Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

麺屋玲@都賀 残り二日か!?千葉市最狂のマニア店、ラストチャンス!!

2018-07-19 14:38:10 | 千葉市 若葉区

閉店(移転)直前の麺屋玲

にまたまたやってきました!

Count downも始まっています。

このままいけば、今週の金曜日がFINAL DAYとなりそうです。

が、食材を無駄にしたくないということで、

食材が残れば、特別に日曜日の営業もあるとかないとか。

詳しい情報は、玲のオフィシャルブログをチェック!(←クリック)

千葉で最もマニアックで我が道を歩んだ麺屋玲の最後の味を、

是非是非、この最後の機会に経験してみてほしいです!!

店頭には、こんな掲示が…。

7月20日頃、つまり金曜日。

残すところ、本日木曜日と明日の金曜日のみ!

続々と、ラーメンフリークさんも来ているみたいです。

玲さんを最も愛したはり~さんも

最後?のレポを上げておられます。

さて、、、

現時点(水曜日の午後の時点)でのメニューは、

こんな感じです。

いわゆる「ラーメン類」は「勝タン系」のみ。

あとは、まぜそばとつけ麺のみ。

この券売機には、数々の独創的なラーメン類が登場しました。

玲としての最終局面での券売機を見ていて、泣きそうになりました。

しかし!!!

最後の最後まで、奇想天外なメニューを出してくるのが、玲さん。

「元祖ゲンコツまぜそば」!?

限定でかつて出ていたものだとか!?

こんなの食べたことない、、、(;´・ω・)

さらに、券売機の一番下を見ると、

「勝浦タンタン塩つけ麺」!?!?

勝タンに塩のつけ麺ってあったっけ!?

というわけで、この二つ、連食しちゃいましょう♪

こちらが、

元祖ゲンコツまぜそば

です!!

ゲンコツって、豚の大腿骨のことで、ラーメンのダシの基本的食材。

僕はゲンコツを使ったラーメンが大好き。

かつて死ぬほど愛した「総豊」もゲンコツを使っていました♪

ゲンコツは、ラーメンにとって、とても重要な食材なんですね。

でも、ゲンコツはダシのベースなので、表に出てくることはほぼありません。

そこに目を付けたのが、玲さん。

ゲンコツに付着したお肉とゲンコツアブラ(!?)を使ったまぜそばを出してきました。

7月3日にはなかったメニューですね…。(前回の記事はこちら

(でも、こちらも本日で「終了」してしまいました…)

魚粉とアミエビ粉のコントラストがとても美しいです☆

そこに、ゲンコツアブラのダマが加わっています。

なんて、魅惑的なヴィジュアルなんでしょう!!

っていうか、なぜこの記事にこんなすごいまぜそばを!?!?

こんな「秘策」があったのか!?、と改めて驚愕、、、

麺はこんな感じです。

(ちなみに、麺一玉でお願いしました…(;´・ω・))

麺屋玲さんは、麺もとっても美味しいお店でした。

こちらのは、玲の中でも一番太いタイプの縮れ麺でした。

これをまぜまぜして食べるわけですね~~。

もう、ぶっちゃけ、「新感覚のまぜそば」としかいいようがない…。

「げんこつ」の旨みが引き出された個性的なまぜそば

もちろんラーメンでよく使われるげんこつだけに、味もいいです。

ただ、これをまぜそばにするか!?!?って。。。

こういう「発想」に、僕は何度もここで驚かされてきました。

おそらく、AIが世界を支配しても、玲さんを超えることはできないだろうな、と。

きっと玲さんのラーメンをよく知る人なら分かってくれることでしょう。

麺屋玲は、常識では捉えられない自由な発想をフルに生かしたお店でした。

最後の最後で、こんなぶっとんだまぜそば、もってくるか!?、と(;´・ω・)

旨み、ジャンクさ、しょっぱさ、全部がバランスよくて、

一気に食べちゃいました。

もしかしたら…

次の「新天地」で、このゲンコツまぜそばが大ヒットして、有名になるかも!?

これは他にないし、しかも玲さんのこれまでの経験も駆使されているし、

今後の「飛躍」の予感を感じずにはいられませんでした。

そして、こちらが、

これまた、「え!?」となった、

勝浦タンタンつけ麺

であります!

本来は魚粉が加わるんですが、なくなったみたいでアミエビ粉が入りました♪

ゆえに、このつけ麺は、「勝浦タンタン海老塩つけ麺」だ\(^o^)/

ちなみに、塩つけ麺のラー油は、いわゆる「市販のもの」なんだとか。

自家製ラー油は、勝浦タンタンまぜそば&つけ麺で使用しているそうです。

本場勝浦では、だいたい市販のラー油を使っているので、市販で全然OKですけど。

麺はこんな感じで、、、

これ、通常で二玉くらいあるんじゃない!?って(;´・ω・)

少食の僕にはちと多いぞっていうくらいのボリュームです。

けど、ここのこの平打ち麺、とっても美味しいんですよね~~。

これもあと数日で、おしまい、お別れか、と思うと泣けてきます…(;;)

つけスープは、わりとさらっとしたタイプ!?

市販ラー油の程よいジャンクな辛味がふわっと出てきますね~。

そこに、アミエビ紛が加わり、辛味と海老の風味が交錯して迫ってきます。

これはこれで、独特な味わいだなぁ、、、(;´・ω・)

他じゃ、味わえない。。。

玉ねぎもいっぱい入っていて、甘みもしっかりと出ていました。

甘くて、辛くて、そして海老の風味香る塩スープ、か。

これ、想像できないだろうなぁ、、、(;´・ω・)

エスニックで、でもどこかヨーロピアンさもあって、、、

まさに、エキゾチックなつけ麵、といったところでしょうか!?

こちらはまだ本日~最終日にも出てきそうです(が、分かりません…)

***

いよいよ、本日と金曜日の残り二日!!

食材が少しでも余れば、日曜日の臨時営業もあるとかないとか。

 麺屋玲のブログをチェック

最後の最後まで、何が起こるか分かりませんよ。

ここにきて、「ゲンコツまぜそば」ですからね…(終了しましたが)

こちらの店主さんは、究極の食のエンターテイナーかもしれません。

最後の最後まで目が離せない、という…。

是非、かつて玲に行ったよ~っていう人には最後にもう一度行ってもらいたいですね。

玲さんの閉店は、「未来のための閉店」。

どこか、店主さんが輝いているようにも見えました。

僕も頑張らなくっちゃな、、、まだまだ…。

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
« 花まるらーめん@千城台 13... | TOP | 鳳華飯店@西千葉 酷暑の夏... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
感謝 (はり~)
2018-09-01 09:58:29
ブログ、楽しく拝見しております。
小生のブログ紹介、有難うございます。
気づくのが大変遅くなり、失礼致しました。
ラーメン探索の機会があれば、ご一緒させてください。
Unknown (kei)
2018-09-12 23:27:18
はり~さん

コメントありがとうございます。僕もはり~さんのブログ、昔から見ております。玲さんの記事はいつも楽しく読ませていただきました。(早速、黄門さまのレポも!!)

これからも是非是非よろしくお願いいたします。はり~さんのブログもこれからも読み続けます!!

post a comment

Recent Entries | 千葉市 若葉区