オーダーメイド、オリジナルネクタイ製作、作成、縫製加工所ネクタイブログ

オーダーメイドネクタイの企画制作 縫製加工所 東京都八王子市からネクタイ好き&ネクタイに携わる方向けのネクタイブログ。

オリジナルネクタイ オーダーメイドネクタイ


オリジナルネクタイ オーダーメイドネクタイの成光ネクタイ

成光ネクタイの紹介動画

クールビズのネクタイの縫製

2019-06-01 09:06:35 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

今日は爽やかな天気ですね。運動会を開催している学校も多いようです。日差しが強くなるかもしれないので日焼け対策はしっかりしておきたいですね。

今年もクールビズの季節になってきました。私は当初、クールビズが始まったときはイベント的な一過性のブームのようなもので、数年でなくなるのではと思ってました。ところが、実際はなくなるどころか完全に定着しつつあり、スーパークールビズなるおまけまでついてきたことには正直少し驚きました。その流れにプラスしてライフスタイルや意識の変化で通年を通してネクタイをしない人も増えてしまいました。
 
 
▲クールビズのネクタイの縫製 (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

ただ、最近はクールビズに飽きてきた感じも一部で見受けられて、メディアに出ているキャスターは通年ネクタイを着用している人も増えてきておりますし、ネクタイ着用のクールビズファッションも提案されているようです。私たちもクールビズのネクタイ縫製の研究が進んでいて、芯地に薄いものを使ったり首周りの生地に別の生地を使用したり、清涼感のある生地や裏地を使用したりと様々な試みをしています。クールビズ用のネクタイには、それに適したネクタイの仕立てもされているので、是非一度お試しになられてはと思います。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 


コメント

ネクタイの縫製とミシン

2019-05-22 13:08:38 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

今日もいい天気ですね。湿度が低いと気温が上がってもカラッとしていて気持ちがいいですね。これから梅雨に入るとジメジメするので今のうちにいろいろと予定を立てて満喫したいですね。

ネクタイの縫製とミシンは切っても切れない関係にあります。ネクタイの縫製にはネクタイ縫製専用ミシンもありますし、一般的な直線縫いのミシンもあり、用途によって使い分けられています。

ミシンといっても、皆さんがイメージされるのは一般家庭で使われている、いわゆるポータブルミシンだと思いますが、縫製工場などではそのようなミシンは使用されていません、。いわゆる業務用の工業用ミシンというものが使われています。

▲ ネクタイの縫製とミシン(オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

私たちが日常使っているネクタイ縫製のミシンの針の運針数は、一般のポータブルミシンの毎分約900針程度に比べて、工業用ミシンは、毎分約1500針程度のスピードがあります。

当然、作業は早く出来ますし、貫通力も高く、耐久性に優れています。現在は、縫い終わり糸を自動でカットする機能等もついたミシンがあり作業効率が随分と高くなりました。

昔は、このミシン一つで、ほとんどの仕事をカバーしていたのでまさに、万能ミシンですね。

現在でも、部分的なミシンかけはこのミシンですべて賄っています。ネクタイとミシンは切っても切れない関係にあります。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 


コメント

手縫いネクタイ

2019-05-19 20:25:38 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

今日は気温も上がって暑く感じるほどの一日でしたね。来週は天気も崩れる日も増えてくるそうです。貴重な晴れだったかもしれないですね。

ネクタイの縫製にも色々あります。よく売り場などで、「ハンドメイド」、「手縫い」などの説明書きがありますよね。こっれってどういう意味かというと。。。

「このネクタイはミシン縫いではなく、職人が針を持って縫った手縫いのネクタイですよ」ということなんです。

では、何故あえてそんなことを強調するのかといえば。。。

手縫いのネクタイは「他のものと違いますよ」という差別化を狙ったキャッチなんです。

 

▲手縫いネクタイ (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

手縫いのネクタイにもいろいろな縫い方があり、決まりきったものは無いので職人のそれぞれのやり方があります。

大きく分ければ、2通りになります。1つは芯地自体に表地をあらかじめくるむようにして縫っていく方法。もう一つは芯地に表地をくるまずに、縫った後に表地を芯地にかぶせていく方法があります。どちらが良くてどちらが悪いというのはありません。結果として仕上がりが綺麗になっていれば良いということです。

一般的には手縫いのネクタイは高級とされていますので販売価格もそれなりにお高いものが多いですね。


 

 

オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント

ネクタイの縫製

2019-05-05 15:49:18 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

GWも明日までとなりましたね。あっという間、早いといえば早かったかもしれません。今日も高速道路は渋滞しているところも多いようなので、運転には気を付けてくださいね。

