松岡正剛のにっぽんXYZ

セイゴオ先生の「にっぽんXYZ」教室と同時進行。濃~い日本史話が満載!

プロローグ 日本列島のなりたちから

2004年06月15日 | 01 東アジアと倭国
はじめまして。ここではセイゴオ先生と呼ばれている松岡正剛です。セイゴオって変な名前だよね。
さて、ようこそ『にっぽんXYZ』へ。
このブログでは日本の歴史をとっておきの視点で見ていこうと思います。XYZの3つの軸、3つのカギで歴史を次々に解いていく、自慢の方法です。

では、XYZってどんなものなのか。
例を挙げましょう。日本語の文字はどのように始まったか? 「万葉集」「古今和歌集」「源氏物語」の有名な3つの古典をそれぞれX、Y、Zとして組み合わせて見てみるんだね。そうすると、もともと文字を持たなかった日本が、どのようにして日本語の文字と文化をつくってきたかが分かってきます。
では、もうひとつ。「弥勒」「薬師」「大仏」というXYZ。すると、これらの仏像を通して、古代日本のトップたちが掲げた壮大な国家プランが、どのようなものであったかが分かるのです。詳しいことは、そのうちに。

そもそも時代を特徴づける要素は、文学や芸術、歌謡曲もあれば、彫刻のようなイコン、ファッションやモード、さまざまなグループやリーダー、法律や制度など多様多彩です。そこからXYZのキーワードを組み立てて考えることは、大胆ですが、とても有効な歴史のつかみ方なんですね。
人物や事柄をひとつずつ覚えるのはもちろん大切。でもその時代や動向がつくられたのは、どんな理由があって、どんなイキサツがあって、何に結びついていたかも一挙に見た方がいい。社会や文化は、その結び目から成っているからです。

それから、コツをひとつ。何かを学ぶときには、いっぺんになるべく多くの情報やモノを自分に通過させること。コレ、お勧めのすごく大切な知識の方法なんですね。

では、まず、日本列島のこんなプロフィルから始めましょう。
手元に日本列島と中国大陸が載った地図があれば、北を南に180度回してください。それで北の樺太から南の沖縄諸島を結んだ列島の描く線と中国大陸を見てみる。
すると、日本海と東シナ海が、まるで列島と大陸に囲まれた内海のようにみえてきますね。これは、先年亡くなられた歴史家の網野善彦さんが「環日本海諸国図」で明らかにしたことです。日本と大陸の関係は想像以上に近いもの。コロンブスの卵のように日本の見方、日本の情報を扱う視点を変えてみせた方法です。

実は日本海はかつて大きな内海だったのです。日本列島がほぼ現在の形になったのはわずか1万年前のこと。それまで日本はアジア大陸の一部でした。だんだんと大陸から離れるとともに、内陸の海の南北に出口が開いて日本海になったんですね。

日本は大陸とずっと植物相もつながっていたし、たくさんの動物もやってきていた。そして、おそらく数十万年前には旧人が、また3万年くらい前には新人がやってきて、定住を始めます。いわゆる縄文人ですね。縄文土器という、世界的にも珍しい土器を用いた文化が1万年以上続きました。狩猟採集の文化がここで始まっていったのです。

日本の歴史を考える大事な点が、このような日本列島の成り立ちにあります。日本とアジアは一体化していた、ということですね。この「にっぽんXYZ」では、アジアとのさまざまな関係から、日本がどういうふうに生まれていったのかを見ていきたいと思います。

さあ、日本の歴史の物語は、ここからスタートです。


508 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よろしくお願いします (RoseNo.04 AYA)
2004-06-16 16:42:16
セイゴオ先生、こんにちは。

なにわセブンローズNo.4の中田文子です。



いよいよ「にっぽんXYZ」はじまりですね。

\(^o^)/!!

私が生まれた2月11日は、建国記念日!

ってことは大日本帝国憲法発布の日・・・

なんだか歴史の臭いがプンプンですが、

実は、ニッポンについて何も知らない・・・

(×_×;)

ここでいちから勉強します・・・

よろしくお願いいたします。



ちなみに、2月11日はセイゴオ先生の好きな

折口信夫の誕生日!

ほかに、ジョージ・ワシントンにトーマス・エジソン!

(ちょっとフラジャイルじゃないか・・・)



昨日のNHK人間講座『おもかげの国うつろいの国』も見ました!

テレビとブログと、これはリッチな歴史勉強ですね!

