京都ぶらり女の1人旅

京都ぶらり女の1人旅 社寺散策・四季折々・観光祭他

京都 紅葉100シリーズ寺社 ひっそりと建つ直指庵

2018年10月11日 10時31分47秒 | 京都ぶらり女の1人旅

孟宗竹に包まれてひっそりと建つ直指庵は、浄土宗の寺。

正保3年(1646)、隠元禅師の高弟の性円(しょうえん)がここに草庵を結んだのがはじまり。

直指人心の禅の教えを守り、寺号を定めず、直指庵と称した。

のちに荒廃していたが、幕末に、勤皇家であった近衛家の老女、村岡局によって再興された。

最近は悩める女性たちの駆け込み寺として知られ、「想い出草」と名づけられたノートがあり、参詣者の思いが綴られている。

竹林の中にある小さな庵の寺は、臨済禅を学んだ独照禅師が正保3 (1646)年に草庵を結んだのが始まりである。

独照禅師が明の国の高僧隠元禅師に黄檗禅を学び、隠元をここに請じてから大寺院となっ た。

しかし、その後しだいに衰退、独照の墓堂だけになったが、幕末の頃、近衛家の老女津崎村岡局が浄土宗の寺として再建した。

現在の建物は、焼失後の明治32年、北嵯峨の有志によって建てられたものです。

庵には、思いの丈を綴る「想い出草」ノートの部屋があり、そこには「そっとその意地を私の心(ノート)にすててください。

苦しむあなたをみているのがつらいのです。」と書かれている。

悩みを綴るだけでなく、相談もできる心を癒される寺として親しまれています。(ノートは5000冊以上)

境内には、開山堂や水子地蔵尊、思い出草観音像、修練道場があり、開山堂への道の途中には、与謝野晶子の『夕ぐれを花にかくるる子狐のにこ毛にひびく北嵯峨の鐘』の歌碑が 建っています。

また、庵横の小さな池には、天然記念物のモリアオガエルが生息しており、初夏から夏にかけて池周囲の樹木に卵を産みつける。

 

別名延命小袋といい、一見すると寿命が延びる、といわれています。

竹林の落ち椿、苔庭をうめつくす山桜お花びらと雪柳、そして一木に紅白の花を咲かせる桃が美しい。

春も詩情豊かであるが、茅葺の本堂の周りに茂るカエデは秋の深まりとともに、緑から黄色、オレンジ、朱色、そして燃えるような真紅へと葉の色を変えてゆく紅葉の身頃長く、風に舞う散りモミジの風情もまた格別です。

竹や木々の葉擦れの音、鳥の鳴き声だけが聞こえてくる、自然につつまれたいかにも静かな本堂から庭を眺めていると、時間の経つにも忘れて、心が静まり癒されることでしょう。 

 


アクセス

市バス・京都バス「大覚寺」下車徒歩10分

拝観時間

 9:00~17:00

拝観料

 500円

住所

京都市右京区北嵯峨北ノ段町3

電話番号      075-871-1880

 

 

 

 

京都の古都なら http://www.e-kyoto.net/

 

 

『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 京都 恵美須神社 二十日ゑ... | トップ | 京都 紅葉100シリーズ寺社 ... »
最近の画像もっと見る

京都ぶらり女の1人旅」カテゴリの最新記事