tyakoの茶の湯往来

日常生活の中から茶道の事を中心に、花の事、旅の事、そして、本や写真の事など、気ままに書いて見ようと思ってます。

名前の通りの花が・・・

2018-09-20 18:26:51 | 庭の花
9月20(木)
午前中の陽射しは弱く、午後にはポツリポツリと降って来ました。
陽射しが無い分肌寒いような一日でした。

   
   サクラタデ

サクラタデが最盛期を迎えたくさん咲いております。
とにかく強い花で、一度植えたら、後は全く手が掛刈らず次から次へと咲きますので、この時季は花があまりないので本当に助かります。

   
   サクラタデ

花の名前の由来はこの花模様から来ております。
タデ科イヌタデ属で日本古来からの品種だそうで、本州から四国九州沖縄に分布しているそうです。

知人からは「サクラタデ」と言っていただきましたが、どうも「シロバナ」と付いて「シロバナサクラタデ」というのが正式名称のようです。
花は可愛いのですが、余りの繁殖力の強さに退治するのに相当の労力を使いますので、植えるのにはひと工夫が必要のようです。
コメント (2)

子供の頃は・・・

2018-09-19 17:47:07 | 私の散歩道
9月19(水)
爽やかな一日でした。
陽に当たるとまだまだ暑かったですが、日陰に入れば暑さは全く感じずにいられました。

今日は大學の都合でお稽古はお休みになりました。

   
   曼珠沙華

久し振りにゆっくりと散歩に出かけました。
何時ものコースから外れた道を歩いて見ると、見慣れない光景に驚くことがあり、新鮮な散歩を楽しむ事ができしました。

   
   曼珠沙華

私の散歩コースには咲かない花です。
いま、あちこちで彼岸花の群生の開花を知らせるニュースが流れておりますが、聞くところによりますと、ニュースの後は凄い人出になるそうですから、そうしたところには近寄らないようにしております。

彼岸花又は曼珠沙華というようですが、私たち子どもの頃は、子供達全員「火事花」と呼んでおりました。
成人して本当の名前を知るまでずっとそう思っておりました。

   
   書道展

友人が書道展に出すというので行って来ました。
広い会場にたくさんの書が展示されておりましたが、どの字も中国の古い字を模して書き上げておりますので、もの凄い迫力を感じました。

素晴らしい作品の数々を見せていただきました。




コメント (2)

そろそろ夏休みも終りますが・・・

2018-09-18 17:11:00 | K大學の稽古
9月18(火)
朝の涼しさは秋を感じるには十分でした。
こうして、日一日と秋色を増して行くのでしょうか。

今日は大學へ行って来ました。
学生達もそろそろ夏休みも終りますので集まり始めたようです。

   
   お菓子

可愛らしい兎のおまんじゅうでした。
漉し餡に柚子が利いた美味しい菓子でした。

   
   短冊

珍しく短冊が掛けてありました。
カワラナデシコが画いてあり、賛は天気清和とありました。

   
   花

花は、サクラタデとヤブミョウガの二種で、寂しい花になってしまいましたが、この時季は、ちょっと花枯れといったところです。

   
   一服

三時に出してくれました。
今日は、御園棚のお稽古をしましたが、みんなスイスイとやっておりますので、途中で眠くなってしまいました。

学園祭まであと1ヶ月ちょっとです。
少し気合を入れ直してやって行かないと・・・
コメント

柿も色づき始めて・・・

2018-09-17 17:00:49 | 日常雑感
9月17(日)
昨日より気温は上がりましたが、あの頃を思えば過ごしやすい一日といえます。
午前中は昨日からの続きでDVD作りに専念いたしました。

   
   柿

午後には友人が出来上がったばかりのDVDを取りに来ました。
忙しい友人で、一服差し上げましたが、席の温まる間もなく帰って行きました。

   
   完成したDVD

ラベルを印刷して、パッケージを作成して完成ですが、何しろ素人ですから調子が出てくる頃には終わっておりました。

午後はちょっとのんびりできました。
散歩に出かけましたが、妙な風が吹き、雲行も怪しく、何となく一雨ありそうでしたので、何時ものコースの半分も行かないで帰って来ました。

散歩途中の家のたわわになった柿も色づき始めておりました。
コメント (4)

日曜日の午後を・・・

2018-09-16 18:07:32 | 日常雑感
9月16(日)
夜半の雨が朝日に輝いておりました。
今日は日曜日、用事を入れずにのんびりしようと思っておりましたが、友人に頼まれていた人形劇のDVDを仕上げなければと思い立ち作業を開始しました。

   
   昼食

1枚出来上がったのを友人に見てもらい、間違っているところを直してからの書き出しでした。
DVDへの書き出しは、午前、午後を通して3時間という長い映像を、人形劇のみを生かし、後は全部カットして2時間30分です。

これを1枚のDVDにしてほしいというのが友人の願いでした。せっかくハイビジョンで撮っているのに・・・画質はがっかりするほど落ちてしまいます。

   
   DVD

書き出しするのに1枚25分かかります。
午後のほとんどの時間を費やしてしまいましたが、書き出しは終わりました。
明日、印刷をすれば完成いたします。
コメント (2)