今日はネクタイの縫製についてご紹介します。日本のネクタイ縫製のクオリティは「世界一」といわれています。それは、日本の消費者はクオリティに厳しいことと、

几帳面な国民性などがそうした技術を生んできました。通常の正規のネクタイは、約100センチ×50センチの大きさから2本作るようになっています。

素材がシルクなので、生地に無駄が出ないように、両方から無駄なく、かなりシビアにカットしていくことになります。そんなわけで、ネクタイの柄は基本的に
上から見ても下から見ても同じ柄に見えるように作られているのです。

▲ネクタイの縫製 (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

 

1本のネクタイは「3つのパーツ」から出来ています。(ご自分のネクタイを見ていただくと、つなぎ目が2箇所あるのが分かります)
そして、ネクタイは「結ぶ」という使用方法から生地に対して「斜め」に裁断されているんです。そうすることによって、伸縮が効きスムーズに結べるのです。
この角度は生地によって若干異なってきますが45度が基本とされていてこの角度がきちんと入っていないと、ねじれてしまったり、曲がってしまったりしてしまいます。きちんとした裁断がなされているネクタイは、結んだときに結びやすく、結び目もシュッと決まり、ねじれたり波打つようなことがありません。

普段何気なく着用しているネクタイはこうした技術によって製作されています。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント

ドレス生地のネクタイ

2019-04-27 11:00:15 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

今日から史上最大のGW10連休が始まりましたね。初日の東京は肌寒い午前中ですが皆さんのところはいかがでしょか?連休といってもお仕事されている人も多いのでそうした方々には感謝ですね。

先日、「ドレスの生地でお揃いのネクタイを作りたい」というお問い合わせをいただきました。ドレスの生地はとても高価なものが多いので繊細な生地も多いのですが、弊社でもこれまで何度か製作したことがあります。中でも「ウェディングドレスと同じ生地で近親者にネクタイの贈り物をしたい」というオーダーの時は、ドレス生地を無駄なくいかに効率よく裁断するかで頭を悩ませた記憶があります。

 

▲ウェディングドレス生地のネクタイ (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

圧倒的な光沢と、きしむようなしなやかで柔らかい仕上がりを今でも鮮明に覚えています。きっと今でもあの光沢としなやかさは残っているんじゃないかなぁと思っています。弊社の主業務はブランドネクタイの縫製加工ですので、自社の縫製工場があり専門の熟練職人が沢山在籍しています。ネクタイのことでしたらどんなご相談も承りますのでお気軽にお問い合わせください。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント

ネクタイの補修

2019-04-16 08:13:47 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

先日の寒さが今年最後の寒さだったようですね。若葉も芽生え始めていて、毎日春を感じる陽気になってきました。

シルクのネクタイは非常にデリケートなアイテムです。着用方法や保管方法によって劣化の度合いが随分変わってきます。大切にしてきたお気に入りのネクタイも長い間着用していると、どうしても経年劣化が生じます。擦り切れてしまったりすることが多いのですが、弊社では劣化してしまった部分のネクタイの補修も行っています。

 

 

▲ネクタイの補修 (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

よくあるケースがネクタイの剣先部分の劣化です。裏地と生地の部分が劣化して破けたようになってしまっている場合は、補修することによってお直しすることもできます。また、剣先の脇の部分も経年劣化で擦り切れやすい部分ですね。こうした部分はネクタイの補修が可能ですのでお気に入りのネクタイをお直ししたいときは是非一度ご相談ください。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

 

コメント

カーテン生地でネクタイを作る

2019-04-07 10:09:19 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

きょうも絶好のお花見日和ですね。毎年千鳥ヶ淵に行くのですが今年は忙しくて行けていません。一仕事終えたら近くの川原にでも行ってみたいと思います。

当たり前なのですがネクタイを作る際はネクタイ用に生地を織ります。ネクタイ用に織られているので作る際も特に違和感はなくスムーズに仕立てられるのですが、たまに異素材でネクタイを作ってほしいというご依頼やお問い合わせも頂くことがあります。今回は某メーカーさんのご依頼でカーテン生地でネクタイを作ることになりました。実際に生地を見てみないと何とも言えなかったのですが、生地を拝見したところ分厚いわりには固くなかったのでこれならいけそうだということで現在制作中です。

 ▲カーテン生地でネクタイを作る (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

生地の大き、質感、素材など勝手が違うので時間と手間暇がかかりますが、完成するときっと綺麗な仕上がりになると思います。私たちも日頃扱わない素材やご要望などを通じて技術の向上にもつながるので、こうしたご依頼にはできる限りお答えしていきたいと思っています。ネクタイについてのお問い合わせは弊社までお気軽にご連絡ください。


