Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

匠TAKUMI-NINE-@ベルリン 2015年11月開業!遂にあの「匠」がベルリンに!!

2016-08-25 17:28:24 | EU ヨーロッパ

今回、ベルリンの滞在は、二泊三日のみ。

限られた時間の中で、どうラーメンを食べるか…

(「それしか考えていないのか!?」、という突っ込みななしで、、、汗)

とにかく、今回、絶対に外せないのが、こちらの、、、

NINE@Berlin

です!

あの、デュッセルドルフの超人気店にして、

僕の本(「学びの実践学」)にも登場している「麺処匠」です!

オフィシャルホームページにも「匠NINE」について紹介されています

とはいえ、もちろん日本でいう「チェーン店」ではないですよ。

それぞれのお店で、それぞれのラーメンを出しています。

いったい、ベルリンの匠NINEでは、どんなラーメンが食べられるのでしょうか!?

目指すは、「Pappelallee」です!

googleマップでも出てきます

地下鉄「U2」で、「Eberswalder Strasse」で降ります。

そうすると、Pappelalleeに入れますので、そのまま直進します。

そして、Raumerstrasseと交差するところを右に少し入ると、到着です。

Pappelallee沿いにはなくて、ちょっとRaumerstrasseに入ったところです。

市内からもわりと簡単に行けると思います。

(地球の歩き方の「マップ」で対応可です★)

お店に入ると、、、

来ました! 匠名物?のメニュー看板。

こっちの人からしたら、「なんじゃこりゃ!?」の世界でしょうけど、、、(・_・;)

ま、「デザイン」ってことで、、、

匠NINEのいきさつや哲学や解説など、、、

丁寧に書いてくれています。

ちなみに、NINEというのは、ここの店主さんの誕生日なんだとか。。。

(*ここの店主さんは、デュッセルドルフ店とは別形態ということで、独立した店主さんです)

匠と言えば、、、味噌ラーメンですよね。

ちゃんとNINEにもありました。

「NINE札幌味噌」に、「NINE札幌醤油」がありました。

さらに、すごいのは、かき揚げ入りラーメンがあること!!

さらに、鶏南蛮のせラーメンもずらり、、、

いやー、凄いぞ、NINE!

こんなぶっとんだラインナップで攻めてくるとは、、、

おススメは、塩ラーメンだそうです。

しかも! なんと、鶏がらゆず塩ラーメンは動物系スープで、

かき揚げベジゆず塩ラーメンは、昆布ダシ+かえしなんですって。

いやー、どっちも食べたい、、、どっちも、、、、(;O;)

店主さんは、長い間、デュッセルドルフの「串亭」(匠の元となるお店)で働いていたそうです。

(キャリアはかなり長いですね♪)

なので、あらゆる料理に対応できるのでしょう。

たこ焼きなんかもあります。

でも、僕の心はただ一つ、「鶏南蛮」♪

ドイツだと、美味しい唐揚げが食べられません。

そういう意味で、かな~り貴重なんです。。

ミニ丼もこんなに充実しています。

が、この日はあいにく、「ライス切れ」で、食べられませんでした(:_;)

というわけで、、、

まずは、鶏南蛮!

これっすよー!!

タルタルソース!!!泣けます。。。

もちろん「完全に日本人」が調理してくれているので、味も完璧。

異国の地ドイツで、ここまでの料理が楽しめるなんて、、、

感動ものです。

日本にいても、これなら、注文しますね♪

で、店主さんおススメの「鶏がらゆず塩ラーメン」です!

鶏がらを煮込んで、旨みを詰め込んだ極上スープが、きらりと光ります

ポーランドでいろいろと「悪夢」を見てきたので、めちゃめちゃ興奮しました。

ダシ感が半端ないです。

これが他のお店にはないんですよね。。。

さすがは、ラーメン王国「ドイツ」です。

…というか、「王国」になりましたね。

遂に、このレベルのラーメンまで出るようになったのか、と。。。

15年くらい前は、それこそ、絶句するようなラーメンがポツポツあるだけでした。

が、今は、ドイツの至るところで、ラーメンが食べられます。

まだまだ、SUSHIには敵いませんが、RAMENもかなり浸透してきています。

その過渡期に、ベルリンで、NINEが登場した、と。

これは、一つの大きな契機になりそうです。

ベルリンには、もともと「cocolo」と「誠」があって、ツートップでやってきました。

どちらも、かなりレベルは高いですが、ドイツにおいてのハイレベルでした。

そこに匠NINEがやってきたわけです。

とにかく、「旨い!」と叫びたくなるスープでした。

「旨み」にとことんこだわっているのを感じました。

ゆずの風味が仄かに感じられるのも、素敵です。

麺は、デュッセルドルフの匠と同様、西山製麺の麺ですね。

西山製麺は、欧州で新たな「供給先」を開拓しました。

匠と西山製麺のコラボレーションは、欧州の麺事情を変えたと言ってもいいでしょう。

でも、これで終わりじゃない。これから、こっちでの「製麺戦争」が起こるのかな、と。

日本の製麺所の人は、是非、海外進出を考えてみては?、と思います。

だって、EU全体で5億人以上いるんですもん。。。

日本とは「桁」が違います。

その5億人が、ラーメンを求めたら、どんでもない数の「注文」が殺到するでしょう。

メンマは入っていません。その代わりに、タケノコやヤングコーンが入っています。

青梗菜も入っています。

日本でも、今や、メンマを使わないお店も多いので、これは問題じゃないでしょう。

ベルリンのラーメン店にはかなり行っていますが、今や、ここが一番でしょう!

で、こちらが、味噌ラーメン。

こっちは、匠の味を継承する「王道の味噌ラーメン」かな、と。

ニセモノの「MISO SUPPE」が跋扈する中、上質の味噌スープを楽しめます。

これだけの味噌ラーメンがあったら、もう、ここで暮らせるなぁ、、、と。

鶏チャーシューもとっても美味しいです!!

トッピングもどっさりで、色々。最後まで飽きさせません。

ネギの上には、何かを揚げたものが乗っています。

これ、なんだっけかなぁ、、、(・_・;)

ニンニクやネギじゃなかったと思うんだけど、、、

麺は、同じく、西山製麺ですね。

この縮れ麺がたまりません。

インスタント麺も縮れてはいますが、食感が全然違います。

というわけで、匠NINE@Berlinの初レポでした!!!

想像していたよりも、はるかによかった!!

ただ、想像していたよりもはるかに店内が狭かった、、、

なので、ちょっとお客さんが入っただけで、満員になっちゃう。

それでいいんですけど、、、

ワルシャワからベルリンに入り、一気にラーメンへのテンションが上がりましたね。

今回は、二泊三日なので、あまりラーメンは食べられないと思うけど、、、

どういう展開になるでしょうか!?

Comment   この記事についてブログを書く
« 2016年夏◆(6) ベルリン滞... | TOP | MARUBI@ベルリン、2014年に... »

post a comment

Recent Entries | EU ヨーロッパ