Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

横浜ラーメン武蔵家@西千葉 家系×魚粉+柚子!夏季限定「特製つけ麺」!

2018-08-31 19:17:10 | 千葉市 稲毛区

こちらも、またまたかなり久しぶりかも、、、

なんか、どんどん「久しぶり」のお店が増えていくばかり、、、

西千葉の大人気店、

横浜ラーメン武蔵家 西千葉店

です!

前回は、2017年10月なので、おおよそ10か月ぶり、か。

 前回のレポ(九条ネギらーめん)はこちら

今回の「ねらい」は、、、

夏季限定のつけ麺です!!

武蔵家のつけ麺、、、

いったい!?!?

通常のつけ麺でもよかったんだけど、、、

お腹が空いていたので、「特性つけ麺」を☆

特製のつけ麺だと、肩ロースチャーシュー、メンマ、のりに加えて、

大判焼きバラチャーシューに、かいわれ、味玉がついてきます。

スープは、「厳選した魚粉をたっぷり使用」「ゆずの風味と七味がアクセント」…

なかなか、期待できそうですね~~。

というわけで、、、

ジャジャーン!!!

こちらが、武蔵家の夏季限定、「特製つけ麺」です!!

特製とあって、とっても豪華ですよー!!

肩ロースのチャーシューに、

特製のみで、大きな豚バラのロールチャーシューがどーんっと。

味玉もしっかりついています(この味玉、凄かったんです。後ほど)

で、特製のみに付いてくるかいわれ大根もいっぱい!!

いいじゃないですかー!!!

スープの方からのアングルも♡

武蔵家らしい豚骨系の白濁スープと醤油ダレ。

そこに、たっぷりの魚粉が入り込みます。

魚粉たっぷりの濃厚な茶濁系醤油スープ。

とっても魅惑的なスープになっていました。

こういうこってりとしていて、魚粉たっぷり感のあるスープ、

やっぱ、好きだからなぁ~、、、

味の濃さもばっちりです。

健康を心配する人は食べない方がいいかも!?(;'∀')

麺はこんな感じです。

ここのらーめんの麺と同じ??

やや太い!?

短い麺で、つけ麺としてはとても食べやすかったですねー。

濃度はそれほど高くなくて、食べやすい濃厚スープ。

しょっぱさはわりと際立っていました。

ジョリジョリ感はあまりないけど、魚粉っぽさは感じられました。

いわゆる「濃厚豚骨魚介つけ麺」ってことなんだけど、、、

今となっては、懐かしい味わい。

スープの底には、柚子がいっぱい入ってて、柚子の香りも強かったです。

なんか、こういうの、いいなぁ~~。

柚子の香りに包まれる濃厚豚骨魚介つけ麺

昔は、もうどこもかしこもこのつけ麺、、、って感じだったから。

今は、鶏白湯や煮干し系が主流になっていますが、その原点はこれでしょう、と。

で、何気に感動したのが、この煮玉子。

他のお店の煮玉子よりもかなり味がしっかり付いています。

そのまま食べてもしっかり味があるけれど、

これを、スープにINして食べると、とんでもなく美味しかったです。

スープ割りも、とっても丁寧でした。

器ごと、お店の人に渡すんですけど、

そこに、スープをただ入れるだけじゃなくて、油とネギと七味を入れてくれるんです。

ポットでぬるくなったスープ割りしか出さないお店もある中で、

ここまで丁寧にスープ割りをしてくれるって、とても素敵だなぁ、と思いました。

さすがは、西千葉の人気店「武蔵家」だけはある!!

ただ、スープ割りしても、とってもしょっぱくてしょっぱくて、、、

43歳のミドルにはちょっときつかったかな。

もう少しスープを足してもらった方が飲めたかなぁ、、、orz...

営業時間はこんな感じです。

まぁ、、、

もう、僕みたいな人間がどうこう言うお店じゃないですよね。

西千葉駅付近で惜しみなく愛されている人気ラーメン店。

近所に、「粋や」ができて、どうなるか分かりませんが、

きっと、変わらずに、愛され続けるんだろうな、、、

何気に、ぽっと、イレギュラーなラーメンがでてくるのもここの面白いところ。

これからも、武蔵家西千葉店から目が離せませんよー。

皆様も是非!!!

夏も終わりに近づいてきていますので、

つけ麺が気になる人は、お急ぎを!!m(__)m

Comment

麺屋黄門さま@都賀 麺屋玲跡地にあの「串の黄門さま」がラーメン店を!

2018-08-30 23:02:52 | 千葉市 若葉区

つい先日、惜しまれながら閉店した「麺屋玲」の跡地に、

これまでと全く違うタイプのラーメン店が出現しました!!

その名も、、、

麺屋黄門さま

であります!!

「黄門さま」…

都賀にお住まいの方なら、ぴんと来る人もいるかもしれません…。

駅前の人気の「串の黄門さま」、、、

そうなんです。

人気串焼き屋さんが、玲跡地に、ラーメン店を出したのです!!

実は、この「串の黄門さま」では、かつて、午後11時から限定でラーメンを出していたことがあります。

 午後11時からしか食べられなかった「串の黄門さま」の超限定ラーメンのレポはこちら

この超限定ラーメン、本当に美味しくて、忘れられない一杯でした。

が、残念ながら、その後、提供が終わってしまいました(;;)

もう、串の黄門さまのラーメンは食べられないのか、、、と思っていましたが、

ここに来て、ホンキのラーメン店を出してきたのです!!

もう、驚きですよ、、、

8月30日、つまり、本日オープン!!

久々に、開店日当日のレポが書けました(;;)

店頭には、串の黄門さまの店主さんもおられ、フロア全体を見ていました。

あの「麺屋玲」が、全く別のお店になってしまったことに、少しの悲しさを感じました。

ホント、いっぱい玲のラーメンを食べてきたから、、、

でも、今や、全く別の新店に、、、。

創業を祝う花もいっぱい飾られていました。

こちらの店舗は、「魚介麺処 滔天」→「麺屋玲」と続く三店舗目となります。

店主さんも、気合いたっぷりです★

店内も、全く別のお店の雰囲気になっていました。

かつての面影一切なし。。。

カウンターのテーブルの色も全く別用になっていて、どこかBARみたい。

しかも!!

厨房には、3~4名のスタッフがいて、懸命に働いています。

このお店の厨房に、こんな人がいるなんて、、、

初めてみた風景かも!?!?

しかも、スタッフさんも某有名店等にいた方なんだとか、、、

だから、オープン日のわりには、かなり手際もいいんです。。。

たしかに、ここの厨房は広いので、3~4人いても、全然大丈夫だ、、、

で、メニューです。

券売機は、えー、玲さんの券売機とは別の券売機ですね。

ボタンの量が多い、、、(;´・ω・)

で、二つ、大きなボタンがありまして、

台湾まぜそば」(790円)

特製鶏塩白湯らーめん」(1030円)

の二種があります。

その他、「鶏豚骨醤油らーめん」(家系風ラーメン)や「濃厚魚介つけ麺」があります。

そして、夏季限定か?、「冷し担々麺」なるものも用意されていました。

最初から、かなりバリエーション豊富になっています、、、(;´・ω・)

卓上にも、メニュー表が置いてありました。

写真が出ています。

こちらが、卓上のメニュー表です。

全部で「五種類」の麺が用意されているんですね。

なので、少なくとも五回は来ないと、その全貌は語れませんね。

今回は、おそらくこちらの「看板メニュー」となるであろう、

「特製鶏塩白湯らーめん」(1030円)を頂きました。

いったいどんなラーメンなのでしょう!?

ジャジャーン!!!

来ましたよー。

本日オープンの「麺屋黄門さま」の特製鶏塩白湯らーめん!!

いや~、すごいダイナミックなヴィジュアル!!

でっかい自家製のチャーシューが三枚どどーんっと。

そして、彩り綺麗なネギと水菜が添えられていて、

存在感たっぷりの半熟煮玉子がどーんっと。

煮玉子の背後には、「串の黄門さま」を象徴する「つくね」がありました!!

この「つくね」が、ここのトレードマークになりそうです。

さすがは、串焼屋さんのラーメン店!!

(今後、色々と串焼き×ラーメンのチャレンジメニューが出てきそうです)

zoom up!!

具がいっぱいなので、ちょっとスープが見えにくいですが、、、

こちらの鶏塩白湯スープ、なかなか本格的ですよ、、、

マイルドで、ちょいしょっぱさが際立つ鶏白湯スープになっていて、

たしかに、「鶏塩白湯」のラーメンになっています。

いわゆるドロ系~超濃厚系の鶏白湯ではなく、食べやすい鶏白湯スープ。

マニア度は低いけど、かなり安定した一般性の高い鶏白湯になっていました。

個人的には、これ、好きなタイプの鶏白湯かも!?

イメージ的には、「まる玉@両国」にどこか通じるタイプの鶏白湯かな、と。

(だから、レモンがとっても合いそうな気がしました)

濃厚な鶏白湯ラーメンが苦手だなぁという人でも、これならいけるかも!?

都賀界隈でも、こういう鶏白湯のお店ってないから、歓迎されるのでは、、、

(更に、家系風の豚骨醤油ラーメンもありますしね、、、)

チャーシューは、わりとパサパサとしたタイプのチャーシューで、

スープに浸して食べると、ちょっとだけ柔らかく感じるかな!?

