オーダーメイド、オリジナルネクタイ製作、作成、縫製加工所ネクタイブログ

オーダーメイドネクタイの企画制作 縫製加工所 東京都八王子市からネクタイ好き&ネクタイに携わる方向けのネクタイブログ。

オリジナルネクタイ オーダーメイドネクタイ


オリジナルネクタイ オーダーメイドネクタイの成光ネクタイ

成光ネクタイの紹介動画

ネクタイの幅詰め

2020-11-14 16:09:46 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の成光ネクタイです。

GOTOイートは今週末で申し込みが打ち切りになりそうですね。感染者も右肩上がりで増え続けているので外食の際も感染予防は徹底して食事を楽しんでくださいね。

この時期はネクタイの幅詰めのご依頼も増える時期です。お気に入りのネクタイだけどインポート物でタイ幅が広いとか、国産なのだけど昔の物なのでタイ幅が広い、気に入ったネクタイだけど少しくたびれてきているとお悩みの方にはネクタイの幅詰めをお勧めします。現在の主流はタイ幅約8センチですが、最近ではやや細めの7センチも人気があります。

 

▲ネクタイの幅詰め((オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

弊社では一般のお客様からもネクタイの幅詰めを承っております。ネクタイ専門の縫製工場で職人が1本1本手作業で仕上げますので、多少くたびれてしまったネクタイも見違えるようによみがえって、これまで多くのお客様に大変ご好評をいただいております。弊社のネクタイの幅詰めはネクタイの中の芯地も新しいものに入れ替えるので新品のような着用感を実感していただけます。詳細は弊社HPをご参照の上、是非一度お試しいただければと思います。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネクタイを洗濯してしまったら。。

2020-10-22 07:54:14 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の成光ネクタイです。

食欲の秋とはよく言ったもので、この季節は食べ物がおいしい季節ですね。食べ過ぎて太らないようにしないといけませんね。

最近は家庭用洗濯機も進化してきましたし、衣類も型崩れしないものも増えてきました。お家で洗えるスーツなどもありますし、ドライクリーニングしなければいけないようなものまでお家で洗える時代になりましたね。

ただ、ネクタイはなかなかお家で洗うのは難しいかもしれません。他の洗濯物と一緒に誤って洗濯機に入れてしまった。。ということもあるかと思います。実際、弊社でもそうしたご相談を頂くことがございます。

▲ネクタイを洗濯してしまったら (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

ポリエステル系のネクタイで「家で洗える!」と宣伝しているものもあるらしいですが、ブランド物の高級ネクタイは洗濯機で洗うことは難しいと思います。気が付かずに入れてしまった場合などは普通に洗濯から脱水まで行ってしまうので洗濯が終わってから気づくということになってしまいます。ヨレヨレになってしまったネクタイを見るのは悲しいものですね。

弊社ではそうしたネクタイも分解して改めて仕立て直すことが出来ます。表地の細かい洗濯シワは完全には戻らない場合もございますが、中の芯地も入れ替えて仕立て直しいたしますのでそれなりに元通りにすることも可能です。

ネクタイを洗濯してしまったら。。是非一度弊社までご相談いただければと思います。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネクタイの幅詰め

2020-10-17 08:12:35 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の成光ネクタイです。

今日は11月下旬の気温だそうですね。気温の変化も大きいので風邪などひかないようにしてくださいね。

皆さんはネクタイを何本くらい持っていらっしゃいますか?一般的なサラリーマンのネクタイ保有本数は平均20本程度といわれていますが、その中にはもう日常着用しなくなったネクタイも含まれていると思います。特に一昔前に購入したものはネクタイの幅が現在より太いものが多く、今着用するには太すぎるといったお悩みを抱えている人も多いと思います。そんなニーズにお応えするために、弊社ではネクタイの幅詰めを承っております。

