できることを、できる人が、できるかたちで

京都精華大学人文学部・住友剛のブログ。
関西圏に関することを中心に、教育や子ども・若者に関する情報発信を主に行います。

今日(6月24日)のプリキュアの話です。

2018-06-24 09:26:41 | プリキュア話

おはようございます。先ほど今朝のプリキュアおわりました。

さて、先週からプリキュアの仲間にキュアマシェリ(えみる)・キュアアムール(ルールー)が加わりました。すると、5人になったプリキュアたちの関係をどう描くか、ということが当面の主題になります。また、キュアアムール・キュアマシェリが自分の技をつかうときにどういうアイテムを使うのかとか、5人の合体技がどうなるのかとか。そういったことも、当面の主題ですね。まあ、いずれも夏休み商戦を前に、お子さまの喜ぶグッズをいかに売り込むかにかかわるわけですが…。

それで、どうやら今回の放送分は、次週からキュアマシェリ・キュアアムールがふたりそろってギターを使った技を出すための「伏線」をはる回だったようです。次回予告で2人がギターを使った技を出すこと、伝えられていたので。

他の3人のプリキュアが持っているメロディソードを自分たちふたりはないから、それがほしいとキュアマシェリに言わせたり…。あるいは、敵・オシマイダーの攻撃にさらされたキュアアムールを守るときに、キュアマシェリが大事にしてきたギターが壊されたり…。ほかにも、変身前のルールーちゃんが、えみるちゃんのギターを弾くシーンがでたり…。まあ、そんな感じです。

それから、プリキュアたちの敵・クライアス社も、夏からバージョンアップするようです。なにしろ、新しい幹部社員・ジェロスというのが今回、でてきました(確か、前にも一度、出ていたように思うのですが)。そのジェロスが、いま、プリキュアとたたかっている課長のパップルとどこで交代するのか。それも見ものですねえ。で、交代したらパップルは左遷されるのでしょうか…??

他にも、今日はちょっと謎めいたことを、またまたイクメン風の妖精ハリーがつぶやいておりました。なにしろプリキュアたちの変身に必要なミライクリスタルの数はそろったのに、不思議な赤ちゃん・はぐたんが変わらない…みたいなことをつぶやいていましたので。でも、それでもはぐたん、今日はつかまりだちから少し歩いたりもしていたんですけどねぇ…。

あとは、今日は基本的にプリキュアの仲間になったえみるが何かとはりきりすぎて、暴走気味。なにかと失敗してしまいます。そういう暴走気味のえみるを抑える役をルールーがするのですが、だんだんえみるは失敗をするたびに「自分は本当にプリキュアになってよかったのか?」と思い、ルールーはそんなえみるにちょっと腹が立つ…みたいな、そんな展開でした。

そして、そんなルールーにはな(キュアエール)やさあや(キュアアンジュ)が、「ルールーにはえみるを思う気持ちがあるから…」と、人間の心を解説する。なにしろルールーは一応「アンドロイド」という設定ですので。また、暴走気味で自己嫌悪に陥っているえみるに、ほまれ(キュアエトワール)が「ルールーはえみるといっしょにプリキュアになれてうれしかったはず」と語るとか。まあ、こんな感じで5人の関係をつくっていくわけですね、はい。

そうそう、忘れてはいけないことが1つ。今日はラストの場面で、なぜかキュアブラック&キュアホワイトが登場しました。次週予告にも登場しています。どうやら秋の劇場版プリキュアに、この初代のプリキュア、キュアブラック&キュアホワイトが登場するようです。なので、今からお子さまたちに向けて、その伏線をはりはじめたようですね。なにしろ今年でプリキュア15周年ですからねぇ。今の主たる視聴者層の幼児たちは当然、初代のプリキュアなんて知らないわけでして…(笑)

 

『アニメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 6月17日のプリキュアの話... | トップ | 7月1日のプリキュアの話です。 »
最近の画像もっと見る

プリキュア話」カテゴリの最新記事