 

オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント

ネクタイ縫製の糸

2019-02-17 21:30:30 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

今日は人中日差しが暖かく感じる一日でした。陽だまりにいてついうとうととしてしまうような陽気でしたね。

ネクタイを縫製するときに使う糸も様々です。綿の糸からナイロン糸まで様々です。また、使う糸の太さも、縫製する箇所や使用する部分によって異なります。それぞれの縫製箇所に、それぞれに適した糸を使用する。私たちは日々の作業の中で研究しています。

▲ネクタイ縫製の糸 (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

芯縫いの糸の種類によって強度も変わってきますし、閂の糸の太さによって、仕上がりのイメージも変わってきます。ステッチの糸の色や太さなども重要な部分です。ネクタイ縫製の糸は素材、太さ、光沢、強度などでそれぞれ使用するところが違います。たかが糸、されど糸ですね。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 



コメント

ネクタイの幅詰め

2019-01-31 17:32:02 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

ここのところ毎回ふれていますが、インフルエンザが大流行中です。東京は過去最高という報道がされています。あと数週間は警戒が必要だそうですので皆様くれぐれも予防に気を付けてください。

サラリーマンのネクタイ保有本数は平均20本程度といわれていますが、その中にはもう日常着用しなくなったネクタイも含まれていると思います。特に一昔前に購入したものはネクタイの幅が現在より太いものが多く、今着用するには太すぎるといったお悩みを抱えている人も多いと思います。そんなニーズにお応えするために、弊社ではネクタイの幅詰めもおこなっております。

▲ネクタイの幅詰め (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

弊社では自社でネクタイ専門の縫製工場を持っているので、ご利用いただいた多くの方にその仕上がりにご満足いただき、大変ご好評をいただいております。「柄は気に入っていたけど幅が広い」「インポートブランド物で幅が広い」などネクタイの幅詰めをすることで、見違えるように蘇ります。詳細は弊社HPに記載がありますので是非一度ご利用いただければと思います。


 

オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

コメント

ネクタイ業界の繁忙期

2018-12-22 10:47:04 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

今日は冬至だそうですね。一年で一番昼の時間が短いと言われています。逆に言えば明日からは少しづつ昼の時間が長くなるということですね。

どんな業界でも繁忙期というものがあると思います。12月は忙しい業界も多いと思いますが、この時期はネクタイ業界の繁忙期でもあります。

新商品が店の売り場に並ぶのは一斉なのでその立ち上がりの商品は一気に作らなければならないので、この時期はどこの縫製工場も休日返上で製作に取り組んでいます。

▲ネクタイ業界の繁忙期 (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

ネクタイの製作は機械化が進んだとはいえ職人の手に頼るところが大きいので、普段の倍の生産が出来るわけではありません。大変手間暇のかかる仕事です。繁忙期は年をまたいで来年の2月の終わりころまで続きますので、私も体調管理に特に気を付け仕事に励んでいます。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

 

 

コメント

縫製工場の繁忙期

2018-11-15 08:34:36 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

今朝、家を出て車に乗ったらフロントガラスが白く曇っていました。外気温は9度を示していたのもこの冬?初めてです。

例年、この時期から来年の3月くらいまでは縫製工場の繁忙期です。今年もありがたいことに、すでに来年の予定も入ってきており例年通りの繁忙期となりそうです。私たちの仕事は文明が進みどんなに機械化が進んでも「職人の手」が欠かせない仕事です。オートメーションのように右から生地を入れると左からネクタイの製品が出てくるということにはなりません。

▲ネクタイ縫製工場 (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

部分的には機械で縫製していますが、それでも1本1本縫製の際は機械のセットを微調整したりして縫製しています。その微調整は熟練した職人の感と技によって行われています。普段何気なく着用されているネクタイにも職人の技と技術が込められています。


成光ネクタイ ミンネショップ


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

コメント

ネクタイの共裏

2018-10-27 12:21:21 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

今日もすっきりとした秋晴れで気持ちのいい天気ですね。食欲の秋。食べ物がおいしい季節でもあってついつい食べ過ぎてしまわないように気を付けたいですね。

ネクタイには裏地がついています。ちょうど大剣と小剣の裏側にひし形のような形で見える部分です。一般的には無地の裏地がついているのがほとんどですが、なかにはネクタイの共裏といってネクタイの表地と同じ生地を裏地にも使用しているネクタイもあります。

 

 

▲ネクタイの共裏  (オリジナルネクタイ製作 縫製 成光ネクタイ)

 

