SEISHOBRASS

静岡商業高校音楽部ブログ

練習日記2017/06/22

2017-06-22 21:48:30 | 日記
課題曲の3グループによる練習がスタートしました。
放課後の職員会議のため、見てまわることができませんでしたが、良い練習ができたのでしょうか。

最後に全体合奏をしました。
今日の内容は、少し難しかったかも知れません。

はじめの全体でのチューニングでは、ピッチよりも音色を合わせるように。ハーモニーディレクターの音色に合わせるのではなく、楽器同士の音(倍音)よく聞いて、歌声を合わせるようにです。

課題曲の合奏になると、vivoの前のハーモニーを、音に芯を入れるパートと響きを増すパートに分けて、役割を認識させて、音づくりしました。芯を入れるパートはスピードと太い幅を持つイメージ、響きを増すパートは息の量をたっぷりと太く流れるようなイメージを持つことが必要です。
芯と響きが程よくあるとうるさくなく、よく鳴っている感じが伝わります。

もう一つは、躍動的なリズム作りです。
単純な方法でアプローチしてみました。
曲に合わせて体を自然に動かすことです。
やってみましたが、自分たちが思っているほど、アクセントや跳ねるようなところに目立った動きが見当たりませんでした。自分では何とか動いていると思っているのでしょう。

頭であれこれ考えていては、行動が思い切ってできづらいことがあります。
いろいろ考えてわからなくなるより、思い切って行動しなければわからないこともあるということです。

特に、今の自分の限界値は、考えるより行動でないとわからないということです。
大きくのびのびと限界値を引き出し、引き上げていこうではないか。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 練習日記2017/06/21 | トップ | 練習日記2017/06/24 »