Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

太田屋本店@岐阜 大正12年創業の老舗店「天ぷら中華」は如何に!?

2018-10-15 22:46:03 | 中部

岐阜ラーメン第8弾

岐阜のラーメンレポも残すところ、あと二店舗です!!

岐阜天ぷら中華の代表格「丸万」の後に訪れたのは、

太田屋本店

であります!!\(^o^)/

こちらも、岐阜天ぷら中華で有名な老舗店です。

大正12年創業の超老舗のうどん屋さん

うどん屋さんであり、町の食堂であり、天ぷら中華で有名なお店!

現在の店主さんは創業3代目。

息子さんが32歳と言っていたので、推定60歳くらいの三代目。

こちらの三代目のご主人に色々と「秘話」を聴かせてもらえました。

その話はまた後ほど…。

まずはメニューを。。。

色々とありますねー。

もう、何でもあり!みたいな。

みそ煮込みもあります。

みそ煮込み天ぷら入りって、、、(;´・ω・)

食べてみたい、、、

うどん、そば、そして、丼ものも超充実!!

いやー、凄いなぁ、、、

で、、、

天ぷら中華は・・・

ありました。

「天ぷら入り中華そば」!!

天ぷら中華はなんと一杯480円

なんという価格設定なんだ、、、。

恐ろし過ぎるぞ、このプライス。。。

どうなってんねんって、、、。

というわけで、、、

ジャジャーン!!

こちらが、太田屋本店の「天ぷら中華」です!!

もともとうどん屋さんなだけあって、お盆に乗って運ばれてきました!

こちらの天ぷら中華も、天ぷら+チャーシューのWトッピングですね。

凄いなぁ~、、、

これで、480円か、、、。

もう、価格ゲシュタルト崩壊だなぁ、、、(;´・ω・)

zoom up!

スープには、やはりやはり「ムロアジ節」が使われていました。

こちらのラーメンには、ムロアジのダシあり!ですね。

ただ、そこまで魚介系スープって感じでもなかったかな。

むしろ、うどん屋さんのダシ感のあるスープというか。

丸万と比べると、甘みが強くて、魚介は弱め

昔は鶏ガラも使って炊いていたらしいのですが、今は昔。

恐らく動物系のダシはOFFかな、と。

チャーシューもわりと普通というか、王道というか。

シンプルでヒストリカルなチャーシューでした。

ただ、パサパサ感がなくて、柔らかかったです。

天ぷらは、こんな感じです!!

もう、やっぱり驚くほどの大きさ!!

海老の大きさは、全国平均です(苦笑)

でも、この衣の大きさといったら、、、

日本一レベルかも!?

丸万の天ぷらよりはこっちの方が微妙によかったかな?!

太田屋本店で使っている天ぷらの方がほんの僅かに勝っていたかなー。

うーん、でもこればかりは好みの問題もあるからなー、、、。

麺は、丸万よりは強度のある麺だったかなー。

強いタイプだけど、昔ながらの柔らかい麺でした。

特に突出したタイプの麺ではないけど、

それゆえに、こういう天ぷらラーメンにはぴったり!、とも。

量も適量でした。

この豪華すぎる巨大な天ぷら。

これが、岐阜天ぷら中華の「シンボル」と言えましょう。

ホント、よかったなぁ。。。

あっさりとした甘みのある和風スープにこの天ぷら。

この両者が合わさった時の奇跡のコンビネーション。

参りました、、、。

***

こちらの店主さんに教えてもらった天ぷら中華秘話。

岐阜の天ぷら中華は、もともと「ある天ぷら屋さん」がきっかけだったそうです。

ある天ぷら屋さんが衣の分厚い天ぷらを作っていて、これを利用することで始まったんだとか。

これをどうやって食べてもらおうか、と戦前に考えていて、そこから生まれたんだとか。

それと、、、

天ぷらを作っている天ぷら屋さんが廃業したら、天ぷら中華もなくなると言っていました。

恐らくそれは、丸万も同じじゃないかな???

衣が異様に厚い天ぷらを作っている天ぷら屋さんがあっての「天ぷら中華」なんですね。

天ぷらならなんでもいいってわけじゃないんですね。。。

最後に、「今はもう、天ぷら中華、ほとんど出ないよ」とのことでした(;;)

昔は流行ったらしいんですが、今はもう、、、って感じらしいです。

なんかね、、、。

岐阜の天ぷら中華、、、

「ご当地ラーメンに成り切れなかったラーメン」

って感じがしてきました。

岐阜には、有名な「高山ラーメン」があり、そして「ベトコン」があり…。

きっと一部のコアなマニアさんを除けば、誰も知らないラーメンでしょう。

僕とて、この存在に気付いたのは、つい数年前です。

銚子の天ぷらラーメンも、今後どうなるか分かりません。

話題になり、注目を集めるご当地ラーメンの背後には、

実はこういうご当地ラーメンに成り切れなかったラーメンの存在もあるんですよね。

いや、ご当地ラーメンにはなったんですよね。。。

ただ、それが広まらなかった、というかなんというか。

まだ、岐阜市内で食べられるラーメンではありますが、

今後どうなるのか、見当もつきません。

でも、本当に素晴らしい岐阜のローカルラーメンだと思います!!

中休みはあるみたいなので、、、

ご注意を!!

中華そばの文字が輝いて見えました。

みそにこみ、食べたかったなぁ、、、(;´・ω・)

太田屋本店の並びに、「ラーメンの店更科」というお店の看板だけがありました。

その場所は「更地」になっていました。

どんなラーメンを出していたのかな???

ラーメンの世界は、ホント、不易流行、ですね、、、。

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
« 金光本店@岐阜 無念…閉店し... | TOP | 一八食堂@岐阜 まさにラー... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (HK)
2018-10-15 23:08:32
写真うまいですねー!
稲毛海岸にもラーメン食べにきてください笑
Unknown (ハリー)
2018-10-16 15:11:18
Dr.Keiさん、初めまして。

一連の記事を楽しく読ませていただきました。愛情あふれるレポートで地元民としては嬉しく
なってしまいました。

「天ぷら中華」は岐阜の人にもあまり認知されていませんね。いわゆる県内の麺類食堂では
よくある品だったようですが、その食堂自体も近年は次々と廃業していますので、絶滅寸前
といったところでしょうか(「金光本店」は本当に残念でした)。

「天ぷら中華」で使われている天ぷらに関しては、下のリンクの動画の45分辺りから説明されて
います。参考になれば。

https://www.youtube.com/watch?v=9oAUjIQFMIU&feature=youtu.be

拙のブログにはその天ぷらの供給先もレポートしております(店内写真はありませんが…)。

https://blog.goo.ne.jp/kdice68/e/c37f7211190435a4837f557f20f3139f

post a comment

Recent Entries | 中部