Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

ラーメンハウス江北@都賀 何気に「ざる中華」がめっちゃ旨かった件…

2018-09-13 00:57:02 | 千葉市 若葉区

久々、、、でもないかな。

ずっ~~と前から通っている都賀の名店、

ラーメンハウス江北

にやってきました。

前回のレポ(7月)はこちら

(前回はまだ夏本番前だったか… 今年の夏は暑すぎた…)

変わらずに、相変わらずに、人気ラーメン店であります☆

これからも変わらずに、ここに来るお客さんを幸せにするのでしょう。

幸せにし続けるのでしょう…

さて。。。

どうしましょう、、、

メニューを眺めながら、色々考えていると、、、

ふと、メニュー隣りの「ざる中華」の文字が見えました。

「あれ!?…」

この日は、「残暑」的な暑い日だったので、、、

まだここで一度も食べたことのない、、、

ざる中華(500円)

を頂くことにしました。

江北の500円のざる中華、、、

いったい!?!?、、、

 

ジャジャーン!!

うん、これこれ♡

つるつるの麺に、和風のおつゆ。

薬味は、ネギとゴマとわさび。

それだけ。

最高にシンプルな「ざる中華」。

麺側からも♪

さて、この麺をおつゆにつけて食べましょう!!

お腹ペコペコ!!

実は、、、

味的には、それほど期待していなかったんです。

「ざる中華」は、どこまでいっても「ざる中華」。

お蕎麦用のつゆで、お蕎麦の代わりに中華麺を食べる、みたいな。

しかし、、、

一口、麺をすすって、ひっくり返りそうになりました。

「げ!! 旨い、、、(;´・ω・)」

「旨すぎるでないか!?」

江北はやはり侮れなかった、、、orz...

 

これ、まさに「江北の味」のおつゆじゃないか。

わりと濃い目で、魚介の風味もしっかり立っていて、旨さ満点。

ベースとなるかえしに色々と手を加えているのが分かります。

この味、まさに「江北のざる中華」の味だ、、、orz...

凄い、、、

ざる中華で感動したのって、人生で初めてかも!?

麺もしっかりと冷たくて、あっという間になくなってしまいました。

もう、一瞬の快楽、、、(;´・ω・)

この麺が、またホントいいんですよねー。

何の変哲もない中華麺なんですけど、ここのスープにはこれがベスト!

ざる中華のおつゆにも、実によく合っていました!!

あー、幸せだ、、、

美味しいざる中華が、これほどに美味しいとは思いもしませんでした。

これは、是非食べてもらいたいですねー。

ざる中華フリークっていないのかな??(;´・ω・)

あと、当然ながら、こちらも♪

江北で何気に一番食べているメニューかも!?

ミニ焼肉丼(300円)

注文してから作り始めてくれる手作りの贅沢なミニ丼。

豚肉も本当に柔らかくて、臭みもなくて、美味しいんです。

なんで、こんなに柔らかく焼けるんだろうなぁ~と。

自分で焼くと、どうしても豚肉が固くなるからなぁ、、、(;;)

マヨネーズたっぷりのキャベツも、ホントいい感じです。

これは、是非セットで頼んでほしいな~って思います。

***

というわけで、、、

江北で初となる「ざる中華」のレポでした。

暑い夏には、是非江北で「ざる中華」を!!

ホント、素直に感動しちゃいましたよ。

和風醤油味のざる中華。

こんな美味しいざる中華、なかなかお見かけしないと思います!!

一杯、500円。

泣けるじゃないですか、、、。

しかし、やっぱり、江北は江北でしたね、、、。

平凡だけど、やっぱり非凡

(逆に、非凡に見えるけど、実は平凡、というお店もありますね…)

こういうお店こそ、若きラーメン店主さんは目指してほしいなと思います。

お店を長く続けていったその先にある「目的地」。

江北は、若きラーメン店主さんたちの「未来の理想の姿」だと思います。

味的にも、時代を超えて出ていますしね。

また、平凡な中に「非凡」がある。

それって、凄いことです。。。

少し売れて、調子に乗って、がくっと人気を失い、消えていくお店も多いです。

目指す先が、「金儲け」なら、それでもいい(よくないけど、、、汗)

でも、目指す先が、「愛され続ける老舗店」であるなら、、、

きっと、このお店がその理想の姿だと、今回改めて強く思いました!!

ラーメン屋さんのためのラーメン屋さんって言ってもいいかも!?

つまり、プロの中のプロのお店!!ってことで♪

Comment