tyakoの茶の湯往来

日常生活の中から茶道の事を中心に、花の事、旅の事、そして、本や写真の事など、気ままに書いて見ようと思ってます。

学園祭の中止の影響は・・・

2021-10-26 17:15:51 | K大學の稽古

10月26日(火)

朝方の雨が上がり、気持ちの良いほどの青空が広がっておりました。

今日は大学へ行って来ました。

花は、フジバカマとノコンギクの二種です。

どちらも紫色ですので変わり映えしませんが、花の無いこの時期ですので仕方がありません。

寒い日が続いておりましたので、紫色が一層濃くなっております。

三年生

棚にも慣れてきましたが、来週からは炉に移りますので忘れてしまうかもしれません。

二年間学園祭が中止になりましたので、三年生は御園棚の稽古をしておらず、桜まつりなどでのお点前の依頼が来ても、参加するだけになってしまいます。

正式な依頼が来たら、何とか考えなければなりませんが、四年生になった彼女らは、多分就活で忙しくなっていると思います。

一年生ではとても無理だし・・・

こうしたところにもコロナの影響が出るんですね。

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 柿や葡萄の実りの秋を・・・ | トップ | ハロインのお菓子は・・・ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
三年生は可哀想 (越後美人)
2021-10-27 11:26:18
大学の三年生はコロナ禍の真っ最中に、大学生活の一番良い時期を奪われてしまいましたね。
学園祭が無くて、御園棚のお点前が出来ないということは
茶道部にとってメインの活動が出来ないということですね。
それは高校生も同じです。
今の三年生は文化祭のお点前もなし、地域の茶会のお手伝いもなし、
何も出来ずに卒業です。
コロナは子供たちの成長にも大変な影響を与えましたね。
お点前 (tyako)
2021-10-27 20:36:39
越後美人さま
こんばんは。
今日も大学でしたが、学生たちも、いつもだったら学祭前最後のお稽古ですね・・・そんな話がしんみりと出ておりました。
世界中全体で大騒ぎしているコロナですから、あきらめてはいるのでしょうが、そんな話をするたびに、可哀想になってしまいます。
でも学生達ばかりではありません。
我が家だって、初釜、初風炉、炉開きなどが全部中止です。
みんなで我慢の時だと解ってはおりますが、複雑な思いばかりです。
ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。