で、こちらが、麺です。

店主さん曰く、「この麺が本当にいいんですよ~」、とのこと。

酒井製麺ではないですが、家系ラーメン店でよく使われる製麺所の麺です。

ぶっとくて、弾力性もあって、コシもしっかり。

確かに、この麺なら、ぐいぐい食べられちゃうかも。

鶏塩白湯スープとの相性もよくて、最後まで自然に美味しく頂けました。

さすが、店主さんを唸らせた麺なだけはあります♪

スープが少な目なので、麺の量が多く感じますが、、、

食べた後も、そんなに苦しくなることなく、程よくお腹一杯になりました。

で、こちらが、麺屋黄門さま自慢の「手作りつくね」です!!

恐らく、このつくねこそが、こちらのお店のシンボルとなることでしょう

ぱさっとしたチャーシューを減らして、このつくねを増やした方が、

このお店らしい「特製ラーメン」になる気がしました。

きっと、今後、色々と変わっていくと思います。

これからがなんかとても楽しみになりました。

そして、煮玉子も♪

いい感じで、半熟になっていました。やわやわでも固めでもない、、、

ちょうどいい塩梅の茹で加減になっていて、よかったです。

スープも美味しくて、完飲完食しちゃいました♪♪

うん、いいじゃないですか、鶏塩白湯!!!

ネットで「鶏塩白湯」という文字を検索しても、ほとんど出てきません。

こちらの麺屋黄門さまのオリジナルワードになりそうです。

いい感じで、しょっぱい鶏白湯スープになっていて、

これならまた是非食べたいな、、、と。

これに、焼き鳥丼とか、つくね丼とか、鶏皮丼とかあったら、最高かも!?

「串の黄金さま」の「鶏めんたい丼」も是非メニューに加えて頂きたいですねー(;;)

みなさまも是非行ってみてください。

***

店頭に置かれた電光掲示板が面白かったので、、、

店主さんの個人的イチオシは、こちらの「濃厚魚介つけ麺」みたいです。

「麺の美味しさがダイレクトに伝わるので、つけ麺がおススメです」、とのこと。

次回は、これを食べるかな~~♪

そして、都賀界隈で欲しかった「豚骨醤油ラーメン」!!

こちらのは「鶏豚骨醤油ラーメン」になっていますが、、、

こちらのラーメンも近いうちに食べてレポしたいなぁ~~~(;;)

ボリューム満点の「台湾まぜそば」もありました。

わりと、これを注文する人も多かった気がします。

こちらも、また近いうちに食べなければ、、と。

(ただ、まぜそばって、スープがないから、どうしても満足しきれないんだよな~)

そして、現在は提供されていませんが、、、

今後、登場予定となっているのが、こちらの「黄門さま醤油らーめん」。

うん、これ、めっちゃ楽しみかも!?

あっさり系のスープの醤油ラーメンかな!?、と。

どんなあっさりラーメンを出してくるのか!?

もともと、串の黄門さまで出していたのが、淡麗系だっただけに、、、

あの夜11時~の超ハードルの高いあのラーメンがもう一度食べたい、、、

こちらのラーメンへの期待はとっても高いです☆

***

というわけで、、、

麺屋黄門さま、創業日の最速レポでした!!

これから、どんどん進化させていくみたいですので、、

是非、この機会に一度行ってみてください!!

なかなか面白いお店になっていますよー!!\(^o^)/

Comments (3)

雷神屋@小倉台 生姜の魅力がぎゅっと詰まった「中華そば(醤油)」!

2018-08-30 12:24:18 | 千葉市 若葉区

かなり久々にやってきました!

千葉都市モノレール小倉台駅前すぐのところにあるパワフルなお店、

背脂豚骨醤油ラーメン 雷神屋

です!!

過去ログを見ると、前回来たのは、2015年10月…

 前回の<稲妻そばVS雷神そば対決>の記事はこちら

もう、かれこれ、3年が経つんだ、、、

過ぎゆく時の流れが早すぎる…

3年も経てば、お店も色々変わっているはず。

新しい気持ちで、こちらのお店にやってまいりました!

うん、、、、

3年前とほぼ変わってない、、、(・_・;)、、、

看板の四つのメニューも変わらずに健在だ、、、

まぁー、これはこれでいいんです、うん。

きちんと基本が確立されているということで、、、苦笑

でも、券売機の横を見ると、、、

なに!?!?

期間限定冷ラーメン

あっさり塩味の冷やし

ですか!?!?

うお~~~~、雷神屋で冷やしラーメン!!

一気にテンションが上がります。

が、、、、

「今さっき、売り切れました…」

ガーン

ショックだ、、、

と思いつつ、また別のところに目を向けると、、、

なになに!?!?

ちゅ、ちゅ、ちゅ、、、

中華そば(醤油・塩)、、、

!?!?

なんだこれは!?

これは、3年前はなかったぞ、、、

というわけで、、、

ジャジャーン!!!

来ました!!

雷神屋の新作(!?)

中華そば(醤油)」です!!

なんか、素敵なヴィジュアルだなぁ、、、

雷神屋の他のメニューに比べると、ちょっと地味目ですが、、、

でも、中央に輝く「生姜」がなんか、すごい存在感でした

スープは、「あっさり系」…といいたいところですが、

これでも、十分にマイルドでしっかりとしたスープでした。

超濃厚ではありませんが、決してシャバシャバではありません。

お肉も分厚くて、でっかいです。。。

見てください!

この美しいラーメンの画像!!

見た目こそ、わりと濃厚そうですが、、、

とてつもなく飲みやすいスープになっていました。

濃厚好きな人も、あっさり好きな人もどちらも満足できるんじゃないかな?!

そして!!

途中で、生姜をスープに混ぜていきます。

そうすると、ややこってりしたライトなラーメンが、

みるみるうちに、生姜醤油ラーメンに変貌していくんです。

おおー、来たぞ、ジンジャー!!!

生姜ラーメンと言えば、新潟県長岡市の「長岡生姜醤油ラーメン」ですよね。

秋葉原には、From長岡の人気店「青島食堂」が登場しています。

僕的には、麺処美空@神保町(閉店)の生姜醤油ラーメンが忘れられない…

そんな「生姜醤油ラーメン」を思い出すような味わい!

これ、マジでいいかも!?!?

麺も、凄かった!!

これ、常勝軒の麺って書いてあったので、そうなんでしょう(苦笑)

 常勝軒@千葉本店のレポはこちら

とにかく、ぶっといです!!

見た目的には、「うどん」の麺と見分けられないくらいに!!

でも、食べれば、完璧に「中華麺」です。

ワシワシ食べるタイプの超ハードでパワフルな麺でした。

この厚さ1cmのでっかくてぶっといチャーシューもたまりませんねー。

味的には、まぁ、わりと普通のチャーシューですけど、

食べ応えはかなりあります。

肉好きの人なら、チャーシュー増しがいいかも!?

いや~~~

パワフルで超ハードな生姜醤油ラーメンでした。

これ、美味しい♡

そうなると、今度は「塩」が食べたくなってくるなぁ、、、

次は、「中華そば(塩)」、確定!!

あ、冷しも食べられたら、、、もう無理かな、、、

それから、おそらく3年前はなかったであろう、、、

ミニ丼の新作!?

牛ハラミ丼(350円)

です!!

ドーンっと。。。

この牛ハラミ丼がとんでもなく美味しかった!

いかんせん、注文してから目の前で焼いてくれるんですから♪

もう、ここに来たら、絶対にハラミ丼ですよー。

350円で、この量、このクオリティー。。。

参ります。。。

味は、味噌ベースのタレで、とっても香ばしくて、ジューシーで。

最強レベルの「ミニ丼」になっていると思いました。

さすがは、「元焼肉屋店主」の作る牛ハラミ丼だ!\(^o^)/

このハラミ丼の満足度はかなり高かったです。

***

というわけで、

3年ぶりとなる「雷神屋」のレポでした!!\(^o^)/

いやー、なかなか凄いお店になりつつある気が、、、

店主さん?のTシャツを見ると、「常勝軒」の文字が…。

常勝軒というと、例の「こうじ系」「田代系」ってことで、、、

こうじ~田代さんというと、「雷神角ふじ」ってことで、、、

その「雷神角ふじ」があって、この「雷神屋」がってことで、、、

でも、こうじグループのHPには、この雷神屋の文字はなくて、、、

どういう位置づけになるのかなー、、、なんて。

まぁ、フリークさん以外にはどうでもいい話なんですけど…。

いずれにしても、この雷神屋は、かなり頑張っているぞ、と。

また、来たいと思います!!

Comment

麺場浜虎@横浜 二度目の訪問!メインの「こく醤そば」を頂きました!

2018-08-29 23:21:07 | 神奈川

2018年夏の横浜ラーメン巡り、

ファイナルは、横浜の若者に人気の、

麺場浜虎

であります!!

1年ぶりの再訪となります。

 2017年の僕の浜虎のレポはこちら

ここは、ホント人気店ですよね。。

吉村家ほどぶっ飛んだ行列はできませんが、

常に人がやってくる根強い人気店だと思われます。

2002年創業のお店なので、創業16年くらいかな!?

こちらの浜虎では、券売機がお店の外にあるんです。

なので、券売機で食券を買ってから、店内に入ります。

色々とあって、悩むところですが、、、

今回は、現在の基本と思われる「こく醤そば」(790円)を頂くことにしました☆

(かつてのラーメン本を見ると、「鶏塩そば」がイチオシとなっていました)

このこく醤そば、醤そばよりも60円ほど高いんですよね、、、

いったい、どんなラーメンなのでしょう!?

