世川行介放浪日記

日々の雑感。
昔話。
時事問題への言及。
歌謡曲篇。文学篇。
漫談。
たまに女篇。
2年に1度は愛欲篇

「本のがんこ堂」に行ってきた。

2017年05月18日 13時30分40秒 | 「ナイルスナイル」オーナー青山敏夫との戦い


    「本のがんこ堂」に行ってきた。




 今日の彦根は、快晴も快晴。空に雲一つない。







 駅の二階の窓から見える、地方の小都市らしい光景は、
 僕のお気に入りの光景だ。







 彦根駅前の「本のがんこ堂」に「貧乏歌舞伎町篇」が納入されたというので、
 正午前、訪ねてきた。







 店を入るとすぐの右側に、
 30冊もの「貧乏歌舞伎町篇」を並べて、
 僕のコーナーをつくってくれていて、
 感謝した。






















 彼のこういう破格の厚意に対しても、
 少し売れてくれるといいな、
 と、
 心の底から、思った。





『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原点回帰にひた走る世川行介  | トップ | しょせんは、無頼の遊び人 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「ナイルスナイル」オーナー青山敏夫との戦い」カテゴリの最新記事