Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

麺酒場丸勝@南流山 ラーメン愛を感じるラーメン嫌いの弐代目の真相は?!

2015-06-18 21:09:44 | 千葉 野田市 流山市

 

流山にやってきました!

流山のラーメンについても、やはりもっと学ばないとなぁ、と思っているところです。

僕のイメージ的には、流山といえば、「長八」と「あじくま」と「空」かな?!

それに、超宿題店の「ラーメンハウス中島」、「チャーシュー工房みそ撰」もあります。

いろいろとあるのですが、僕的には、流山といえば、「丸勝」(まる勝)」です。

こちらのお店の最大の魅力は、なんといっても、

超アクティブ×クリエイティブな70代壱代目のお店と、

「ラーメン嫌い」を自称するワイルドな弐代目のお店が、

互いに火花?を散らしているところです。

壱代目の「まる勝」のレポはこちら

弐代目店主さんは、僕と同じ「団塊Jr」の方でした。

壱代目の店主さんが僕の父と同世代なので、当然なのですが、、、

同じ世代の店主さんということで、応援したくなります。

 

さて、メニューです。

魅力的なメニューがずらりと並んでいます。

これ、ラーメン好きの店主さんじゃないと、無理だろ、、、と、、、汗

でも、弐代目は、「ラーメン、嫌いなんですよね」、と仰せられる、、、

?!?!

さらに、こんなメニューもずらり。

いやー、ラーメンだけでいったい何種類あるんでしょう?!

弐代目のオリジナルで一番おススメなのが、「塩もつラーメン」だそうです。

なので、こちらを注文しました。

じゃじゃーん!!!

(*遂にフォトショップデビューしたので、ちょっと加工?してみました!)

もう、一瞬で、「これは美味しいラーメンだ」、と分かりました。

スープは、それほどドロドロではないものの、濃厚なスープになっています。

なんと、博多まで「もつ鍋」を食べ歩きにでかけ、そこで考えた一杯なんだとか。

ラーメンのスープでありながら、濃厚な鍋スープのような味わい

もつもいっぱい入っています。

とてつもない美味しさですよ、これは。。。

スープの中にダイブしたいほどに、魅惑的な味でした。

鶏主体の白湯スープですが、関東的なドロドロ感はありません。

これに、マー油を入れたら、熊本ラーメンになるんじゃないかって感じ。

麺はこんな感じで、太麺です。

うん、この濃厚なスープには、太麺しかないだろう、という感じ。

もっちもちで、ややごわごわっとした食感の麺でした。

***

間違いなく、パワフルで、個性的で、パンチのある一杯ですね。

すぐにまた食べたくなりました。

お酒もゆっくり飲める居酒屋風ラーメン店。

でも、弐代目店主さんは、「昭和の食堂を目指しているんですよね」、と。

昭和、というか、現代の「食堂」かな、とも思いました。

今の若者たちが「おっさん」になった時に、「こういうお店、懐かしいね」って言うような、、、

僕としても、応援したくなりました。

これからも楽しみなお店です。

流山界隈では、この親子二代が切磋琢磨する「まる勝(丸勝)」が最狂でしょう♪

このお店を知らずして、千葉のラーメンを語ることなかれ♪

っていうのは、言い過ぎかな?!(苦笑)

でも、流山の名物ラーメン店だと断言したいです。

こんな変わったラーメンもありました。

これ、食べたかったなぁ、、、涙

夜、のんびりと酒を飲みながら、熱く語りたくなるようなお店でした。

また、弐代目のお母様ともいろいろとお話させてもらいました。

幸せなひとときを過ごせました。感謝!

Comment   この記事についてブログを書く
« 元少年A『絶歌』と、戦争法案... | TOP | 中華&らー麺 陶宴@南流山 ... »

post a comment

Recent Entries | 千葉 野田市 流山市