ジャジャーン!!!

こちらが、浜虎の「こく醤そば、です!

なんか、なかなか濃厚そうだわ、、、

この見た目、あまり見ないタイプ、、、というか。

ここ、浜虎のラーメンは、「どこにもない味」とよく称されます。

どこかの「系」に属さず、己の道を我が儘に突き進んでいる、というか!?

緑色の葉っぱみたいなのは、どうやら「モロヘイヤ」っぽいです。

モロヘイヤというと、都賀の「結まーる」等で出される千成系のモロヘイヤラーメンが浮かびます…。

それに、こっちでは珍しい!?、刻み新たまねぎが乗っていますよ。

玉ねぎトッピングは、ある種、千葉のラーメン文化そのもの!!

(あと、八王子か、、、)

そして、最初に驚くのが、分厚い鶏チャーシューでしょう♪

zoom up!!

とっても、濃くて、ガツンとしてそうです~ブルブル、、、

でも、スープを飲むと、あらやだ、、、

意外にも、飲みやすい魚介風味の白湯醤油ラーメン、だ、、、

しかも、いわゆる「濃厚豚骨魚介」とも違うテイストというか、方向性というか、、、

なんて、言えばいいんだろうな、、、

クリーミーでマイルドな白湯魚介醤油ラーメン

って感じ!?

家系ラーメンとは完全に差異化を果たしているし、

鶏白湯系ラーメンとも違う。

もちろん、ニボニボ系のラーメンってわけでもない。

やっぱり、浜虎オリジナルのコクある醤そばってわけだ、、、

麺はこんな感じです。

こちらの麺は、やや太めの縮れ麺。

この縮れ具合、わりといい感じですね。

もう少しゴワゴワで、ワシワシと食べられる麺だとよかったな!?

ただ、麺のレベルが異常に高い横浜エリアの中では、、、

わりと「普通」って感じだったかなぁ、、、と。

横浜エリアの麺のレベルって、ホントに高いから、、、

こちらが、鶏のチャーシュー。

これが、想像以上に美味しくて、ひっくり返りそうになりました。

これまでも、鶏チャーシューって食べてきたけど、、、

この浜虎の鶏チャーシューほど、美味しい!ナイス!って思うのはなかったかな??

鶏チャーシューというと、パサパサだったり、味がなかったり、

味気なかったり、パンチがなかったり、、、とします。

でも、ここの鶏チャーシューは、その全部をクリアしていました。

この鶏チャーシューは、もっと注目されていいんじゃないかな、と思いました。

ラーメンに鶏肉トッピング、、、

ここに、なんかラーメンの未来の可能性を感じました。

というわけで、2018年夏の横浜ラーメン巡り、終了です!!

(本当は、お仕事で来ていたんですけど、、、(;´・ω・))

やっぱり、千葉県外のラーメン巡りは面白い!!

もちろん、千葉のラーメンをメインに食べ歩いているし、

これからも、千葉のラーメンを応援する!というスタンスは変わりません。

が、たまに、こうやって、県外のラーメン店をめぐるのも面白いですね。

都内以外だと、埼玉と神奈川については、そこそこ色々と食べられているかな?、と。

埼玉も神奈川も、ホント素敵なお店がいっぱい。

きっと、47都道府県、どこのエリアにも、美味しいお店があるんだろうな。

凄いなぁって思いますよ、改めて。

僕の知らないところで、凄いラーメンが出されていて、

それを美味しく頂いている人が、いつもどこかにいる。

まだまだまだまだ、食べていないラーメンは無数にあります。

でも、僕らが出会えるラーメン店なんて、ほんのわずかのみ。

これからも、ラーメンフリーク道を突き進むぞ!、と。

Comment

鶴一家@横浜 24時間営業の家系店の限定「地獄冷やしラーメン」とは!?

2018-08-29 00:02:33 | 神奈川

2018年度の横浜ラーメン巡りも、いよいよ残り2店!

最後の日の一軒目に向かったのが、こちら、

横浜 鶴一家

です!!

こちらのお店、凄いんです、、、

何が凄いって、、、

24時間営業×年中無休の家系ラーメン店

なんです!!

凄くないですか!?

しかも、ネットの記事でも、わりと評判もいいんです。

いったいどういうお店で、どんなラーメンなんだろう??、と。

興味は津々\(^o^)/

メニューです!!

今回の横浜滞在では、吉村家の目の前の横浜家でしか横浜豚骨醤油ラーメン(家系)を食べてない…

豚骨スペシャルにするか、豚骨ラーメンにするか、、、

あるいは、豚塩スペシャルにするか、豚塩ラーメンにするか、、、

悩んでいたら、、、

こんな掲示が目に飛び込んできました。

地獄冷やしラーメン!?

しかも、「青唐辛子入り」!?!?

なんてこった、、、

冷やしラーメンと聞いたら、見過ごすとはできない、、、

しかも、この掲示のラーメンの写真がなんだか素敵。

右上に乗っているのは何だ?? 

もしかして、天ぷらか? かき揚げか??

スープもたっぷり入ってそう、、、

こりゃ、もしかしたら、もしかすると、、、

ドキドキ、、、

ジャジャーン!!!

あれ??

あれれれれ???

これが、地獄冷やしラーメン????

全然、写真と違うじゃん、、、

かき揚げなんて入ってないじゃん、、、(苦笑)

かき揚げに見えたのは、キムチだったのか???汗

しかも、スープなんて、ほとんど入ってないじゃないか、、、

ここまで、イメージ画像と実物がかい離しているのって、、、なかなかないぞ…。

しかも、「地獄」と言っているのに、全然辛そうなものがない、、、汗

ただ、、、

この鶏チャーシュー(チャーシューと言っていいのか?!)、、、

でっかくで、大きくて、ぶっといのが、三枚も!!!

もちろん冷たいお肉になっています。

カイワレ、トマト、レモン、キムチなんかが、綺麗に盛られていて、、、

これ、どう考えても、冷やし中華やん、、、

味も、酸味の効いた醤油味系で、非地獄系…。

もう、頭の中、???マークでいっぱいですよ、、、

麺はこんな感じです。

ガンガンに冷えています☆

でも、これ、どう考えても、辛くない酸味の効いた冷やし中華、、、

普通に美味しいには美味しいけど、、、

どこが、地獄なんだ!?

なんか、だんだん、腹立ってきた、、、

何が、地獄だよ、、、

これで、980円って、何だよ、、、(;´・ω・)

味的には、地獄どころか、ただの夏の日本の冷やしじゃねーかよ、、、

と、心の中で、ぶーぶー言っていたら、、、

カウンター越しに、何やらラー油みたいな赤いオイルを渡されました。

そして、一言、囁くように、

「くれぐれも入れ過ぎないように… ニヤリ…

あ、一瞬、微笑んだ!?

って、、、

これ、ラー油(!?)じゃないの!?!?

そんなの入れたって、地獄なんかにゃならないって、、、

だいたいラー油を入れたくらいで、地獄になんてならねーっつうの、、、

ってことで、この赤いオイルをガラス皿にスプーン二杯程度入れたんです。

そして、そのまま普通にばくっと食べたら、、、

「辛れーーーーーーーーーーーー!!!」

って、なりました。

なんじゃ、この辛さは、、、(;´・ω・)

ビリビリ来ます、、、

これは、ただの唐辛子の辛さじゃないぞ、、、

催涙ガスレベルに強烈な刺激だよ、、、

一体何なんだ!?!?!

お店の人に聴いてみたのですが、

「ふっ、ふっ、ふっ…

って感じで、、、(;´・ω・)

ただのラー油ではありませんでした。

かなりキツイ刺激オイルでした、、、

いやー、ビックリした、、、(;´・ω・)

でも、そのおかげで、最後までスリル満点で楽しめました。

辛いのがお好きな方は是非、こちらの鶴一家へ!!!

いやー、とんでもない冷やしラーメン(!?)と出会えましたよ、、、(;´・ω・)

でも、これ、冷やし「ラーメン」って言っちゃっていいのか???

分からん、、、

というわけで、、、

本当なら、ここで家系風の豚骨醤油ラーメンを頂くつもりだったんですが、

急遽、この七変化系?の冷やし麺を頂くことになりまして、、、

最初は「なんだよ、ただの冷やし中華じゃん!」から、「ひえ~~~系」に変貌しました。

これはこれで、とっても面白いなぁと思いました。

24時間営業の横浜のユニークなお店でした。

Comments (2)

インドネパール料理ミトチャ@常盤台 緑色の美しいサグチキンカレー!

2018-08-28 20:32:41 | 神奈川

先日、レポした横国大近くの人気のカレー店、

インドネパール料理ミトチャ

に、またまたやってきました!

このミトチャとの出会いで、なんか、カレーブロガーになってしまいそう、、、

今回は、前回勧められた「サグチキンセット」(800円)を頂くことにしました。

サグは、菜の花、ないしはほうれん草のこと。

正式には、ほうれん草ではないみたいですが、、、

サグカレーというと、ほうれん草のカレーを指すケースが多いんだとか。

 詳しくはこちらを参照

お昼のランチなので、また、ミニサラダからです!

ジャン!

ミニサラダです。

やっぱり、メインディッシュを頂く前に、サラダは食べたいところ。。。

サウザンドレッシングの美味しいサラダを頂いた後に、、、

ジャジャーン!!!

