できることを、できる人が、できるかたちで

京都精華大学人文学部・住友剛のブログ。
関西圏に関することを中心に、教育や子ども・若者に関する情報発信を主に行います。

今日(12月23日)のプリキュアの話です。

2018-12-23 11:47:24 | プリキュア話

こんにちは。気付けばもうお昼ですね。

今日は日曜日なんで、いつもどおりプリキュアの話から書いておきます。

さて、あしたがクリスマスイブということで、今朝の放送分は「プリキュアたちのクリスマス」を描く回でしたね。

基本的な設定としては、トナカイとサンタクロースの両方が風邪を引いたので、プリキュアたちが代わりにサンタクロースになって、子どもたちにプレゼントを配るという流れになっていました。

ただ、風邪でお休みしたトナカイの代わりに、ドクター・トラウムがトナカイのロボットをつくってもってくるというエピソードを入れました。ここから、ルールーちゃん(キュアアムール)とドクター・トラウムの父娘の関係修復の物語が今回、描かれることになります。

というか、たとえばプレゼントの配達に行く前に、ほまれちゃん(キュアエトワール)が自分の母親の話をハリーとするとか(ほまれちゃんはひとり親家庭の子どもです)。さあやちゃん(キュアアンジュ)は、大女優の母・れいらさんからクリスマスプレゼントをもらって、「女優になるために人間の気持ちについて勉強したことは、医者になってもきっと役に立つ」と言われたり…と。まあ、いろんな家族の姿が描かれるわけですね、今回。

それで、ルールーちゃんとドクター・トラウムですが、ようやくルールーちゃんがトラウムを父親として受け容れる気持ちになった様子。トラウムがルールーちゃんや他のプリキュアたち、そして子どもたちの笑顔を守るために今回、トナカイのロボットをつくってきたこと。また、クライアス社からの攻撃に対してプリキュアたちを守るために、トラウムが盾になってくれたこと。そういうことが、ルールーちゃんの気持ちに何か変化をもたらしたようですね。

そこで、はなちゃん(キュアエール)の一家と暮らすようになって覚えたカレーをトラウムに食べてもらいたいと思って、はなちゃんの母親に教えてもらう場面も描かれました。また、ラストのほうでは、そのカレーをトラウムに食べてもらったあと、ルールーちゃんが「お父さん」と呼んで、ハグするシーンもありましたね。ただ、相変わらずなれなれしいので「もう1回、お父さんって呼んで」とか言って、ルールーちゃんに引かれてしますという展開になるわけですが。

その一方で、クライアス社の方ですが。幹部のジェロスが「私にはもう時間がない」と言い始めて、トラウムがかつてつくったカプセルをつかって、自分自身を猛オシマイダーにしてしまいます。そして、プリキュアたちに攻撃をしかけてきます。その「もう時間がない」というのは、ジェロスが若くないということ。若くないから、女性としての自分の魅力がなくなっていくということを意味しています。

ですが今回、ここでかつてジェロスの手下として動いていたジンジン・タクミの二人組が登場。今回は他の場面でも、クライアス社を辞めて、クリスマスケーキの販売のアルバイトをしているジンジン・タクミが描かれていました。その二人組が「どれだけ年を取っても、自分たちはジェロスさんの笑顔を見たい」と言って、猛オシマイダーの攻撃を止めようとします。どうやらジェロスとジンジン・タクミはかつて「売れない芸人」だったような、そんな描かれ方していましたね(=ブルゾンちえみ風だと思ってください)。そんな二人組の話を聴いて、ジェロスは涙ぐむ。そこにプリキュアたちの反撃が加わって、ジェロスは浄化されます。ラストの場面では、売れ残りのクリスマスケーキをもってきた二人組とジェロスが「これからパーティーしよう」といって去っていく姿が描かれました。

そういえば、今回は元・クライアス社のダイガン、チャラリート、パップルの3人も登場。プリキュアたちにクリスマスプレゼントもらってましたね。また、ラストの場面でプリキュアたちが家族を呼んでクリスマスパーティーをするのですが、そこにはアンリくんとえみるちゃん(キュアマシェリ)の兄も登場(これでえみるちゃんにも家族の話が出てきたわけですね、今回)。

こんな感じで、どうやら今回は、今年のプリキュアの物語にかかわった主要な人々がほぼすべて登場する回になったようですね。そういう意味では、いい年末の放送回になったと思います。

そうそう、みんなクライアス社に居た元・悪役キャラとはいえ、ジンジン・タクミ・ジェロスの3人組や、ダイガン・チャラリート・パップルの3人組も、ある意味でプリキュアたちの「ファミリー」なんだなぁ…って思ったりもしましたね。根っからの悪い人はいなくて、プリキュアたちにこころを浄化されたら、いっしょに過ごせるという意味で。

ただ、不吉なのは…(というか、もうあと1月の4回で今年のプリキュアも終わりなので当然ですが)、いよいよクライアス社の社長、プレジデント・クライが、プリキュアたちに総攻撃をしかけてきそうな気配が漂ってきたことですね。たぶん、はなちゃん(キュアエール)に対して集中攻撃をしかけてくるのだと思うのですが…。

ということで、来週12月30日はお休みなので、次回1月6日の放送分が楽しみです。

『アニメ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 今日の「子どもをテストで追... | トップ | たいへん申し訳ありません。... »
最近の画像もっと見る

プリキュア話」カテゴリの最新記事