▲ネクタイの幅詰め (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

弊社では自社でネクタイ専門の縫製工場を持っているので、ご利用いただいた多くの方にその仕上がりにご満足いただき、大変ご好評をいただいております。「柄は気に入っていたけど幅が広い」「インポートブランド物で幅が広い」などネクタイの幅詰めをすることで、見違えるように蘇ります。詳細は弊社HPに記載がありますので是非一度ご利用いただければと思います。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大切なネクタイの幅詰めは専門の縫製工場で

2020-09-24 21:13:21 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイオーダーメイドネクタイ製作 縫製加工所の成光ネクタイです。

昨夜から今日は台風の影響が出るという予報が出ていて、一部の学校などでは臨時休校などの措置が取られていたようですが影響も少なく何事もなくてよかったですね。

ここ数日でネクタイを着用している人の数が随分増えてきたように思います。弊社のサービスの一つにネクタイの幅詰め、リフォーム、仕立て直しがございます。ネクタイ売場には新作のネクタイも並んでいて目移りしてしまいそうですね。百貨店などにはインポートのブランドネクタイも並んでいますが、柄は気に入ったのだけどちょっとタイ幅が広いとか、国産なのだけど昔に購入したネクタイなのでタイ幅が広いとお悩みの方には、ネクタイの幅詰めをお勧めします。現在の主流はタイ幅約8センチですが、最近はやや細めの7センチも人気があります。

▲ネクタイの幅詰め (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

弊社では、そうしたネクタイの幅詰め、リフォームを承っております。もちろん一般の方もご注文いただけます。弊社の主業務はブランドネクタイの縫製ですので、ネクタイ専門の縫製工場で職人が1本1本手作業で仕上げます。弊社の幅詰めは幅詰めの際にネクタイを一度分解して中に入っている芯地も新品の物に入れ替えて仕立て直しています。多少くたびれてしまったネクタイも見違えるようによみがえって、これまで多くのお客様に大変ご好評をいただいております。新品のような着用感を実感していただけます。詳細は弊社HPをご参照の上、是非一度お試しいただければと思います。大切なネクタイの幅詰めは専門の縫製工場で。。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネクタイは職人の手仕事によって作られる

2020-09-05 15:27:37 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の成光ネクタイです。

超大型の台風が沖縄、九州地方に接近しているようですね。ハザードマップなどを確認して、早目の避難などを心がけていただきたいと思います。

ネクタイの縫製加工には色々な道具や機械がありますが、最終的には職人の手仕事によって作られています。

大きな機械があって、入り口から生地を投入すればオートメーションで縫製されて最終的に完成した商品が流れ出てくるというものではありません。生地の裁断から始まり、仕上げのプレス、ブランドネーム付け迄、殆どが職人の手仕事によって作られています。

 

▲ネクタイの縫製は職人の手仕事 (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

綺麗な仕事ができるようになるまでは、それなりに修行の時間というものがかかります。最近は、若い人々が手先の仕事を敬遠する流れが定着してきてしまったので、職人は減少傾向が続いているのが現状です。物作りには職人が必要であって技術の伝承をしていくことも私たちの大切な仕事の一つです。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネクタイ職人が語る、手縫いと機械縫いのクオリティ

2020-07-30 17:13:22 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイオーダーメイドネクタイ製作 縫製加工所の成光ネクタイです。

今日も東京の新型ウィルスの感染者が300人を超えているようですね。これから夏休みに入って人の移動はどうなるのでしょうか。各自で気を付けていくしかなさそうですね。

先日ある方からネクタイについてこんなご質問を受けました。「手縫いと機械縫い、どっちがいいの?」素朴な疑問といえばそれまでですが、この質問に対する答えは一言では言えないんです。それは、何をもって「いい」というかによるからです。手間がかかるのは手縫いということは誰でもわかることですが、同じ規格の物を量産するということでは機械縫いの方が優れています。

