わんばぁだんのイケイケChina_goo版

ヘンな中国、おもろい中国、アホなこと・・・ 思いついたままに写真で発信します。

過去ブログ・ベストファイブ

2016年11月06日 23時48分42秒 | 日記
弊ブログにお越しいただく皆様

いかがお過ごしでしょうか。

ネタがないので、今回は中国出張初期の2004年頃に始めたexciteブログのネタから
選りすぐりのベスト5をお送りいたします。

中国在住でVPN設定されていないお客様にはexciteは見れません。
申し訳ございません。 


それでは、ブログを始めたばかりの頃のたどたどしいネタをお楽しみください。

警備をあざむき不法侵入!?


フライト時間 5分遅延 の原因は私です


異国の地で命拾い・・!?


ウイルスが侵入!?


12月なのに、ナンデ汗だく??

今から10年以上前のネタですが、
どれか一つ、ウケたネタでもあれば
下記、 「中国情報」を1日1回、ポチッとして
わんばぁだん に元気をくださいね。♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村




.


『アジア』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お届け物、あれこれ | トップ | 10年前の思い出 By天津泰達開... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のりた)
2016-11-08 08:48:33
12月なのに、ナンデ汗だく??

おいちゃんは車の事は詳しくないし、
コメントは毛 氏 の方が適切だと思いますが、

これって、ひょっとしてバッテリーは上がっていて、無しに近い状態。

エンジンがノッキングしたら止まってしまうのではないでしょうかね? バッテリー動力(二人)の代わりがいたから運が良かったですね。運転手と彼女と二人で、大通りの真ん中でエンストしたら恐いですね?

中国にも、日本と同様な厳格な車検制度を望んでいます。

おいちゃんは上海の高速で、延焼して消火器の粉まみれの車を何台も見たことがありますからね。


ところで、日本では昔は土葬、等が行われていましたが、ほとんどが火葬に移行しています。

中国ではどうでしょうか?

お返事 (わんばぁだん)
2016-11-09 00:23:54
・のりたサマ
お久しぶりです。
朝、バッテリーが上がって、ブースター借りてエンジンかけて走って充電しただけみたいです。 (想像)
かっ跳びおばちゃんの車に乗ったままの方がよかったですよ。(笑)

で、火葬でしたよ。 田舎はわかりませんが。
火葬中、お斎で白酒が用意してありました。 (-_-;)

日本では、私のひいおばあちゃんの時まで土葬でした。
棺桶に入れられ、裏山の墓場まで村人が担いで行った子供の時に見た光景が今でも心に焼付いています。
Unknown (のりた)
2016-11-10 12:28:24
私は山陽方面に住んでいましたが、幼少の頃は山陰方面では土葬が残っていましたね。
あの、なつかしい頃は、畑には肥ツボがあったり、各家庭にもトイレには汚物ダメがあり、バキューム車が活躍していました。
生活用水を流す下水には赤ミミズが住んでいたり、ご近所のおじさんが酔っぱらって下水に落ちて臭かったとの噂は、一瞬の内に広まり、幼少の頃の脳裏には深く記憶に刻まれております。(笑)

さて、本題の ウイルスが侵入!?

おいちゃんも、日本も中国も基本的にウイルス・雑菌類の分布には地域的な差は無いと思っていました。

二回目の上海旅行の時です。何か食べ物が悪かったのか喉に雑菌が侵入して、帰国後、十ヶ月間は喉のイガイガ感が取れなかったですね。

その後ですが、上海の新しい友人が、コップ・食器・箸をおもむろにお茶で洗って使用しているのを見て、納得しましたね。食器等が汚すぎたのです。

何事も経験ですね。

日本の薬に比べて一般に中国の薬はきつ過ぎると言われていますが、でも、直ぐに効果が現れるので、個人的には好きですね。
Re. .. (わんばぁだん)
2016-11-10 12:56:34
・のりた様
子供の頃、私は汲み取り係でした。
3メートルはある杓で肥ダルに汲み上げ、1輪車で運び、裏庭の肥溜めに移すのです。
そしてお約束の、「足を滑らせ、落ちちゃう」のです。(笑)