こんばんは。 (RoseNo.07 ヨリより)
2004-06-16 20:06:45
セイゴオ先生



こんにちは!なにわセブンローズNo.07 の平野頼子です。



歴史は嫌いじゃないのですが、

年代とか、人物とかが全然覚えられませんでした。



でも、セイゴオ先生の言葉を聞いて

今回はちょっと自分に期待できそう…。



コツは「いっぺんになるべく多くの情報やモノを自分に通過させること。」なんですね!



「XYZのキーワードを組み立てて」っていうのがとっても楽しみです。





これからよろしくお願いします!
こんばんは。セイゴオ先生。 (RoseNo.05ナグリーヌ)
2004-06-17 00:00:36
皆様こんばんは。

なにわセブンローズNo.05の奈蔵知子と申します。



わたくし中学の時から日本史は苦手でしたの。

でも今回セイゴオ先生の歴史教室に

参加させていただくことになって、

実は結構楽しみにしております。



物事は単発では記憶に入りませんものね。

関連付けたり背景を知ったりすれば、

きっと素敵な世界が見えてくるに違いありませんわ。



あ、でも、わたくし考古学には興味があるの。

奈良県に住んでいるせいかしらね。

遺跡や建造物や仏像は大好き。

そこら辺にも触れていただけるのかしら?

セイゴオ先生?



では、どうそよろしくお願い致します。

歴史のリンク、ちょっとドキドキ☆
こんばんわ (RoseNo.06 kiki)
2004-06-17 00:02:31
セイゴオ先生、こんばんわm(_ _)m

なにわセブンローズNo.06の小林記規子です。



実は歴史はからっきし苦手でして…(^_^;

ひたすら暗記!のイメージが強く、

ずっと敬遠してきました。



しかし、今回のこのブログでそのイメージを一掃してくれそう!



セイゴオ先生「XYZの3つの軸、3つのカギ」

楽しみにしています☆

☆はじめまして☆ (RoseNo.02 hitomi)
2004-06-17 00:14:36
セイゴオ先生

こんばんは!



阪神の次に歴史が好きな

なにわセブンローズNo.2小柳仁美です。



日本の歴史って、

日本だけの歴史じゃなかったんですねー!

アジアの関係が気になるー。



XYZだけに、歴史が立体的に見えるのかしらー??

楽しみ♪楽しみ♪

初めまして! (小袖)
2004-06-17 00:32:40
こんばんは!はじめましてセイゴウ先生!

私は歴史が大好きです。

ブログで講義が読めるなんてとっても感激です!期待してますよ~。

どうかヨロシクお願いします!
おはようございます (RoseNo.01mami))
2004-06-17 07:17:38
セイゴオ先生

おはようございます!!



こちらにお邪魔できてとても嬉しく思っています♪

これから、よろしくお願いします。



歴史は好きなくせに知識は広くないので

(ミーハーなので、美形とゆわれた人物のことしか知らない←!!)

楽しみにしています。



本には載っていない、

胸がきゅんとするような講義を!

期待していますね!!





出発 進行☆ (RoseNo.03 しずか)
2004-06-17 12:58:47
おはようございます☆

なにはセブンローズNo.03 土居静香です。



日本の歴史、日本の歴史…

あたしとは接点ない気ィするなぁ



でもでも、

最近ラストサムライを見て大泣きしたし、

高校のときは和柄が流行って、夏中下駄をはいてた…

椎名林檎になんでか日本を感じてしまう今日この頃

もしかしたら少しは接点あるかも!



考えてみれば、流行のファッションとか食べてたものとか全然違うやろうし、

あぁ、なんかワクワクしてきた☆



あたし旅行は好きやし、日本の歴史時間旅行なんて楽しみやわ~!

心臓をビンタされるくらいのビックリな旅、

よろしくお願いしま~す☆☆☆
小袖さん、こんにちは (RoseNo.04 AYA)
2004-06-17 15:04:55
はじめまして。

(小袖ってニックネーム・・いいなぁ)



小袖さんのブログ見ました。

歴史にとても詳しそうですね(O.O;)

心強い助っ人登場って感じ!



松岡先生は、歴史ブログだけでなく

毎晩、本を1冊づつ、千冊紹介するという

すごいこともしているんですよ!

「千夜千冊」っていうのですけど、

7月7日に、千冊達成なんです。

\(^○^)/

よかったら、のぞいてみてください。

http://www.isis.ne.jp
AYAさまへ (小袖)
2004-06-17 21:25:43
はじめまして!!

うちのブログを見ていただいてありがとうございます!



まだまだ始めたばかりで、手探りの状態ですが、XYZのように「歴史が繋がっている」ということに喜びを感じているのでございます。



松岡先生の「千夜千冊」見て参りました。うきゃ~!!読みたい本ばかりです!

素敵なサイトご紹介ありがとうございます!



どうかよろしくお願いしますね(^^)

コメントを投稿