こちらが、サグチキン、です!!

いや~、美味しそうだ、、、

実に美味しそうだ、、、

カレーも、ラーメンに負けないくらいに、ヴィジュアル的に映えるなぁ、、、と。

これからは、ラーメンだけなくて、カレーも色々と食べたくなってきました。

こちらのカレー、本当に、違和感がないというか、日本人の口に合う、というか。

エスニックなカレーって、僕はとても苦手なはずなんですけど、、、

ここ、ミトチャのカレーは、異国情緒はありつつも、違和感がない、、、!!

ほうれん草はたっぷり入りこんでいると思うけど、クセは一切なくて、

とても食べやすい、辛くない緑色のカレーになっていました。

生クリームも入っていて、なかなかにエレガントです。

もちろん、チキン=鶏肉も入っています。

これ一つで、本当にご飯が進みます。

ご飯にかなりよく合うカレーになっているじゃないか!!、と。

ここのライスは、日本のお米じゃなくて、アジア風のライスになっています。

前の記事でも書いたけど、こういう東南アジア系のお米、大好き!

大好き、というか、カレーにはホントよく合うなぁ、、、と。

もちろん、日本の料理には日本のお米が一番!ですけど、

カレーとなると、ちょっと(日本米は)違うかなぁ~、と思います。

***

この日も大満足で、午後の集中講義も頑張れました。

ここのカレーに出会って、何か、自分の中で「変化」がありました。

カレーをもっと色々と食べてみたい!!

そう、思うようになってきました。

これは、僕的に小さな革命、かも!?

日本風のカレーなら、家庭のカレーで十分。

でも、エスニックなカレーは、ちょっと異国の味過ぎて、、、

けど、ネパール系のカレー店だと、異国情緒と安心感を同時に感じられる、、、

もし「ここのカレーがめっちゃ美味しいよ!」というお店がありましたら、

是非是非教えてください!!

まずは、千葉市内から、、、(苦笑)

Comment

自家製手打ち麺 粋や@西千葉 富士見→都町→西千葉へ!手打ち麺で復活!

2018-08-28 00:00:41 | 千葉市 稲毛区

千葉のラーメン好き/フリークさんで知らない人はいない人気店、

自家製手打ち麺 粋や(いなせや)

が、遂に、西千葉にやって来ました\(^o^)/

富士見町で産声を上げ、都町で経験を積み、

そして、満を持して、西千葉にやってきたのです!!

本当は、都町店でボヤが起きて、移転となったんですけどね。

でも、理由はどうであれ、西千葉駅前にやってきたのは、僕にとっては嬉しいニュース。

富士見町時代から大好きだったお店ですしね♪

都町に移転してからは、なかなか行けませんでした。

でも!!

これからは、もうサクサク行けちゃいます♪

 富士見町時代の粋やの初レポ(2010年9月)はこちら

 富士見町時代、初のちきちきぼーんのレポ(2012年5月)はこちら

 都町時代の粋やの初レポ(2016年5月)はこちら

で、肝心の場所ですが、超簡単!

西千葉駅改札を出て、右手方面へ。

階段を上がったら、右手、線路の高架下沿いの細い道を行きます。

焼肉屋の「昌慶苑」を通り過ぎて、100mくらいかな!?

西千葉駅から徒歩で2~3分です。

ホント、いいところに移転しましたねー\(^o^)/

ただ、路地裏なので、人目に付かないというか、、、

そこがちょっとだけ心配、、、

(ま、全然大丈夫だと思うけど、、、)

店頭には、こんなメニューの写真も!

正油らぁめん、塩らぁめん、つけめん、鶏白湯らぁめん、

うん、粋やのままだ♪

そして、正油わんたんめん!!

オープンして早一週間。

おそらく最初の一週間はどったんばったんだろうと思って、控えました。

僕は、いち早く情報を得て発信するタイプのブロガーではないので(苦笑)、、、

それに、西千葉駅前となれば、これからいくらでも来られるしね♡

オープンして一週間にして、早くも営業時間が変更されています。

11時~15時までの4時間のみの営業となります。

ん!?

これは、もしや、、、きっと某KのI店主の策を真似たか!?

夜の営業は、現在、やっていません。ご注意を!

この文章から、小池店主のホンキが伝わってきます。

まずは、これまで基本のメニューとしてきたラーメンだけを、、、と。

小池氏の引き出しは、いっぱいありますからね。

これから、徐々に出してくることでしょう。

それと、今回の西千葉移転に伴って、一番変更されたのがこれ!

遂に、、、

完全なる自家製手打ち麺

になったんです!!

分かりますかね!?

製麺機で麺を作るのをやめて、本当に小麦粉から手でこねて作るんです!!

ここまでやる千葉のラーメン屋さんって、、、

ホント、数える程度じゃないかな!?

本当の正真正銘の手打ち麺だけに、一日で作れる麺の量が限られるんですね。

なので、とりあえずしばらくは昼のみの営業でいく、ということらしいです。

メニューです!!

午後1時半頃の時点で、鶏白湯完売、つけ麵も売切れ(!?)、、、

小池氏に「今のオススメは?」と訊ねると、すぐに「正油です!」との声が…。

今回の移転に伴い、また味を変えたんですって。

「変わらないために変わり続ける」、、、

粋やって、お店だけじゃなくて、味も変え続けているお店なんですよね。

店主さんオススメならば、と。。。

あと、お腹ペコペコで、お肉いっぱい食べたい気分だったので、

正油チャーシューめん(950円)

を頂くことにしました!

ジャジャーン!!!

遂に、粋やの正油らぁめん(チャーシューめん)との再会!!\(^o^)/

真っ黒いスープなのが特徴ですね。

火を入れた醤油ダレと火を入れない生醤油の両方を合わせる、という手法。

生醤油の香りの豊かさを出しつつも、食べやすいスープに仕上げていますね。

スープを飲むと、ぐわっと「醤油の旨み」が押し寄せてきます。

僕の脳裏に、「竹岡ラーメン」という文字が浮かびました。

上品で洗練された竹岡styleの黒醤油ラーメン

という感じですかね。

小池店主も、「竹岡ラーメンと同じ作り…」と語っていました。

もちろん、竹岡ラーメンそのものを出しているわけでなく、それを発展させてます。

なので、都内の淡麗醤油系とは明らかに違うし、神奈川淡麗系とも違います。

強いて言えば、都内~神奈川淡麗醤油×千葉竹岡式ラーメンの融合系って感じ!?

地味に、「鶏節」の旨み?みたいなものも感じられて、面白かったです。

いやー、凄いわ、、、

で、こちらが、今回の移転によって生み出された自家製手打ち麺!!

もうね、、、

僕の頭の中では、「ケンチャンラーメン」の親父さんの顔が浮かびましたよ(苦笑)

でも、ケンチャンラーメンよりも、ゴワゴワしている感じ。。。

これ、都賀の「中国小麦粉料理専門店恵泉」の麺に似てるかも!?

手打ち麺という意味では、「ごいみ@千倉」の麺に通じるものがあるけど、

でも、太さも食感もかなり違うかなぁ、、、

細麺なら「ごいみ」へ! そして、太麺なら「粋や」へ!

あまり、本格的な手打ち麺を食べたことのない人には、絶対に食べてもらいたいな。

うん、学生たちにも伝えなくっちゃ♪

そして、チャーシュー!!!

今回は、「チャーシューめん」を頼んだので、いっぱいお肉が入っています。

もう、これからは、ここではチャーシューめんだな( ´∀` )!

スープが竹岡進化系なら、チャーシューも竹岡進化系じゃないか!?、と。

表面がこんがりと黒く焼けたワイルドな豚チャーシューがいっぱい。

いい意味で、ワイルドでジャンクで豪快で武骨なチャーシュー。

(例えるなら、まるわというより大地のチャーシューに近いタイプ)

そこに、一枚だけ、柔らかい鶏チャーシューが一枚。

いやー、あと10枚くらいチャーシューを食べたかった(苦笑)、、、

あと、メンマもすごくしっかりしたメンマで、歯ごたえがよく、臭みも一切なしでした。

すごい完成度、、、

色々と、本当に紆余曲折しての移転~再オープンでしたね。

2010年以降、波乱万丈の「粋や」。

苦労しているからこそ、ここまでハイグレードな一杯にたどり着いたんだと思います。

それに、ホント、多くの人に愛されているお店でもあるなぁ、、、と。

でも、だからこそ、今度こそはちゃんとこの地に根付いてほしいと思います。

「営業中」の看板が、目印です♪

この日の感触だと、13時30分過ぎに行くのがねらい目かも!?

お客さんは、若い人が多かったかな?

でも、この地域のおばちゃんなんかもいて、客層もますます広がりそう。

いつか、高齢者向けの優しくて美味しいラーメンを出してもいいかもね。

この道の先に、「西千葉駅」があります。

さぁ、大変だ。

西千葉エリアのパワーバランスがまた大きく変わるかも!?

千葉市のラーメンの中心は、もう今や西千葉エリアにあり!!

と言ってもいいかもしれません。

もちろん、作草部~天台エリアも含めて♪

また、近日中に二回目のレポを上げたいと思います\(^o^)/

頑張れ、粋や!!

Comments (3)

味のラーメン 海賊@関内 関内の老舗店!激ウマメンマの絶品ラーメン!

2018-08-27 21:01:03 | 神奈川

関内に、前々からずっと気になるお店があったんです。

ただ、気になりつつも、なかなか来られらなかったお店。

関内の中でも、かなり古いお店じゃないかな!?