結果安全なんですが、麻酔無しで爪の生え際に鉗子を突っ込まれた時は、涙が滝のように流れましたよ w
Unknown (のりた)
2016-11-11 09:15:57
中国人の性格的にはおおざっぱで、かなりあらぽいようですが、
おそらく血を見ようとも、患者が痛がろうと、関係ないあるよ、私は痛くないね的な感覚なのでしょうね。

日本なら、丁寧な治療と、必ず麻酔を打たないと、病院の評判が悪くなると思いますね。

でも、菌が薬に対して耐性が無くて助かりましたね。

おいちゃん的には、中国紙幣の菌の付着も問題があると思いますね。日本に帰ると紙幣全てが新札のようなので感動的です。


さて、異国の地で命拾い・・!? です。

雪道での車がスピーンした時には、大声の悲鳴が出たと思います。おいちゃんも若かりしころですが、スピーンを体験しています。ほんとに恐かったですね。

貴殿の場合は、中国での体験ですから、より恐かったと思いますし、車の運転技術(スピード・性格等)、整備不良(タイヤ等)によるもらい事故の可能性も恐怖感を増しますよね。

でも、ご無事で、何よりでした。
お返事 (わんばぁだん)
2016-11-12 21:41:12
・のりた様
凍っていない雪道のスピンは、わが新潟の豪雪地域では普通にコントロールできます。
後輪駆動車(FR)であれば、雪国育ちのちょっと運転の好きな人ならタクシーの運転手でも簡単にドリフト走行しちゃいます。
毛沢山先生よりぜんぜん下手ですが (笑)

但し、アイスバーンでノーマルタイヤは自殺行為ですよ。
もう声も出ず、脳裏に走馬燈がグルグル駆け巡りましたよ。
九死に一生ってやつですww
Unknown (のりた)
2016-11-14 10:02:21
老い先が短くて恐い物知らずのおいちゃんだって、アイスパーンでノーマルタイヤなんて、恐ろしくて乗れません。

毛沢山先生の専門分野ですが、ドリフト走行なんて競技は日本のくねくねした山道で発達しましたが、今では、アメリカにおいて、完全に競技化として定着しています。

レーシング場は小さくても良いので日本でもサーキット場が出来れば若者は熱狂すると思いますがね。

さて、『フライト時間 5分遅延 の原因は私です』

ショルダーはどこで見つかりましたのですか?

ひょっとしたらお土産に買って所でしょうか?
あるいは、スパムメール攻撃していた所でしょうか?

でも、無くなったのが日本国内で良かったですね。
お返事 (わんばぁだん)
2016-11-14 23:09:41
・のりたサマ
当時、YahooCafeに再度探しに行った時、受付に問い合わせず勝手に探していました。
今考えれば、案外そこの受付にすでに保管されていたのかもしれませんね。 (-_-;)

まあ、日本以外ならどこの国でもOUTですな w
Unknown (のりた)
2016-11-18 09:29:44
このブログが一番おいちゃんには、はまりましたね。

『警備をあざむき不法侵入!?』

気弱な警備員さんには、気の毒ですが、基本的に気弱では警備員さんはつとまりませんから、適正が無かったと、バサリと切り捨てて、いたずらの方のかたを持ちます。

おいちゃんだって、貴殿と同じ事をして遊んだと思いますね。

昔話ですが、インドネシアのクリーニング工場(架橋系)が新規立ち上げで、染み抜き・洗浄の技術指導に行った時ですが、インドネシア国内で大きな暴動が有った半年後ぐらいの時期でしたが、ここの工場は五メーター程度の塀に囲まれれていて、守衛さんが、がっしりとした軍隊上がりの人でしたね。暴動等があれば真っ先に情報等等が入手できて対策が出来るとの話でした。にこりともしないので恐かった思いがありました。
お返事 (わんばぁだん)
2016-11-18 12:56:25
・のりた様
午前零時程度の時間で、遮断機の前までタクシーで乗り付けても気が付かず口を開けて居眠りしているようでは役立たずです(笑)

ちなみに現在の工場では塀がなく、防犯カメラは有りますが敷地内は誰でも侵入可能です。
更に警備員室は玄関の中にあり、外は見えません。
こんな環境で警備員がいても意味ねぇんじゃね? (笑)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事