▲ネクタイ職人が語る、手縫いと機械縫いのクオリティ (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

他にもそれぞれに長所があるので一概には言えないものなんです。手縫いでも機械縫いでも縫製工場や職人の腕によって仕上がりは良くも悪くもなります。商品のクオリティは縫製工場や職人次第というのが率直に思うことです。弊社でも手縫いや機械縫いを行っていますが、どちらも自信をもってご提供させて頂いております。こうしたことから、手縫いと機械縫いのクオリティの差はなかなか一概には言えないものということをご理解いただければと思います。



オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弊社ネクタイの幅詰め、リフォームが評価される3つの理由

2020-06-23 16:43:31 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイオーダーメイドネクタイ製作 縫製加工所の成光ネクタイです。

今日は午後から日差しが出てきて気温も上がり蒸し暑くなっていますね。エアコンの準備は今のうちにしておきたいですね。

昨今の自粛期間で、お家のお掃除をされた方が多いそうですね。そういえば、我が家も大掃除をしたのでなるほどなと思いました。

弊社では、ネクタイの幅詰めやリフォームも承っております。今日は、弊社ネクタイの幅詰め、リフォームが評価される3つの理由をご紹介したいと思います。

1 ネクタイ専門の縫製工場であること。

弊社の主業務は、ブランドネクタイのOEM縫製加工です。ネクタイの表地はバイアス(斜め)に裁断されているので、縫製の難易度が高く綺麗に仕立てるのが難しいとされています。弊社にはネクタイ専用の縫製機器が整備されており、細部の作業は専門の熟練職人にがお仕立てしておりますので、一般のリフォーム店とは違う専門店ならではの仕上がりです。

2 ネクタイの幅詰め、リフォームの際は中に入っている芯地も新品に入れ替えてお仕立てしている。

幅詰めや仕立て直し、リフォームのご依頼いただくネクタイのほとんどが経年劣化によって、ネクタイの中の芯地も劣化しています。弊社はネクタイ専門の工場ですので、様々な種類のネクタイ用の材料が揃っており、幅詰めやリフォームの際には、表地の風合いに合わせて芯地も新しいものに交換しております。このような対応が出来るのは専門工場ならではです。

3 幅詰めやリフォームの際に部分的な補修にも対応できる

長年や着用されたネクタイは剣先の部分などが劣化して擦り切れてしまうこともあります。弊社では専門専門職人によって、そうした部分の補修にも対応しております。擦り切れた部分をカットして再縫製いたしますので見た目にもきれいに仕上がります。(HP参照

▲弊社ネクタイの幅詰め、リフォームが評価される3つの理由

 

こうしたことから、これまでご利用頂いた多くのお客様からのリピート率も高く、大変ご好評をいただいております。その他、ネクタイについて気になっていることやご相談があればお気軽にお問い合わせください。大切なネクタイの幅詰め、リフォーム、仕立て直しは専門工場の弊社に是非ご相談いただければと思います。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手縫いのネクタイ

2020-05-27 11:25:22 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイオーダーメイドネクタイ製作 縫製加工所の栗原弘直です。

ようやく緊急事態宣言が解除されたようですね。経済は空白の2か月でしたが徐々にでも日常に戻っていくことを願うばかりです。

ネクタイの縫製方法にも色々あります。よく売り場などで、「ハンドメイド」、「手縫い」などのキャッチコピーがありますよね。

「ハンドメイド」、「手縫い」とあえてキャッチコピーしているのは、「このネクタイはミシン縫いではなく、職人が針を持って縫った手縫いのネクタイですよ」ということなんです。基本的にネクタイはどんなネクタイでも職人の手仕事によって作られていますが、ここでいう「ハンドメイド」というのは、「ネクタイの中に入っている芯地を手で縫い付けていますよ」という意味なんです。一般の人には分かりずらいと思います。

