Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

BARFUESSER@ニュルンベルク もちろんソーセージ!

ニュルンベルクといえば、ソーセージ!

いろんな人に聞いてまわったら、このお店が人気だってことで。。。
その名も、バーヒュッサー(BARFUESSER)。
ウムラオトとエスツェットがあるから、ちょっと難しいつづりですねー。

お店のホームページはこちら

お店は、駅から中心に向かっていく途中にあります。
地下にあるお店で、めちゃめちゃ広いです。
「ここはミュンヘンか?」っていうくらいに、でっかいです。

店員さんも、「このお店はバイエルン風なんですよ」と教えてくれた。

でも、ソーセージはしっかりニュルンベルガーです

 

メニューには、色々ありました。

ソーセージは外せないとして、あとはスープを二種類と、コロッケサラダ。

黒パンに覆われたソーセージが美味しいそうです。

もちろん不味いわけがありません。ソーセージは人間の叡智です。
学生たちも、「これはおいしい!」といって、もぐもぐと食べていました。

ドイツ=ソーセージっていうのは、やっぱ、あながち間違ってませんよね、、、

また、それに添えられるザウアークラウトがうまいんですよね。
ビールにもよくあう!!

こちらは、肉コロッケ入りのサラダ。

揚げた肉団子ですね。サクサクっとしていて、美味でした♪

でも、一番注目すべきは、ズッペ(Suppe=スープ)でしょう。
ラーメンマニアとしては、スープについて、もっともっと勉強したいです。
というか、もっともっとスープが飲みたいです。

こちらは、カリカリのパンとソーセージの入ったスープ。
しょっぱいコンソメスープでした。いい意味でかなりジャンクです。

ラーメン的に言えば、淡麗系のスープですね。
お肉のダシが存分に抽出されております。
それに、ソーセージがよく合っています。
これをそのままラーメンには転用できないと思いますが、
こういう方向性のラーメンがあったら、面白いだろうなって思いました。

こちらは、ソーセージなしの、パンスープですね。
これも、小麦粉inスープ、という意味では、ラーメンに近いのかも。

灯りが暗くて、なかなかいい写真が取れませんでしたが、、、汗

野菜の甘みがほどばしるしょっぱいスープでした。
玉ねぎの味が強く感じられました。玉ねぎはやっぱ切り札ですね。

***

いいお店でした。素直に。

雰囲気も、いい感じでがやがやしてて、居て楽しかった。

また行きたいお店になりました!!

担当の店員さんがイタリア人で、テンションについていくのに時間がかかりました。
でも、イタリア人のテンション、大好きです。イケイケですよね。。。

いくみさんはここでダウン。他のメンバーとさらにもう一軒いくことになりました。
僕と一緒ってことは、食いだおれツアーになるってことです。
みんなよく食べました☆

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の「EU ヨーロッパ」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事