tyakoの茶の湯往来

日常生活の中から茶道の事を中心に、花の事、旅の事、そして、本や写真の事など、気ままに書いて見ようと思ってます。

無文老大師と名残の花々で・・・

2021-10-23 17:54:07 | 自宅稽古

10月23日(土)

冷たい北風が吹き抜けており、冬のような寒さです。

今日は自宅での稽古でした。

床の間

今日は十月最後の稽古日でしたので、無文老大師のお軸を掛けて名残の月を終わりに致しました。

床の間の花は、キバナツキヌキキバナホトトギス、ユウガギク、ノコンギク、アワ͡コガネネギク、フジバカマ、オケラ、タカノハススキの7種です。

我が家の庭に咲いているすべての花を集めて、大きな篭の花入に生けて見ました。

キバナツキヌキキバナホトトギスの花が一つだけ残り、葉も傷んでおりますが名残の花らしく残して生けました。

お菓子

お菓子は、銘がないとの事ですの、それぞれが思い描いた銘でよろしいかと思いますので、皆さんにはそのように伝えました。

最近、お菓子屋さんも「名前が付いておりませんの、何か適当に付けてお願いいたします」といって置いて行きますが、これも中々大変なことで忙しい時には困ってしまいます。

一服

一週間の終わりのお稽古が終わりました。

早いもので風炉の季節も今月で終わりになります。

11月になるまでに、畳や道具類を総入れ買いになりますので、しばらく忙しい日が続くと思います。

無文老大師

無文老大師は数十年前に国鉄の冬の旅のキャンペーンのひとつ「京都冬の旅」というポスターに老師が揮毫されたポスターが駅や車内に張り出されておりました。

駅を利用する事が多かったので、良くポスターを見ておりましたのですっかりファンになってしまいました。

もちろん、冬の京都へ出掛けて行きました。

滅多に見られない、雪の金閣寺を拝見できたのも無文老大師のお陰だと今でも思っております。

大好きな無文老大師に名残の月を〆て頂きました。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 学園祭の開催が決まり、その... | トップ | テーブル掛けも冬用のラオス... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大きな籠花入れに (越後美人)
2021-10-24 14:33:24
お庭にこれだけの花が揃っていて素晴らしいです♪
大きな花籠のたっぷりと入っていて見事ですね。
無文老大師のダイナミックなお軸に相応しいボリューム感だと思います。
私には、まだまだ出来ないお花です。
よい勉強をさせて頂きました(^_-)-☆
花々を (tyako)
2021-10-24 17:38:21
越後美人さま
こんばんは。
昨日が風炉の最後の稽古になりましたので、庭の花を全部生けて見ようと思いました。
菊が多かったですが、白いユウガギク、黄色いアワ͡コガネネギク、紫のノコンギクといい具合にバランスが取れました。
お褒めいただくと嬉しいですが、何となく気恥ずかしい思いがいたします。
まだまだ勉強中ですので、これからも、たくさんのアドバイスをお願いいたします。
ありがとうございました。
Unknown (花彩々)
2021-10-24 17:44:21
今日は
日増しに秋の気配が進み辺りの山野の景色も少しずつ此方は紅葉の季節到来の感じです。
ホトトギスの花が一つと傷葉が名残の秋花らしく良い感じの床の間ですね・・(^^♪
名残の花 (tyako)
2021-10-24 17:58:38
花彩々様
こんばんは。
各地で紅葉の便りも多くなってきております。
名残の花をたくさん集めて生けて見ました。
ホトトギスは、何鉢もありますが、最後の一本でした。この日のために残っていたような気がいたします。
庭の花もそろそろ終わりになります。
ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。