では、何故あえてそんなことを強調するのかといえば。。。手縫いのネクタイは「他のものと違いますよ」という差別化を狙ったキャッチコピーなんです。

▲手縫いのネクタイ (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

手縫いのネクタイにもいろいろな縫い方があり、決まりきったものは無いので職人のそれぞれのやり方があります。

大きく分ければ、2通りになります。1つは芯地自体に表地をあらかじめくるむようにして縫っていく方法。

もう一つは芯地に表地をくるまずに、縫った後に表地を芯地にかぶせていく方法があります。どちらが良くてどちらが悪いというのはありません。また、「手縫いが良くて機械縫いが良くない」ということも全くないんです。手縫いの方が当然時間はかかりますが、ネクタイとしての使用に際しては、手縫いも機械縫いも変わりません。結果として仕上がりが綺麗になっていれば良いということです。

一般的には手間がかかる分、手縫いのネクタイは高級とされていますので販売価格もそれなりにお高いものが多いですね。参考にして頂ければと思います。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネクタイの縫製

2020-03-28 15:57:04 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作 縫製加工所の栗原弘直です。

暖かい日が続いて東京の桜も満開ですが、今週末は一気に寒気が入ってきて東京でも雪が降るという予報が出ています。大幅な気温の変化に体調を崩さないようにしてください。

今日はネクタイの縫製についてご紹介したいとおもいます。いささか手前味噌になってしまいますが、日本のネクタイ縫製は「世界一」といわれています。それは、日本の消費者はクオリティに厳しいことと、几帳面な国民性などがそうした技術を生んできました。

通常の正規のネクタイは、約100センチ×50センチの大きさから2本作るようになっています。
素材がシルクなので、生地に無駄が出ないように、両方から無駄なく、かなりシビアにカットしていくことになります。
そんなわけで、ネクタイの柄は基本的に
上から見ても下から見ても同じ柄に見えるように作られているのです。

▲ネクタイの縫製 (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

1本のネクタイは「3つのパーツ」から出来ています。(ご自分のネクタイを見ていただくと、つなぎ目が2箇所あるのが分かります)
そして、ネクタイは「結ぶ」という使用方法から、生地に対して「斜め」に裁断されています。そうすることによって、伸縮が効きスムーズに結べるのです。この角度は生地によって若干異なってきますが45度が基本とされていて、この角度がきちんと入っていないとネクタイに捩じれがでてしまったり、曲がってしまったりしてしまいます。きちんとした裁断がなされているネクタイは、結んだときに結びやすく、
結び目もシュッと決まり、ねじれたり波打つようなことがありません。

ネクタイにまつわる四方山話は他にもたくさんありますので、業界人から見たお話など機会を見てまたご紹介していきたいと思います。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大切なネクタイの幅詰めは専門工場で

2020-03-21 16:20:42 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイオーダーメイドネクタイ製作 縫製加工所の栗原弘直です。

今日は暖かい一日でしたね。コートはいらな陽気で春を感じさせる気持ちのいい一日でしたね。

ネクタイ好きにとってはこの季節はとてもいい季節ですね。毎日どんなネクタイを着用しようかとネクタイ選びも楽しいのではないでしょうか。

一般的サラリーマンの平均ネクタイ保有本数は約20本程度といわれています。でも、殆どの人はそのネクタイをフルに活用している人は少なくて実際に稼働しているネクタイは、約半分あればいいのではないでしょうか。理由は様々でしょうが、昔に買ったネクタイがお蔵入りしているというケースはよくあることですよね。

弊社では、そんなネクタイを再びローテーション入りさせるためのお手伝いをさせていただいております。

 

▲大切なネクタイの幅詰めは専門工場で  (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

一昔前のネクタイは総じて幅広の物が多いです。そんなスタイルのネクタイを今着用していると、どこかやぼったい雰囲気になってしまうものですよね。

弊社では、そんなネクタイの幅詰めも承っております。弊社の幅詰めはネクタイを一度分解して仕立て直すという、大変手間のかかる工程で職人が1本1本手作業で行っております。幅詰めの際には中に入っている芯地も新品に交換していますので、くたびれた感じのネクタイが見違えるような着用感によみがえります。