それが、

味のラーメン 海賊

であります!

海賊ですよー(;´・ω・)

怖い名前です(苦笑

真新しいラーメン屋さんが近所にいっぱいあるんですけど、

その中で、なかなかの「異彩」を放っているお店でした。

店内は、まさに昭和の中華食堂という感じ!?

いや、昭和以前の世界観か!?

ここは、横浜。それこそ、<元祖>中華街がある街。

そういう古き良き中華食堂の雰囲気が醸し出されていました。

もちろん、店内はお客さんでいっぱい。

きっと、地元では知らない人のいない有名店なんでしょう。

(雑誌等で見たことはありませんが、、、(-_-;))

メニューです。

麺や勝治で二杯食べた後なので、普通の「ラーメン」を。

ラーメンの後に、「(醤油・塩)」とありまして、

醤油が先に来ていたので、醤油ラーメンをお願いしました。

いったい、どんなラーメンなのだろう!?

ジャジャーン!!

来ました!!

こちらが、味のラーメン海賊の醤油ラーメンです!

最後の最後に置かれた「海苔」がとても印象的です。

「ああ、これぞ、ラーメン。嗚呼、これがラーメン也~」って。

惚れ惚れするほどの横浜の中華系の王道のラーメンのヴィジュアル

でも、海苔の下をのぞくと、一気にテンションが変わります。

ジャジャーン!(二回目)

海苔の下に、なんとこんな魅惑的なメンマがどっさりと…。

このメンマ、只ならぬぞ、、、と。

ああ、だから、「メンマラーメン」が店頭で紹介されていたんだ。

このお店は、メンマが売りのお店なんだ!!!、と。

(でも、ブログ等でここのメンマを熱く語る記事はない…)

このメンマ、ホント、他と違います。

僕も、これまで全国津々浦々のメンマに触れてきましたが、

ここまでこだわり抜いた、個性的で美味しいメンマは初めてかも!?

スープも、平凡に見えて、非凡なスープでした。

「昔ながらの中華そばの味」では片づけられない!!

生姜かな。生姜の味がわりと強く効いている感じで、

ただ、ガラと野菜で煮込みました~っていうスープじゃない。

基本的には、あっさりとしていて、普通の醤油スープなんですけど、

そこに、色々と手を加えているんだろうなというのは分かると思います。

だから、平凡に見えて、非凡。

普通だけど普通じゃない、そういうスープにやっぱ僕は惹かれるんだよなぁ。

麺も、期待通りというかなんというか、、、。

麺は、わりと細い・・

この麺、好きだなぁ~、、、。

量もかなりあって、三杯目としてはちょっときつかったかな(苦笑)

でも、貴重な横浜ラーメンミニツアー。

心から堪能させてもらいました。

チャーシューは、こんな感じで、、、

オールドタイプだけど、そのわりにはわりと弾力性があって、いい感じでした。

(つまり、昔ながらのパサパサチャーシューをギリギリ回避している、というか、、、)

***

最後に店主さんと少しお話できました。

現在の店主さんは、二代目ということで、まだまだお若い感じがしました。

創業は、たしか35年から40年くらいだったかな、って感じでした。

なので、関内の老舗ラーメン店といってよいでしょう。

そうそう。

関内といえば、「唐桃軒」が有名な老舗店だと思いますが、、、

 昨年の僕の唐桃軒の実食レポはこちら!

なんと、今年4月に関内駅前「セルテ」内に移転したそうです。

なんとも「関内ラーメン横丁」なるラーメン施設ができたんだとか

こちらにも是非行ってみたいなぁ、、、

いや~、関内って、面白いなぁ~(;;)

PS

関内といえば、ZI:KILLのKENちゃんが昔遊んでいたところ。

「関内で映画を見に行く」というのが、KENちゃんの楽しみだったとか。

KENちゃんに憧れてギターを始めた僕も、もう中年のおっさん。

でも、関内に来ると、あの頃の気持ちが甦るんだなぁ、、、

Comment

McDonald's in Japan - What is TERIYAKI BURGER!?

2018-08-27 15:40:40 | ラーメン・グルメのコラム

Please let me talk you about...

McDonald's in Japan!!

Anyone eats McDonald's.

You can always enjoy McDonald's food in Japanese style!! 

I recommend you

TERIYAKI BURGER!!


What is Teriyaki??

Teriyaki (kanji: 照り焼き) is a cooking technique used in Japanese cuisine in which foods are broiled or grilled with a glaze of soy sauce, mirin, and sugar.

The word teriyaki derives from the noun teri (照り), which refers to a shine or luster given by the sugar content in the tare (タレ), and yaki (焼き), which refers to the cooking method of grilling or broiling.[3] Traditionally the meat is dipped in or brushed with sauce several times during cooking.[4] This popular dish was originally created by Japanese cooks of the seventeenth century, when urbanization, changes in agricultural methods and exposure to new ingredients from abroad gave rise to new, innovative cooking styles.

reference souce is here (wikipedia)


Teriyaki Burger is my favorite burger. 

Almost all Japanese like to eat this burger!!

You can choose TERIYAKI Burger or GRAN TERIYAKI Burger now!

GRAN TERIYAKI=グランてりやき(rich)

¥390=3€

TERIYAKI McBurger=てりやきマックバーガー(original)

¥320=2.48€

This is GRAN TERIYAKI BURGER!!(superier)!!

Soft buns and delicious souce!!

This buns is too soft and fluffy. 

This is traditional original TERIYAKI BURGER!!

I recommend you eating this original TERIYAKI BURGER in Japan,

becouse you can enjoy this burger only in Japan.

Have a good time in Japanese McDonald's!!

***

外国のお友達にも分かるように、英語で書いてみました。

まぁ、中学生英語です(・_・;)

てりやきバーガーって、海外じゃまず見ないですからね。

僕的には、やっぱりてりやきバーガー&ポテトのコンビが最高に好きです。

ちなみに、マックのポテトって、アメリカで製造されたものなんですね。

輸入物だったんです。

あと、グランてりやきバーガーは、バンズがふわふわ過ぎて、僕には無理だった。

なんで、日本のパンやバンズって、こんなに柔らかいんだ!?!?

ドイツのような外が固くて、中がもっちりというパンで食べたいのに、、、

きっと、フランスパンがいけないんだ!(苦笑)

フランスパンが出回っちゃったから、ドイツのパンが広まらないんだ。

フランスパンも美味しいけど、あれは食べ手を選ぶ。

ドイツのパンは、フランスパンほど「過激」じゃない!!

(外はガリガリ過ぎないし、内もフランスパンほどふわふわじゃない)

ドイツのカイザーゼンメルみたいなパンで、てりやきバーガー食べたいなぁ~。

つぶやき、、、でした。

Comment

SUPPLE MINDーしなやかで素直な心で…

2018-08-27 01:43:24 | 僕のオリジナル曲! -kei' s original songs-

もうすぐ、8月も終わりですね。

僕は久々に、日本で夏を過ごしました。

とにかく暑い暑い1か月でした。

***

日本だけで生きていると、なんか、先が暗くなるというか…。

いや、「日本の情報」だけだと、全く「世界」が見えてこないというか。

海外志向の強い僕でさえ、日本にいると日本の情報に飲み込まれるんだから、

海外に行かない人となると、その情報だけが「真」になっちゃうんだろうな、と。

しかも、最近の人は、新聞も読まないし、テレビも見ない、といいます。

もっぱら、情報源は、SNSとネットの記事だけ、という、、、

SNSもネットニュースも、基本的にセンセーショナルに書いてくるので、

それを読むたびに、「え?」「まじ?」「ヤバくない?」って思ってしまいます。

危機感ばかりが煽られる、というか…。

いたずらに「不安」を煽られ、「恐怖」を感じさせられ、疲れさせられる。

刺激のないものには、もう価値がないかと思うほどに。

だから、僕のブログくらいは、ボケと言われるくらいに平和ボケしていたいかな。

毎日毎日、ラーメンですからね、、、(;´・ω・)

***

9年くらい前に、「SUPPLE MIND」という曲を作りました。

suppleは、英語で、「しなやかな」「柔軟な」「素直な」「軽快な」という意味です。

しなやかな心、柔軟な心、素直な心。

そういうのって大事だよなぁって思って、SUPPLE MINDにしました。

今の時代、政治界を含めて、悪人の方が成功するし、支持される時代。

嘘もつきとおせば、それが真実になる時代。

悪人正機を唱えるまでもなく、悪人こそが往生する時代。

素直な心をもっていることが、まるでダメ人間であるかのように。

世界でも、fake news!と連呼されていて、もう何がfakeで、何がそうじゃないのかも…

「ポスト・トゥルース(真実以後)の時代」とも言われていたり…。

それでも、

素直で、しなやかで、柔軟な心は、大事にしたい。

「成功」するためには、そんなものは要らないのでしょう。

ずる賢さと、したたかさと、がめつい心があればいい。

でも、「成功」だけが、人生ではないし、ほとんどの人は成功なんてしない。

僕も、成功なんて全然してないし、これからもしそうにない(苦笑)

そもそも、「成功」を求めてないし、静かに隠れて生きられればそれでいい。

(少しは世のため人のためになれれば、とは思っているけど…)

