できることを、できる人が、できるかたちで

京都精華大学人文学部・住友剛のブログ。
関西圏に関することを中心に、教育や子ども・若者に関する情報発信を主に行います。

いよいよ大学教員生活も18年めに入りました。

2018-09-02 09:55:14 | 雑感

今日は9月2日ですね。

2001年9月1日付けで、私は京都精華大学の教員になりました。

なので、うちの大学の教員になって、昨日で満17年。

そして、いよいよ18年目に入りました。

ということは、川西の子どもの人権オンブズパーソンの仕事辞めてから、それだけの月日がたったということですが。

ここへさらに、うちの大学で勤めた年数に2年5ヶ月足せば、非常勤講師時代を含めて大学で授業をした年数になります。もうすぐ20年になるわけですねぇ。

そして、この約20年に、大阪府立桜塚高校定時制で非常勤講師をした4年間を足せば、およそ「教員」と名のつく仕事をした年数になります。

ほんと、よくもまあ、こんなに仕事が続いたもんだなぁ、よく働いてきたなぁって、つくづく思います。

『ささやき』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 今日(9月2日)のプリキュ... | トップ | 9月16日分のプリキュアの... »
最近の画像もっと見る

雑感」カテゴリの最新記事