私たちの間では「共裏」と呼びますが、通常のネクタイを1本作成するのに対して2割くらい余分に表生地を必要とします。

ネクタイの主な素材はシルクがほとんどで、高価な材料ですのでその分、作成するのに生地代が余分にかかってきます。

国産のネクタイではそれだけ高級なお品になります。縫製する際にも通常の裏地よりも扱いにくいので職人の手間もかかります。

普段は目立たない部分ですが、存在感がある一品ですね。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

コメント

ネクタイ職人

2018-09-25 20:54:42 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

今日は午後から雨が降ってきましたね。体感温度も随分低く感じます。体調を崩さないようにしたいですね。

普段売り場で何気なく見ているネクタイですが、ネクタイの製作は非常に細かな作業の積み重ねでできています。大きな機会に生地をセットすると機会の中で縫製作業が行われ完成品がベルトコンベアに流れてくるといったものではありません。部分的なところは精密な機会が使われていますが、その機会の微調整も1本1本職人が行っています。このように、ネクタイが出来るまではネクタイ職人の手間暇がかかってネクタイは仕上げられています。

▲ネクタイ職人の技 (オリジナルネクタイ製作 成光ネクタイ)

日本人は手先が器用といわれています。また、日本は細かいところまで気を配るという国民性もありネクタイ作りも非常に細かいこだわりが求められます。欧米などの一流ブランドのネクタイよりも縫製技術は日本の方が優れている点も多々あります。普段何気なく着用しているネクタイもネクタイ職人の技によって縫製仕上げされています。


 

オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

コメント

ネクタイの幅詰め

2018-09-04 08:04:09 | ネクタイの縫製

こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

9月に入ってまた台風がやってきていますね。近畿、関西方面の方は十分に気を付けていただきたいと思います。

気温も下がってきてネクタイを着用する人が増えてきたように思えます。売り場には新作のネクタイも並んでいて目移りしてしまいそうですね。お気に入りのネクタイが見つかるといいですね。お気に入りのネクタイだけどインポート物でタイ幅が広いとか、国産なのだけど昔の物なのでタイ幅が広いとお悩みの方にはネクタイの幅詰めをお勧めします。現在の主流はタイ幅約8センチですが、やや細めの7センチも人気があります。

▲ネクタイの幅詰め(オリジナルネクタイ製作 成光ネクタイ)

弊社では一般のお客様からもネクタイの幅詰めを承っております。ネクタイ専門の縫製工場で職人が1本1本手作業で仕上げますので、多少くたびれてしまったネクタイも見違えるようによみがえって、これまで多くのお客様に大変ご好評をいただいております。弊社のネクタイの幅詰めはネクタイの中の芯地も新しいものに入れ替えるので新品のような着用感を実感していただけます。詳細は弊社HPをご参照の上、是非一度お試しいただければと思います。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

〒192-0051 東京都八王子市元本郷町1-5-19

>>グーグルマップで見る

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

TEL 042-625-4465

コメント

ネクタイの質を決めるもの その2

2018-07-14 10:04:20 | ネクタイの縫製

 こんにちは。オリジナルネクタイ、オーダーメイドネクタイ、製作、縫製加工所の栗原弘直です。

今日から3連休という方もいらっしゃるようですね。全国的に猛暑に見舞われるそうなので水分補給や球速は十分にして休日を楽しんでいただければと思います。

今日はネクタイの質を決めるもの その2としてネクタイの縫製を取り上げたいと思います。ネクタイの質を決める要素としてがあります。ネクタイは「結ぶ」という機能性から、どんなネクタイもバイアス(斜め)に裁断されています。斜めに裁断されていないと、伸縮が出来ずに、綺麗に結ぶことが出来ないのです。業界では当たり前のことなのですが、一般の方の認知度はあまり高くないようですね。ネクタイの表地のパーツは、ほとんどの場合3つに分かれているのですが、良質な縫製は、このバイアスの角度が3つともきちんと統一されていています。そうすることによって、「ねじれ」や「ヨレ」の無い製品に仕上がるのです。

▲ネクタイの縫製

そして、生地を十分に使って縫い代も十分に取ってあれば、結んでいて縫い目がパンクしてしまうこともありません。また、インナーに使用する芯地も色々な素材のものがあります。表地になじんだ芯を使うのが一番いいですが、やはりウール100%の芯地が理想です。質感を持たせるためや、結びやすくするため、復元力を高めるために2枚の芯地を合わせて使用することもあります。ウール100%の芯は、結び目を解いた後の復元力などが優れています。日本人は細かいところまで気にする国民性なので縫製に関しても特に注意が払われています。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 幅詰め 縫製工場

東京都八王子市 株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

コメント