これまで沢山のお客様からお褒めのお言葉を頂き大変好評をいただいております。

ネクタイのスタイルも標準のレギュラータイプに加えて、やや細めのタイプも対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

弊社はネクタイの専門工場です。大切なネクタイの幅詰めはネクタイ専門の工場で是非お試しください。

 

 


 

 

オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネクタイの幅詰めリフォーム

2020-02-25 21:52:47 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

毎日、新型コロナのニュースが報道されていますね。これから本格的に大流行するという専門家や、そこまで流行にならないという専門家もいて悩ましい限りですが、個人個人で予防に努めるしかないので皆さんもくれぐれも気を付けてくださいね。

弊社のお取り扱いの中に、ネクタイの幅詰めリフォームがございます。現在のネクタイの幅の主流は約8センチですが、昔のネクタイやインポートのネクタイなどには9センチ以上のネクタイもたくさんございます。柄は気に入ったのだけどインポート物でタイ幅が広いとか、国産なのだけど昔に購入したネクタイなのでタイ幅が広いとお悩みの方には、ネクタイの幅詰めをお勧めします。現在の主流はタイ幅約8センチですが、やや細めの7センチも人気があります。

▲ネクタイの幅詰め (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

弊社では、そうしたネクタイの幅詰めを承っております。もちろん一般の方もご注文いただけます。弊社の主業務はブランドネクタイの縫製ですので、ネクタイ専門の縫製工場で職人が1本1本手作業で仕上げます。弊社はネクタイの幅詰めの際には、ネクタイを一度分解して中に入っている芯地も新品の物に入れ替えて仕立て直しています。多少くたびれてしまったネクタイも見違えるように蘇って、これまで多くのお客様に大変ご好評をいただいております。新品のような着用感を実感していただけます。詳細は弊社HPをご参照の上、是非一度お試しいただければと思います。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネクタイ縫製業界の繁忙期

2020-01-23 07:00:10 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

今年は暖冬といわれていますが、朝晩は冷え込みも厳しい日もありますね。週末は天気が崩れそうだという予報が出ています。雪にならなければいいですが。。

どの業界も繁忙期などといわれる時期があると思います。レジャー関係では大型連休や年末年始などがそれにあたると思うのですが、ネクタイ縫製業界の繁忙期はまさに今がその最中です。国産のネクタイは減少傾向にありますが、この時期ばかりは次から次に仕事が舞い込んできます。

▲ネクタイ縫製業界の繁忙期 (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

大変ありがたいことなのですが、機械化が進んだと言われても、この業界は職人の手作業によるところも大きい業界です。職人が一日に生産できる本数や一人が出来る仕事量というものは限度があるので毎日大変忙しく、日々あっという間に一日が終わっていくといった感じです。

年間を通じて平均に生産出来れば一番いいのですが、所々の理由でどうしても生産が集中してしまうのが実情です。

風邪などひいたりすると大変なことになるので、体調管理に気を付けて日々お仕事させていただいております。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネクタイの縫製について

2020-01-21 21:04:01 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

大寒の時期になって寒さも一段と厳しくなる季節ですね。幸い今年の東京はまだ積雪で困るようなことはありませんが、まだまだ寒さも続きそうなので風邪などひかないように気を付けたいですね。

今日はネクタイの縫製についてご紹介します。日本のネクタイ縫製のクオリティは「世界一」といわれています。それは、日本の消費者はクオリティに厳しいことと、

几帳面な国民性などがそうした技術を生んできました。通常の正規のネクタイは、約100センチ×50センチの大きさから2本作るようになっています。

素材がシルクなので、生地に無駄が出ないように、両方から無駄なく、かなりシビアにカットしていくことになります。そんなわけで、ネクタイの柄は基本的に
上から見ても下から見ても同じ柄に見えるように作られているのです。