「成功」を求めなければ、suppleなmindは守られるし、育てられる。

音楽も同じで、「成功」を求めるとなると、色々と面倒くさいことがいっぱい。

だけど、「成功」を求めなければ、いつまでもsuppleに音楽と向き合える。

世の中は、ますますきな臭くなっているし、殺伐としてきている。

でも、だからこそ、温かい心に触れたり、人の優しさに触れたりする必要がある。

結局、人間って、誰かに認められたり、褒められたりっていうのを求めちゃうわけで。

そういう当たり前のことが、なんか、どんどん失われてきているような…。

***

きっと、誰もがね、かつては、

「本当の運命の人って誰なんだろう?」、とか、

「本当の恋とはいつ巡りあえるんだろう?」、とか、

「明日は、誰と何を話そうかな」、とか、

「明日はデートの日だけど、どこに行こうかな」、とか、

そういうことを考えていたと思うんですよね。

好きな人ができて、その人と会うことになって、

そして、その人と丸一日、どこかに行くことになって、、、

その前の日は、ドキドキ、そわそわしちゃって、寝られなくて、、、

僕もはるか昔、そんな気持ちになって、、、淡かったなぁ~(苦笑)

そういう気持ちって、多分、死ぬまで在り(残り)続けるんだろうって思います。

大人になると、どうしても、目先の利益(=お金)のことを優先しちゃいます。

そして、頑張っていると、「成功するぞ」と野心が出てきます。

それはそれで、悪いことではないでしょう。

でも、そういう野心が膨らむと、どんどんsuppleな気持ちが消えて失せていきます。

「成功」だけじゃない。「欲望」もどんどん膨らんでいきます。

異性を「欲望の手段」にして、自分のために「快楽」を求める人もどれだけいることか。

大人になるというのは、成功やら成果やら欲望やら快楽やらを吸い尽すということなのか。

でも、現実には、ほとんどの人が、成功せず、成果も出せず、快楽も縁遠く…、と。

だったら、supple mindで、素直に、柔軟に生きた方がいいじゃないか、と。

***

僕は、もう、人に分かってもらうとか、人に認めてもらうとか、

大きな成功をおさめてとか、欲望を満たすために他人を利用するとか、

そういうのを求めるのは、一切やめました。

どうでもいい、というか。

このブログを含め、色々とSNSにもチャレンジしているけど、

全部、「うたかた」かな、と。。。

前のブログ(269gブログ)が全部消滅したという経験もあって、、、

ネット上の全てが「幻想」「幻影」「刹那」「一瞬」なんだなと思っています。

だけど、多くの人が、ネットで自分の人生をすり減らしている…

ネットでフォロアーを稼ぐとか、アクセス件数を増やすとか、

そういうことに、人生をすり減らしている、、、

(僕も、そういう一面がないわけではありませんが、、、)

今、華やかなユーチューバ―(YouTuber)なんかを見てても、心苦しくなります。

でも、一番大事なのは、身近にいてくれるリアルな家族や友人や仲間たち。

そういう人と親しい関係を継続するためには、やっぱりsuppleな心が欠かせない。

どんなに時代が変わっても、身近に大切な人がいてくれる、というのが一番の価値。

なんか、この8月は、そんなことをぐるぐると考えていました。

というわけで、、、

SUPPLE MIND 2018 

Dr.kei & Kaito Kogoma versionを…。

ボーカリストを目指し、孤軍奮闘する小駒君(元教え子)とのコラボ曲です。

よかったら、聴いてみてください!!

Comment

麺や勝治@関内 ずばり、僕が横浜市内で一番大好きなお店です!!

2018-08-26 22:10:10 | 神奈川

普段、あまりブログで自分の好みを出すことは控えているのですが、

今回は、好みを存分に出したいと思います。

横浜市内のラーメン店で僕が一番好きなお店は、

麺や勝治

です!!

もう、大好き!!!\(-o-)/

昨年、二杯のラーメンを頂き、もう感動の渦に巻き込まれました。

 昨年の僕の渾身のレポはこちら

いや~、今読んでも、当時の感動を思い出せます♪

念願の二度目の訪問!!(;;)

今回は何を食べましょう、、、

店内に入ると、昨年見たのと同じ風景が、、、

あー、泣きそう(;;)

今年の夏も、やっていました♪

昨年、僕が涙して感動した「青唐辛子冷麺」♪

それに、「夏の塩つけ麺」なるものも、、、

うーん、どっちも食べたい、、、

券売機です。

券売機の上方には、、

視覚で分かるように、ラーメンの写真が綺麗に張られています。

今回は、こちらのお店オススメの「青唐辛子痛麺」を!!

青唐辛子は、僕的にも思い入れもあり、大好きなんです。

前回は、冷たい青唐辛子痛麺をいただいたので、今回は温かい方を。

ここは味玉もとても美味しいので、「味玉青唐辛子痛麺」で♪

ジャジャーン!

1年ぶりの「再会」に涙、涙、、、

圧倒的に洗練されたきれいなヴィジュアル。

通常じゃありえない牛肉トッピング。

地味に味を激変させる焦がしネギ。

柔らかくてもちもちの低温チャーシュー。

淡い色のきりっとしたメンマ。

綺麗に切られたネギと、色鮮やかなカイワレ大根。

そして、トロットロのきれいな煮玉子。

もう、どこからどう見ても、完璧なヴィジュアル。

スープは、もう叫びたくなるほどの「牛骨スープ」。

淡麗牛骨スープ味。

旨みは半端ないし、魚介に頼ってもない。

一度食べたら、飲み干すまではもう思考停止状態に。

もう、これだけ美味しい淡麗系の牛骨ラーメン、なかなか食べられません。

文句のつけようのない、ハイクオリティーのスープです。

そこに加わるのが、青唐辛子のツーンとくる刺激的な辛さ。

とはいえ、「激辛ラーメン」ではないんです。

あくまでも、ラーメンの引き立て役に徹しているんです。

「辛さ」も「美味さ」、といいますか。

絶品の牛骨スープを邪魔せず、逆に盛り上げる役割といいますか。

やっぱり、横浜一大好きなラーメン店の味だ、、、\(-o-)/

麺はこんな感じです。

この麺も、かつての「がんこ」の面影があるというか、、、

僕が愛したがんこ@本郷三丁目の麺にどこか通じているというか。

細い縮れ麺で、わりとハードで、ぽきぽきしているというか。

完全に好みの問題ですが、僕はこの麺が好きだなぁ、と。

量も適量で、あっという間に食べきりました。

チャーシューも、マジで、半端なく柔らかくて美味しかったです。

煮玉子!

ここの煮卵は、半熟度合いが強くて、とろ~っととろけ出します

こういうとろける煮玉子、久々に食べた気がするなぁ、、、

こちらも、もう非の打ちどころのない絶品煮玉子でした。

ここに来たら、店内連食は絶対!(苦笑)

嬉しいことに、こちらのお店には、「ハーフラーメン」があるんです。

ハーフといっても、ミニじゃありませんよ。

もちろん、盛り付けも、通常とほぼ同じ。

少し小さいラーメン、というイメージかと思います。

ジャジャーン!!

こちらが、「醤油ラーメン」です!!

見た目、というか、トッピングはほぼ青唐辛子痛麺と一緒。

二食目としては、いいサイズだなぁ、、、(苦笑)

あまりにも美しいので、、、

上から写真を撮ってみました♪

スープは、まさに「淡麗系牛骨醤油味」!!

豚骨でも鶏でもない、牛の旨みが詰まったスープ。

しょっぱさもほどほどあって、ぐいぐい食べられます。

クリアなスープで、ほどよいオイル感もあって、上品な牛骨ラーメンに。

やっぱ、勝治のラーメンって、僕の「好み」のど真ん中♪

こっちにも、柔らかく煮込んだ牛肉が入っていて、思わず笑顔になります。

このお店が近所にあったら、週一で来たい!と思うほど。。。

麺は、こんな感じです。

やっぱり、この麺、このスープにぴったり合っています。

それほど変わった麺ではないのですが、これはもう「相性」の問題で。

ここの麺とスープの相性は、本当にいいなぁと思います。

チャーシューもやっぱり、美味しい!!

低温チャーシューは、ちゃんとしていれば、間違いなく美味しい。

千葉よりも横浜の方が、低温チャーシューが根づいているような…。

いやー、二杯目もあっという間に食べ尽してしまった、、、

***

うん。二回目の訪問で、四種のラーメンを頂いて、断言できます。

「僕が横浜市内で一番好きなお店は、麺や勝治だ!」って。

かつて、千葉・蘇我にあった「総豊」、

かつて、東京・本郷にあった「がんこ十二代目」、

かつて、千葉・千葉寺にあった「和屋」、

本当に本当に大好きでした。

そのレベルで、この「麺や勝治」が好き。

このレベルで「好き!」と言えるお店って、そうそうありません。

また、横浜に来る機会があったら、まず僕はこのお店に駆けつけたいです。

このセットメニューも、いつか食べたい!!

牛骨スープとご飯の相性は本当にばっちりですから!!

夏季限定の塩つけ麺も食べたかったなぁ、、、

今度いつ来られるやら(;;)

営業時間と定休日情報です。

日曜日と祭日はお休み、ですね。

是非、麺や勝治で、他ではなかなか味わえない牛骨ラーメン、食べてみてください!!

Comment

せたが屋 品達店@品川 人気の限定「冷やし煮干しソバ」! 

