Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

味の民芸@佐原 ここの「竜田の黒酢酸辣うどん」はヤバい!?

2018-07-15 21:54:08 | 千葉 成田線 総武本線

香取神宮を訪問した後、一行で向かったのが、

味の民芸 佐原店

でした!

オフィシャルHPはこちら!

こちらのお店は、うどんやお蕎麦や天ぷらなどのお店で、

さすがに「ラーメン」はありませんでした。

(ちゃんぽんはなぜかあったんだけど…)

ラーメンフリークとしては、やはりラーメン的なものを食べたい(職業病!?)

で、色々と眺めていたら…

こんなのがありました。

竜田の黒酢酸辣うどん

竜田と酸辣という言葉に興味が出てきました。

酸辣といえば、「酸辣湯麺」。

ラーメンの世界の一麺料理ですよね。

それがうどん界に!?

いったいどんなうどんなんだろう!?

これ、ラーメンに変えれば、「竜田の黒酢酸辣ラーメン」になります。

なんか、面白いじゃない!? 

それに、面白いラーメンの可能性も描けるかなぁ、と思い…

この竜田の黒酢酸辣うどんを頂くことにしました!!

ジャジャーン!!

凄いヴィジュアル、、、(;´・ω・)

迫力満点ですね。竜田揚げ=パーコーがどどーんっと乗っています。

これは、僕的には、完璧に「パーコー酸辣湯麺風うどん」ですね。

こんなうどん、他で食べられるんでしょうか!?

どう考えても、これは、「排骨酸辣湯麺」をモデルにしたとしか…

 支那麺はしごの「排骨酸紅麺」はまさに排骨酸辣湯麺ですね

(ただ、調べても、なかなか<排骨>+<酸辣>というのは出てきません)

しかも、その「うどんバージョン」ってことで、なかなかレアかもしれません。

ただ、「はなまるうどん」の限定で「酸辣湯うどん」が出ていますので、

それがモチーフになっている可能性もなくもない?(あるいはその逆!?)

少なくとも、うどん界において、「酸辣うどん」は存在しているんです。

こちらの竜田=排骨は、ラーメン屋さんで食べるパーコーそっくり。

ジャンクで、衣もガリガリで、食べ応え満点のジャンクなパーコー!!

これ、いいかも!?

劣化した油の臭いもなくて、臭みのない竜田=排骨になっていました。

そして、黒酢の酸味と辣油の辛味が押し迫って来る野菜たっぷりあんかけスープ

こちらも、バランスがよくて、あんかけなのでとろっとしていて、

食べ応え抜群の酸辣うどんになっていました。

単純に、刺激的で、そして、美味しいです!!

うどんはこんな感じ。

僕は、うどんについては、ホント分からないので、、、(;´・ω・)

(うどんの魅力については、全くもって語れない人間なので…)

ただ、まぁ、普通のもっちりとした白いうどん麺ではありました。

うどんって、やっぱりどこで食べてもうどん、というか…

もちろん、香川県なんかに行けば、いいうどん麺とも出会えるんでしょうけど…

僕は、これまでの人生で、まだ「すごいうどん」には出会ってない…んだろうな…。

山田うどんには、時折行きますけど(苦笑)

うどんを食べるなら、ラーメンか、お蕎麦かってなっちゃうんですよね…

フリークやマニアという点でも、やっぱりラーメンフリークの方が圧倒的に多いわけで…

(でも、それゆえに、「うどんフリーク」や「うどんマニア」って注目されやすいかも!?)

(ラーメンフリークorラーメンマニアの世界って、かなり競争が激しいですからね…)

ミニ天丼です。

ミニ天丼というのも、サイドメニューとしてはまだまだ無限の可能性がありそうです。

***

というわけで、「味の民芸」の酸辣うどんのレポでした。

わざわざこういうお店に来て、こういううどんを食べなくても…という気もしますが…

でも、単純に美味しかったです!!!

竜田揚げの入った酸辣うどん。

個人的に、ちょっとカンゲキでした。面白かった!!

面白いメニューはやっぱり面白いんです!(そりゃ、そうだ…)

これからも、非ラーメン店のおもしろメニューも追いかけたいなぁ。

『グルメ』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
« あの日から8年-僕も、僕が大... | TOP | 麺やがちまやー@都町 「金... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 千葉 成田線 総武本線