▲ネクタイの縫製 (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

 

1本のネクタイは「3つのパーツ」から出来ています。(ご自分のネクタイを見ていただくと、つなぎ目が2箇所あるのが分かります)
そして、ネクタイは「結ぶ」という使用方法から生地に対して「斜め」に裁断されているんです。そうすることによって、伸縮が効きスムーズに結べるのです。
この角度は生地によって若干異なってきますが45度が基本とされていてこの角度がきちんと入っていないと、ねじれてしまったり、曲がってしまったりしてしまいます。きちんとした裁断がなされているネクタイは、結んだときに結びやすく、結び目もシュッと決まり、ねじれたり波打つようなことがありません。

普段何気なく着用しているネクタイはこうした技術によって製作されています。

最近は、この業界でも職人が減少傾向にありますが、技術の伝承を心がけて国産のネクタイにこれからも励んでいきたいと思っております。

 


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネクタイの幅詰め

2020-01-09 07:45:58 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

昨日は関東地方だけ寒く、他の地方は春の陽気だったようですね。まだまだ寒さは続きそうですが風邪などひかないように気を付けたいですね。

サラリーマンのネクタイ保有本数は平均20本程度といわれていますが、その中にはもう日常着用しなくなったネクタイも含まれていると思います。特に一昔前に購入したものはネクタイの幅が現在より比較的太いものが多く、今着用するには太すぎるといったお悩みを抱えている人も多いと思います。そんなニーズにお応えするために、弊社では専門職人がネクタイの幅詰めもおこなっております。

▲ネクタイの幅詰め (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

弊社では自社でネクタイ専門の縫製工場を持っているので、ご利用いただいた多くの方にその仕上がりにご満足いただき、大変ご好評をいただいております。新品で購入したものの「柄は気に入っていたけど幅が広い」「インポートブランド物で幅が広い」などネクタイの幅詰めをすることで、見違えるように蘇ります。詳細は弊社HPに記載がありますので是非一度ご利用いただければと思います。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネクタイの縫製

2019-12-03 07:34:45 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

イルミネーションがキラキラ綺麗な季節になってきましたね。イルミネーションの名所といわれるところはこれから年末にかけて沢山の人が訪れることと思います。

今日は弊社の主業務であるネクタイの縫製についてご紹介します。色々なものが機械化されてきた昨今、ネクタイの縫製も機械化が一通り終わっていますが、日本のネクタイ縫製のクオリティは「世界一」といわれています。それは、日本の消費者はクオリティに厳しいことと、几帳面な国民性などがそうした技術を生んできました。通常の正規のネクタイは、約100センチ×50センチの大きさから2本作るようになっています。

素材がシルクなので、生地に無駄が出ないように、両方から無駄なく、かなりシビアにカットしていくことになります。そんなわけで、ネクタイの柄は基本的に
上から見ても下から見ても同じ柄に見えるように作られているのです。

▲ネクタイの縫製 (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

 

1本のネクタイは「3つのパーツ」から出来ています。(ご自分のネクタイを見ていただくと、つなぎ目が2箇所あるのが分かります)
そして、ネクタイは「結ぶ」という使用方法から生地に対して「斜め」に裁断されているんです。そうすることによって、伸縮が効きスムーズに結べるのです。
この角度は生地によって若干異なってきますが45度が基本とされていてこの角度がきちんと入っていないと、ねじれてしまったり、曲がってしまったりしてしまいます。きちんとした裁断がなされているネクタイは、結んだときに結びやすく、結び目もシュッと決まり、ねじれたり波打つようなことがありません。

こうした部分は機械で全自動というわけにはいかないので、今でも職人の腕と技が必要なのです。普段何気なく着用しているネクタイはこうした技術によって製作されています。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加