「萬古清風」は無文老大師のお筆で・・・

2018-09-15 17:14:11 | 自宅稽古
9月15(土)
朝から雨でしたが、お稽古が始まる頃には上がりました。
今日も自宅でのお稽古でした。

   
   床の間

床の間は、どなたが見ても直ぐに分かる、山田無文老大師独特のお筆による「萬古清風」です。
無文老師は数十年も前に「京都冬の旅」という、当時の国鉄のキャンペーンのポスターに書かれておりました。

電車に乗る度に欲しくてほしくて仕方がありませんでした。
老師の軸を拝見すると当時の事がよみがえります。

   
   花

花は、秋明菊、桜蓼、鷹羽薄、吾亦紅、鶏頭の5種です。
最初は、ヤブミョウガを生けましたが、白い花ばかりですので、真っ赤な鶏頭に入れかえて見ました。

思った通り花を引き締めてくれました。

   
   お菓子

お菓子は蓬餅にススキの焼き印をしたお菓子で、粒あんが美味しいお菓子でした。
今週も無事に終わりました。
コメント (2)

お点前だけの授業に・・・

2018-09-14 18:24:54 | 非常勤講師奮闘記
9月14(金)
すっかり秋めいた陽気になりました。
今日は高等学校へ行って来ました。

先週期末試験でしたので、採点をした試験の解答用紙を返して、答え合わせを行いました。
みんな上出来、平均点はかなりのものでした。

   
   お菓子

羽二重餅ですので、口の中に入れると柔らかな舌触りが何とも言えません。
今日から、12月の学園祭に向けて実技のみの授業になりました。

「教科書はいりませんので、テーブルの準備もいらないです」というと、密かにハイタッチをしている子もおりました。
夏休みを挟んでほとんどお稽古をしておりませんでしたので、もう一度最初から始めましたが、まずまずと云ったところです。

コメント

キレンゲショウマを切ることは・・・

2018-09-13 17:25:55 | 庭の花
9月13(木)
今朝は寒くて目が覚めた・・・このまま秋に突入でしょうか?
過ごしやすい一日でした。

今日は明日のお稽古の準備の日です。
清潔が何よりですので、隅から隅まで丁寧に掃除をいたしました。

   
   キレンゲショウマ

春先に植え替えをしてから、水をやり、肥やしを施し、夏には日陰に移動して大切に育てていたキレンゲショウマが咲き出しました。
本当は、もっと早くから咲きそうでしたが、異常なほどの暑さで蕾が解けてしまいました。

そんな事を乗り越えての開花です。

   
   レンゲショウマ

ユキノシタ科キレンゲショウマ属の多年草で、絶滅危惧種指定されているそうです。
我が家に来てから数十年経っておりますが、やっと今年の植え替えで2鉢になりました。

優雅な花ですので、一種生けでも十分だと思いますが、今年の花は同じ茎にたくさんの蕾を持っているので、切って使うにはちょっと・・・
コメント (4)

早くも御園棚で・・・

2018-09-12 17:23:48 | 大學の稽古
9月12日(水)
朝の冷え込みは秋を充分に感じさせるほどでした。
今日は大學へいってきました。

こちらの大学は、学生が集まるという事でしたので、お稽古に行って来ました。

   
   床の間

合宿以来ですので、何となく久しぶり・・・という感じでした。
床の間の花は、鶏頭にヤブミョウガの二種です。花も何となく寂しくなって来ましたが、何とか揃いました。

   
   4年生

お稽古は、学園祭の準備ですので、御園棚のお稽古でした。
久し振りの上、いきなり御園棚ですので戸惑っておりましたが、何人かが間違って、注意をされれば、各自で反復練習をしますから、後に回るほど間違わずにやっておりました。

後の人ほど間違わずに出来る・・・これが大切な事で、自分のお稽古が済んでしまうと、ボーッとしている子もおりますが、上手になる子と中々上達しない子の差はこんなところにある様に思います。
まだまだ時間はたっぷりありますから・・・
コメント

伝説の名参謀「秋山真之」を・・・

2018-09-11 17:08:34 | 本棚の中から
9月11日(火)
爽やかな秋の気配を感じさせる一日でした。
今日は大學の日ですが、学生達はまだ夏休みの帰省中とのことでお休みという連絡がありました。

   
   秋山真之

お稽古が休みでしたので、午後から散歩に出かけました。
普段あまり行かない街中散歩です。
街なかを歩けば、どうしても本屋さんがきになりますが、以前良く出かけていた店が閉店していたのには驚きました。

寄り込んだのは、古本屋さんです。
たくさんの本の中で気になった一冊を買って来ました。

神川武利著 秋山真之 PHP文庫刊です。
司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」を読んでから、秋山兄弟の事が知りたくて色々調べていたところですので、渡りに船・・・と云ったところです。

参謀室に座って腕を組んでいた真之に、大本営に打電する電文の起案書を持って来た。
「敵艦隊見ゆとの警報に接し、連合艦隊は直ちに出動、之を撃滅せんとす」真之は「よし」とうなずいた。

持参した飯田参謀はそれを持って加藤参謀長のところへ行こうとすると「ちょっと待て」と、その電文用紙を取り戻すと、さっきの文章に続けて、「本日天気晴朗なれども波高し」と書き込んだ。

こうして、あの伝説の電文が生まれた・・・
今でも、「本日天気晴朗なれども波高し」の電文には、賛否両論があると言われております。

かなり読み込んである本ですが、良い買い物をしました。
コメント (2)