2013-09-05 13:13:52
個性のある木目が好き。

裏を使うとどんな欠点があるのかしら。

教えて下さい~
木表、木裏 (耕太郎)
2013-09-05 13:52:31
木裏は、毛羽立ち、トゲが出やすく、木目に沿ってメクレがでる可能性がある。
木表は、木目が浮き上がって見え、映える。
うむむ… (かしこ)
2013-09-05 14:31:19
そ、それはまた決定的な違い…
素直に木表が彫りやすく美しいわけですね。
ありがとうございます、

コメントを投稿

手しごと」カテゴリの最新記事