2018-08-26 00:07:27 | 東京 目黒 世田谷 品川 杉並 大田

かなりかなりかなり、

久々に、品川にやってきました。

昔はよく、品川駅で降りていた記憶がありますが、最近はめっきり。

久々に品川に来たとなれば、これまた久々に、

品達

をのぞきに行きたいなぁ、と。

品達は、いわゆるラーメン集合施設。

駅の高架下をうまく使ったアイデア商業施設。

そこに、都内で有名なラーメン店がずらりと並ぶんですから…。

しかも、相変わらずの「大盛況」。たくさんの人が集まっていました。

(18時くらいから一気に混みだしました。ねらうはそれ以前か?!)

今回は、ざっと眺めて、久々に、

せたが屋 品川品達店

に入ることにしました♪

せたが屋は、かつてのラーメンブーム後期の立役者的存在。

僕も、そのブームの渦中に、色々と行ったなぁ…。

 前回(2009年)のせたが屋品川品達店のレポはこちら

この品達店に来るのさえ、9年ぶりか、、、(;'∀')

メニューです。

まぁ、色々あります。

券売機が、なんかエレガントでした。

青く光っているんです。

凄いなぁ、、、(;´・ω・)

色々ありますが、僕の目は、「限定」へ(;'∀')

(注:上の画像だと限定が売切になっています。食後、店を出る時には売切になっていました)

ありますね~。

一日20食限定

冷やし煮干しソバ(850円)

\(-o-)/

そろそろ、冷やしシーズンも終わりですが、

せたが屋の冷やし煮干し、そりゃ、食べてみたくなります。

ジャジャーン!!

来ました!

かなり豪華なヴィジュアルですよ、、、、

キンキンに冷たいもやしとキャベツ(とニラ?)がどっと。

そこに、糸唐辛子がきれいに添えられています。

チャーシューもこんがりしたのが二枚、ドーンと。

もやし+キャベツがどっさりの冷やしラーメンって珍しいかも。

スープのお味は、あっさりとした煮干し味でした。

うん、普通に、うまく仕上げた感じ!?

クセというクセもなくて、食べやすい冷やし煮干しスープでした。

オフィシャルHPでは「魚介系水出しスープ」と書いてありました。

動物系はOFFなのかな!?

でも、ちゃんとオイル感もありました。

ただ、もやしとキャベツは、とくにもやしは要らないかなぁ。

キャベツは悪くないけど、もやしがちょっと、、、

麺はこんな感じです。

せたが屋オリジナルの麺、ですかね。

こちらも、しっかりしていて、普通に美味しい麺だったかな。

ただ、それほど記憶に残るものでもない、、、というか、、、

チャーシューも、普通に食べられるものでした。

チャーシュー丼です。

たしか、せたが屋のチャーシュー丼、美味しかったような…

で、久々に食べたら、やっぱり美味しかった♪

お肉はやっぱりあったかい方が美味しい(苦笑)

お腹もペコペコだったこともあり、ぺろりと食べてしまいました。

さいころ型のお肉がよかったなぁ、、、

***

というわけで、9年ぶりのせたが屋レポでした。

冷やし煮干しなんて、前はやってなかったんじゃないかな~。

時代の移り変わりとともに、お店も変わっていくんですね。

PS

ちょっと愚痴というかなんというか。

こちらのお店が人気店なのはよーく分かります。

行列もできていました。

待っている人のことを考えると、食べたらすぐに出るべきでしょう。

でも、店員さんが食べ終わるのをじーっと見ていて、

食べ終わるや否や、食器を片付けようとするのはどうなのでしょう!?

どんな飲食店であれ、食べ終わったらすぐに出ていけ、というのは、

いくらなんでも、酷すぎないか?!、と。

しかも、食器を片付る時も、一言もない。

常識的には、「ご協力ありがとうございます」くらいはあってもいいはず。

行列ができているので、店員さん側も余裕がないというのは分かります。

でも、お客さんにも余裕を与えない、というのは、ちょっと違うかな、と。

まして、立ち食い店じゃないし、「せたが屋」ブランド店なんだし…。

親会社?の吉野家だって、そこまで客を急かさないでしょう。。

日々、色んなラーメン店に行くけど、ここまで急かされるお店はないなぁ。

せたが屋グループのラーメンが好きだっただけに、

とっても残念でした。

Comments (2)

珍来@鎌取 鎌取店限定◆焦がし醤油二郎系?「かまちんらーめん」とは?

2018-08-25 00:38:29 | 千葉市 緑区

先日、「麺屋とき田」の記事のコメントで、おいなりさんから貴重な情報を頂きました。

ありがとうございますm(__)m

気になって、すぐにまた鎌取に向かいました。

鎌取駅から徒歩で5分程度ですかね。

「にしかわ」から少し離れたところくらいにあります。

手打ちラーメン珍来

です!

凄い人気のラーメン店ですね、、、

思えば、僕もはるか昔、この珍来ができたときに一度行きました。

大昔なので、もう何も覚えていませんが、、、

その頃は、ラーメンフリークではなかったので、ラーメンを食べたかも分かりません…。

ただ、現在の珍来は、鎌取の惜しみない人気店だ、ということは分かりました。

千葉東金店グループというのがあるのですね。

東金、土気、鎌取、成東、市原、ちはら台、牛久…

外房~内房エリアに広がっています。

千葉県内に色んな「珍来」があって、これまで色々食べてきましたが、

このグループの「珍来」って、実はブログでレポしたことがない、、、

(多店舗でも食べたことはあるんですけどね、、、)

というわけで、珍来グループ初レポになります!!\(^o^)/

メニューをのぞいてみましょう。

ほおほお。

餡かけ系がいきなり出てくるんですねー。

珍来めん、何気に美味しそうだぞ、、、

「スーパー」が付く担々麺も気になるところ。

こってりらーめん、発見!

味噌らーめんも色々と、、、。

チャーハン、中華丼、餃子、焼きそばまで!!

そして、「鎌取店限定メニュー」の数々!!

凄いなぁ、、、

鎌取店、超気合い入っている、、、(;´・ω・)

でも、今回の僕の目的はただ一つ!!

こちらです!!

珍来鎌取店限定、

かまちんラーメン

です!!\(^o^)/

かまとり」の「ちんらい」のラーメン、ってことですね。

いったい、どんなラーメンなのでしょう!?

ジャジャーン!!!

凄いヴィジュアル、、、

まっ黒のスープに、どっさりと盛られた野菜炒め。

においも実に香ばしいです。

野菜炒めラーメンのように見えますが、、、

横から見ると、、、

こんな感じで、、、

野菜てんこ盛りになっていて、二郎ラーメンに負けないほどに!!

珍来らしい野菜ラーメン×二郎的豪快さ

この両者を合わせた限定の一杯。

これは、もう二郎風にレポするしかない、、、苦笑

まずは、麺です。

珍来の麺は、かなり本格的だというのは知っていましたが、、、

あらためて、「おお~」って思いました。

二郎系ラーメンに少し負けるかもしれないけど、

ぶっとい縮れ麺であります。

これには、たまげた、、、

これを、わしわしと食べるわけですね。

そしたら、天地返しを♪

こんな感じになります!!

圧倒的なボリューム感。

お味は、こんがりと炒めた野菜炒めの香ばしさと甘さを感じるスープ。

炒めた野菜炒めと醤油スープで、「焦がし醤油ラーメン風」になっているのかな?!

香ばしさが圧倒的に感じられます。

野菜もいっぱい。キャベツ、もやし、ニンジン、きくらげ、豚肉、、、

食べても食べても、野菜がなくならない、、、

素晴らしい極上のG系ラーメンになっていました。

(お肉がちょい少ないかなぁ~)

甘旨G系の焦がし醤油風野菜炒めラーメン

=かまちんラーメン。

これは、おいしいかどうかは別にして、とにかく面白い一杯になっていました。

イマドキの繊細な淡麗系でもないし、

魚介系やら、煮干し系やらでもないし、

濃厚豚骨魚介系でもなければ、豚骨醤油系でもない。

どこのラーメンにも似ていない非凡な味、、、

こんなラーメンが、鎌取にあったのか、、、と。

そして、こちらが、麻婆豆腐定食です。

うん、こちらも間違いなさそうだ、、、

わりといい意味でジャンクで、パンチのある美味しい麻婆豆腐でした。

これぞ、麻婆豆腐!っていう味わい!?

唐辛子と山椒の辛さがほどよくマッチしていました。

刺激的だけど、とっても食べやすかったなー。

これは、かなりいい麻婆豆腐じゃないかな、と思いました。

(わりと、餃子の王将の麻婆豆腐に似ている気がしました)

***

教えてくださったおいなりさん、本当にありがとうございました。

まさか、鎌取の珍来にこんな素敵なラーメンがあったとはつゆ知りませんでした。

感動でした。感動というか、「面白いなぁ、面白いなぁ」って。。。

「美味しいラーメン」ならいくらでも、どこにでもあるんですけど、、

こういう「面白いラーメン」というのは、なかなか見つかりません。

そういう意味で、本当に感動の出会いの一杯となりました。

こちらの「昔のらーめん」というのも食べてみたいなぁ、、

鎌取なので、また来られますね。

今度はこれを食べたい!!

何気に、「新スーパー担々麺」が気になったなぁ、、、

どこが「新」で、どこが「スーパー」なんだろう!?!

とにかく、大盛況店でした。

どんどん車が駐車場に入ってきます。

広い駐車場なのに、ずっと空かない、という。。。

鎌取で一番人気のあるお店って、もしかしてここなのか!?

でも、それだけのパワーと勢いと個性がありましたね。

店舗も、ファミレスくらいにでっかいんですけどね。

それでも、常に待ち客がいる感じ!?

凄いです、、、

珍来鎌取店。。。

鎌取といえば、にしかわ、とき田、そして、炭一etc...

そこに、珍来鎌取店も加えなければいけませんね。

ここまで頑張っているとは、本当に気づきませんでした。

Comments (3)

BIGBOY@鎌取 メニュー改編で消滅!サヨナラ「ハンバーグドリア」!!

2018-08-24 18:55:20 | 千葉市 緑区

久々に、BIGBOY@鎌取にやってきました♪

若き日から、いろんな人とここに来ました。

ここで、いっぱい議論もしました。

思い出の場所。。。

メニュー的には、まぁ、かなり全部食べてますね、、、

しかし、先日、メニューの改編が行われまして、、、

わりと色んな種類のあった「洋食関連」がなくなっていたんです。

これも「いきなり☆ステーキ」といった新勢力の影響でしょうか。

新しくなったBIG BOYのレポはまた後ほどするとして、

今回の改編で消えた「ハンバーグドリア」の記事をここに残しておきたいと思います。

嗚呼、我が愛しのドリア、、、

遂にBIG BOYから姿を消してしまったか、、、

こちらは、もはや現在存在しない少し前のBIG BOYのメニュー表です。

(少し前と言っても、1,2か月前なんですけど…)

確かに、「ハンバーグドリア」があります。

もう、これがないんですよね(;;)

きっと、このドリアが復活することもないでしょう。。。

オフィシャルHPのメニュー表からも、ドリアは消えていました(;;)

ハンバーグドリア、1099円+税。

どうでもいいですけど、なんで1099円が税なんだろう?

この中途半端な感じ、、、(;´・ω・)

なお、お隣のビーフシチューオムライスは生き残っています。

なんで、ハンバーグドリアだけ消えたんだ!?Σ(゚д゚lll)

前回、たまたまドリアを注文して、写真も撮っていました。

奇遇です。

そういう感じで、以下の写真をご覧いただければ、、、と。

ジャジャーン!

見てください!!

こちらが、BIGBOYのハンバーグドリアです!!

ハンバーグにこだわるBIGBOYのオリジナルドリア。

ハンバーグにこだわり続けたBIGBOYだからこその巨大ハンバーグ入りドリアです。

これが、美味しくないわけがない。

ドリアの中心となるホワイトソースもとってもコクがあって美味しいし、

さらに、その上にこんがりと焼けたチーズまで入っているんです。

トロトロなホワイトソースに、もっちりとしたハンバーグ、

そして、そこにチーズの香ばしさが漂ってくる。

zoom up!!

本当に綺麗なヴィジュアルです。

こんな素敵なハンバーグドリアをなくしてしまうとは!!!

BIG BOYの罪は大きい(苦笑)

でも、、、

きっと、あまり売れなかったんだろうなぁ、、、

ドリアって、そこまでポピュラーな食べ物ではないし、、、。

でも、本格的なハンバーグの入ったドリア、とてもレアでした。

またいつ日か、お目にかかれることを楽しみにしています。

昨今のステーキブームもあり、、、

BIG BOYでも、豪快なステーキメニューが増えてきています。

今回は、「熟成サーロインステーキ」を♪

(まだ、食うんかいー!!!(;´・ω・))

うん。

メニューの写真よりも豪華でいいですねー。

お肉自体は、こんがりと焼き目が付いていて、素敵でした。

高級な和牛のあの柔らかさはありませんが、

これはこれで、かなり頑張っているんじゃないかなって。。。

ただ、ステーキって、結局はいいお肉を自分で買って、焼いて食べるのが一番かな?

ラーメンは外で食べるべきだけど、、、

ステーキについては、高級なお肉をスーパーや肉屋で買って食べるのが一番!

でも、こちらのステーキも十分に美味しかったです♪

***

メニュー一新後のBIG BOYのレポはまた後ほど。

それにしても、ハンバーグドリアの写真、撮っててよかったー、、、(;´・ω・)

撮ってなかったら、そのヴィジュアル、忘れちゃいますからね。

僕は、ここのハンバーグドリア、忘れません!!

かなり昔から食べているメニューですし。。。

これまでありがとう!!

サヨナラ、ハンバーグドリア@BIG BOY、、、(;;)

Comment

並木商事GRANDE@都賀 限定背脂塩そばにパーコーを乗せてみた!

2018-08-24 00:13:23 | 千葉市 若葉区

最近、元教え子でプロのボーカリストを目指す小駒君とレコーディングに燃えています。

自宅で、彼の歌入れをした後は、ラーメン♪

でも、彼は「餃子好き人間」、、、(;´・ω・)

餃子が食べられて、ラーメンも食べられるお店となれば、、、

もう、ここしかないでしょう☆

並木商事GRANDE

です。

もともとは「餃子の並商」という名前でしたしね♪

今も、餃子は、こちらのお店の人気メニューです。

この日の僕のねらいは、背脂醤油そばに続く背脂シリーズ第二段、

背脂塩そば

であります!!

(*並木商事の限定はまさに日替わりペースなので、現在提供されているかは不明です)

(*随時、ご確認ください)

これをそのまま食べてもよかったんだけど、

隣りのソース冷し中華の下に書いてある「ぶあついパイコー」という文字が…

そこで、店員さんに、「背脂塩そばにパイコー乗せられますか?」と訊ねたら、

330円(餃子の券)でつけられますよ、とのお声が!!!

パーコー大好き人間としては、パーコー入りの背脂塩そば、食べてみたかった♪

というわけで、パイコー入りの背脂塩そばを注文!

小駒君は、「ダブル餃子定食」を注文していました。

餃子定食がある、というのは、強みになるだろうなぁ、、、

ラーメンを食べたい日もあれば、そうでない日もある。

そういう日でも、ここに来られるんだから。。。

僕がお店をやるとしても、こういう定食は絶対に用意するだろうなぁ…。

やっぱ、ご飯ものは置いておきたい。。。

というわけで、、、

ジャジャーン!!!

来ました!!!

並木商事オリジナルのパーコー入りの背脂塩そば、です!!

もう、見た目からして、とんでもなくジャンクに仕上がっております。

醤油に漬けた背脂が真っ黒になっていて、なんとも奇妙な見た目に、、、

スープ自体は、さらっとした淡麗系のあっさりスープ。

ここに、背脂が融合していくわけです。。。

こんがり焼けたパーコーもさることながら、チャーシューも美味しそう。

ここのチャーシューは、低温調理チャーシューで、柔らかくて、もちっとしています。

そして、中央に輝くのは、生の玉ネギのみじん切り。

もう、このヴィジュアルだけで、ノックダウンでしょう。。。

スープは、あっさりとした塩スープです。

もちろん、最初の最初だけ。。。

食べていくうちに、どんどん「背脂ラーメン」になっていきます。

ファット感もかなり強いです。

が、従来の背脂ラーメンとは明らかに違う味わい。

そんなに背脂背脂していない、といいますか。

背脂がメインにならない、というか。。。

トッピングとしての背脂>が成立している、というか。

新しい背脂の食べ方を提案しているように思いました。

もう、ただ背脂をぶっかけるだけの時代じゃないかも!?

麺はこんな感じです。

自家製の超力強いタフな中太ストレート麺。

全く縮れ感がありません。

しかも、どれだけスープに浸っても、やわやわにならない!!

ここまでタフな自家製麺って、なかなかお目にかかれないかも!?

で、

パーコーは、わりと味がやさしめのカリカリのパーコーでした。

香ばしさはかなりあります。

が、あまり味がしない、というか、薄味というか、、、

ラーメンのトッピングとして、あえてそうしているのかな??

僕的には、もう少し味が強い方が好きかなぁ、、、

まぁ、そこは好みの問題でしょうけど、、、

そして、こちらが「ダブル餃子定食」です!!

餃子が通常の二倍!!

野菜がないのが、ちょっとあれですけど、、、

でも、これなら、存分に餃子が楽しめます☆

餃子はこんな感じです!!

大きな餃子が全部で10個!!!

かつては「餃子の並商」と名乗っていました。

なので、餃子へのこだわりはかなり強いです。

本格的だけど、とても庶民的

そこを楽しめる餃子かな、と思いました。

更に、今回は、「タルタル揚げ餃子」も頼んでしまいました。

ここで、このタルタル餃子を注文するのは初めてです。

どんな餃子なのだろう!?

おおー!!

そうか。ここの「ザめし」を乗っけているんだ!?!?

そして、タルタルソース!!

タルタルソースはわりと控えめかな!?

ザめしの具がいっぱい乗っていて、面白い味の餃子でした。

揚げ餃子だけど、わりとすっきりタイプ!?、というか。

焼き餃子も美味しいけど、こういう揚げ餃子もいいなぁ~、、、

今後、どっちを食べるか、迷うぞ、、、(;´・ω・)

最近、限定が面白すぎて、ぶっ飛びすぎていて、

レギュラーメニューが食べられていません、、、( ノД`)

でも、レギュラーの素湯麺もとっても美味しいんだなぁ~。

いつになったら、レギュラーメニューに再びありつけるのやら…。

けど、創造性に溢れる並木商事GRANDE。

今も、次から次に、ユニークな限定メニュー、出してきていますよー。

いやー、困った、、、(嬉しい悲鳴)

Comment